aae

2018-10

659

忙しい方でも安心!浦安で24時間営業のお店はあるの?

この記事をシェアするB!

生活していると、どうしても夜中に何かしなければいけないということが出てきます。
歯磨き粉がない、断水でお風呂に入れない、明日の朝ごはんがないなど急にトラブルに見舞われてしまうことも。そんなあなたの見方が24時間営業のお店です。浦安に24時間営業のお店はあるのでしょうか?

浦安で24時間営業のスーパー

新浦安駅近くに、24時間営業のスーパーがあります。その名は、スーパーマルエツ。マルエツは24時間営業というだけではなく、お得なチラシも配布されておりますので24時間営業でありながらかなりお得に買い物をすることができるのではないでしょうか。夜中にどうしてもお酒が飲みたくなったり、明日の買い物をしなければいけないことがあります。そんなときにはぜひ24時間営業のお店を利用しましょう。コンビニも24時間営業ですが、コンビニでばかり買い物をしているとどうしても割高になってしまいます。コンビニのお惣菜はとてもおいしいですが、節約をしている場合にはいつもコンビニというわけにいきません。24時間営業のスーパーは都会の強みですから、ぜひ利用するようにしてみてくださいね。

浦安で24時間営業の居酒屋

浦安には、24時間営業の居酒屋もあります。24時間営業の居酒屋は安く、ずっと飲むことができるためお酒が好きな方にはうってつけの場所です。近年では24時間居酒屋でのバースデーパーティなども流行っているそうで、都会には24時間営業の居酒屋が欠かせなくなっています。
浦安駅から徒歩一分のところにマルヤス酒場というところがあります。ここは浦安駅の24時間営業の居酒屋であり、飲み会にはもってこいの居酒屋です。
さらに、近くにはいくつかラーメン屋さんがあります。こちらは24時間ではありませんが、浦安には1時、2時といった深夜営業のラーメン屋さんもたくさんあります。かなり罪悪感のある行為ですが、お酒の締めにラーメンはつきものです。24時間営業居酒屋に加えて、締めまで味わうのが浦安の魅力です。

まとめ

浦安には24時間営業のお店がここで紹介した以外にもいくつかあります。急に何かが必要となったとき、24時間楽しみつくしたいときなど便利なことがたくさんあると思います。これから浦安で住みたいという方は、ぜひ24時間営業のお店を利用してみると、さらによりよい生活を送ることができるのではないでしょうか。

657

賃貸物件を法人契約して利用することは可能なの?

この記事をシェアするB!

賃貸物件は個人として入居するしかないと思っていませんか?賃貸物件は法人契約し、会社の社宅として利用することができます。法人契約をすると安価に入居することができますから、社員としてもかなり嬉しい設備なのではないでしょうか。賃貸物件を法人契約する際に注意すべきことと、必要なものについてみていきましょう。

賃貸物件を法人契約する必要なものは?

法人契約をすると、賃貸を社宅として利用することができます。賃貸を法人契約すると会社の経費として住宅費を出すことができます。さらに大家さん側ではある一定の収入が確約されますから、どちらにしてもいい契約なのです。賃貸契約の法人契約の際には、いつもの入居者として契約するときとは準備するものが異なります。入居者として賃貸契約するときには身分証明書や実印、住民票、連帯保証人の書類などを用意しますよね。しかし、法人契約の際には必要なものがまだあります。例えば入居者全員の住民票です。もちろん社宅として契約し、複数人が住むことになりますから当然人数分の書類が必要ですよね。会社謄本や会社印鑑証明書といった会社がきちんとした経営をしているのかの証明が必要となります。事務的な書類が会社の分も増えると考えるとわかりやすいですね。

賃貸物件を契約する際の注意点とは?

賃貸物件を法人契約する際には、一般の入居者とは異なることがあります。例えば、基本的に社宅に契約した社員以外の人が住むということは認められていません。もしも法人契約した賃貸物件を来客用の部屋にしたり、他の人が住むようになるという場合には大家さんにあらかじめ説明して了承を得る必要があるでしょう。特にオートロックの部屋の場合には、契約していない第三者にキーナンバーが渡ってしまう恐れもあります。そのような使い方はしないほうが無難でしょう。また、社宅とはいえ会社の名前を大々的に出すのも許可されないという場合があります。いずれにしても法人契約の際に確認したほうがいいかもしれませんね。

まとめ

賃貸物件は法人契約することが可能です。会社によって利用方法は異なるかと思いますが、会社の身分を証明し、適正な手続きを踏めばお互いにとってとてもいい契約になることでしょう。一気に大勢の人が住むことになりますから、トラブルが起きる可能性も否めません。大家さんと会社でいい関係を気付き、法人契約を結ぶということが大切なのかもしれませんね。

655

賃貸物件で名義変更は可能?名義変更をするときとは?

この記事をシェアするB!

皆さんは賃貸物件を借りていて名義変更をしたいということはありましたか?
名義変更とは第三者に賃貸物件の名義を明け渡すということですよね。なかなかすることはないかと思いますが、もしも名義変更をしたいとおもったときのために今回は名義変更について勉強してみましょう。

賃貸で名義変更するのはどんな時?

賃貸契約をしていて、名義変更するというのは大体入居者がその物件を出なければいけない、あるいは誰かに明け渡したいという時だと思います。
もしも家族で賃貸物件に住んでいるという場合には、死別、離婚、別居と言った理由があげられるのではないでしょうか。
多くの場合家族での賃貸契約は両親どちらか、働いている方が名義となる場合が多いかと思います。しかし、家族が2分してしまうという場合にはその賃貸物件に引き続き住む側に名義変更を行わなければいけなくなります。
また、一人暮らしでも名義変更するという場合があります。例えば、兄弟や家族にその賃貸を明け渡したいという時があります。新生活を始めるというタイミングで引き継ぐことが多いと思います。さらに、恋人との新生活のために彼氏へ名義変更するということも考えられます。

賃貸で名義変更するときにはどうする?

賃貸物件で名義変更をしたときには、物件の再契約を行わなければいけないことがあります。基本的に賃貸契約は大家さんや不動産としていると思いますが、そちらへ名義変更の契約をしなければいけません。再契約をしなければいけない場合には、入居時に必要な費用や各種書類を用意しておくようにしましょう。
多くの場合、敷金は元の入居者に戻ってきて、新たな名義人がまた支払わなければいけないことがあります。敷金を引き継いで、名義変更した人が退去する際に変換するということもできるかと思います。
いずれにしても、名義変更した側に費用が必要となることがあるかもしれませんので、賃貸の再契約を行う時にはしっかりと用意しておきましょう。

まとめ

賃貸の名義変更は可能ですが、大家さんや不動産と再契約したり、費用がさらに必要となる場合があります。大家さんの契約次第ですから、名義変更は可能か、手続きはどうするのか確認してから変更するのが良いでしょう。名義変更を断られてしまう場合もあるかもしれませんので、もしもの時には新たに部屋を探すということも考えておきましょう。

653

賃貸契約の際にはエリアの家賃相場に注目してみよう!

この記事をシェアするB!

皆さんは、賃貸を選ぶ際にどのような点に注目して物件を選んでいますか?
多くの方の決め手は家賃なのではないでしょうか。もちろんきれいな賃貸、設備の充実した賃貸も魅力的ですが、できれば毎月支払う家賃を安く抑えたいですよね。今回は、エリアによって異なる家賃相場の見方について考えてみましょう。

賃貸契約の際の家賃相場とは?

賃貸に住むためには、どうしても家賃を毎月支払わなければいけません。
そこで、各不動産が家賃相場というものを紹介している場合があります。この家賃相場は賃貸を探しているエリア、市区町村ごとに異なりますので、具体的に絞り込むことができます。さらに、関東圏ならどこでもいいけど、この市とこの市でどちらの家賃相場が安いのかといった探し方をすることができます。県内でも家賃相場が安いエリア、栄えていて高いエリアが必ずありますので、家賃相場からその市の特色を掴むこともできるのではないでしょうか。
家賃相場は不動産によって表記の仕方が異なります。具体的にはそのまま家賃を平均している場合と、坪単価の平均を家賃相場としている場合があります。どちらなのかは注意してみるようにしましょう。
このような家賃相場の情報は、賃貸物件の不動産にてホームページから検索できる場合が多いです。気になった方はぜひ家賃相場を調べて少しでも安いエリアを見つけてみましょう!

浦安では賃貸の家賃相場はどのくらい?

賃貸の家賃相場というものを具体的につかんでもらったと思いますので、具体的に浦安市を例に挙げて、家賃相場を紹介していきたいと思います。家賃相場は、部屋の間取りによっても異なります。浦安市の場合ワンルームなら6.26万円、1Kなら6.68万円だそうです。その点、少し浦安よりも発展している新浦安市では家賃相場が少し高く、1Kの賃貸で7.1万円が家賃相場となるようです。このように、最寄り駅ごとにも家賃相場は異なりますから細かく検索してみてはいかがでしょうか。

まとめ

賃貸物件を探す際に大切な家賃相場の見方を今回は解説しました。家賃相場はそのエリアの平均を割り出していますから、そのエリアに住む際の指標として使うことができると思います。賃貸を探すときに家賃や大まかな予算を設定している方はいても、家賃相場から物件を選ぶというのはかなり上級テクニックだと思います。ネットで簡単に検索できるのでぜひ皆さんも調べてみてくださいね!

651

賃貸契約のためにかかる費用の相場はどのくらい?

この記事をシェアするB!

賃貸を契約する際には、何かとお金がかかってしまいます。入居時には仲介手数料、敷金・礼金を支払わなければいけませんし、賃貸契約を継続するためには契約更新料が必要となってしまいます。このような費用は、不動産によって全く異なります。今回は賃貸契約に必要な各種費用の相場をみていきましょう。

賃貸の仲介手数料相場は?

賃貸契約の際には、仲介手数料を不動産に払わなければいけない場合があります。
仲介手数料とは、賃貸契約の際に大家さんとの仲介をしてくれた不動産へ支払う代金です。この仲介手数料の相場は、最大で家賃の1か月分だそうです。家賃10万円の物件であれば10万円をそのまま支払うことになるでしょう。しかし、近年仲介手数料に関しては相場がかなり安くなってきています。これは仲介手数料が半分や、無料という物件が増えてきているからです。他の不動産と差をつけるためにも、かなり仲介手数料はかからないというように相場が変わってきました。都会ではかなり物件も多いと思いますので、仲介手数料のかからない賃貸を探してみるのもいいのではないでしょうか。

賃貸契約更新料の相場は?

契約更新料にも、相場があります。この契約更新料とは、その名の通り賃貸契約が満期となったときに、再契約をするために支払う料金です。多くの賃貸では2年に一回の契約をしていると思いますので、そこに住み続ける場合には支払うかと思います。こちらも支払う相場は家賃の一か月分となっております。
契約更新料がかからないという賃貸もあります。契約更新の際には必ず契約更新料の話になるかと思いますので、住み続けるという場合には覚えておくといいかもしれませんね。この契約更新料は住み続けるから免除してくれ、あるいは減額してほしいといった交渉もできるかもしれません。ぜひ契約更新の際には値引き交渉をしてみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

賃貸契約の際には様々な費用が掛かってしまいます。今回は仲介手数料、契約更新料の二つをご紹介しましたが、どれもかなり賃貸によって費用が変わっています。このような費用の相場を見て、賃貸物件を決めてみるということもいいのではないでしょうか。契約費用はかなり掛かってしまいますので、このような費用の相場が安いところで賃貸契約を結ぶとかなり費用の節約になると思いますよ。

649

素敵な部屋を見つける賃貸物件の選び方とポイントは?

この記事をシェアするB!

賃貸物件には皆さんなりの選び方がいくつかあるかと思います。不動産に任せっぱなしにしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、自分で住む賃貸はこだわってみるとかなり素敵な部屋に巡り合うことができると思います。賃貸探しにこだわるあなたにおススメの、物件の選び方を紹介したいと思います。

賃貸物件の選び方①部屋についている備品を観察する

賃貸物件の選び方として大切なのが、備品をしっかりと観察するということです。
賃貸にもともとついている備品と言えば靴箱、ふろ場、トイレ、流し、エアコン、換気扇と言ったものです。まずは靴箱を見てみましょう。ブーツが絶対に入らない高さだったり、棚の移動をできないような作りになってはいませんか?実は賃貸物件の選び方としてこだわり始めると面白いのが靴箱です。
さらに、換気扇も選び方としてとても大切です。動かすことができる場合には、ぜひ換気扇も回してみましょう。特にキッチン周りの換気扇は、きちんと稼働しないと煙や油を室内に蔓延させてしまいます。換気扇が弱いと毎日の掃除も大変になったり、拭き掃除をする場所が増えたりしますので、よく料理をするという方は換気扇を賃貸の選び方に加えてみるのもいいでしょう。

賃貸物件の選び方②家具から選んでみる

賃貸物件の選び方として、自分の購入する家具から選ぶというのもいいかと思います。
あるいは、引っ越しの際に自分が持って行くであろう家具から部屋の間取りの選び方を決めることもできます。特に選び方の中で重要なのがベッドです。ベッドは西向きは嫌だ、テレビを見ることができる場所に置きたいといったように、ある程度のこだわりはありませんか?さらに机、いすと想像を膨らませていくと自ずと素敵な部屋が見つかっていくのではないでしょうか。賃貸の間取りによっておくことができる家具、できない家具も見つかります。引っ越しの際の指標ともなりますので家具の置き方を決めるということも重要です。

まとめ

賃貸物件の選び方を大まかにつかむことができたでしょうか。選び方のこだわりは人それぞれあるかと思いますが、今回紹介したような点にも注目してみると、さらにお部屋探しがはかどったり、お部屋のこだわりが決まったりするのではないでしょうか。
ぜひ皆さんも自分なりの賃貸物件の選び方を見つけて、より自分のライフスタイルに合った物件を見つけてみてくださいね!

645

実際にあった大家都合による急な退去の事例を見てみよう!

この記事をシェアするB!

賃貸契約をし、安心して住んでいるかもしれませんが、何かあった場合には“大家都合による退去”を求められてしまう場合があります。大家都合による退去とはどのような理由なのでしょうか。もしもの時のために大家都合による退去の事例をいくつか見ておきましょう。

大家都合による退去はどんな時?

大家都合による退去と言われてもあまりピンとこないと思いますが、まれではない事例だそうです。
まずは、物件の売却、改築のための場合です。物件を売却し、新たな物件を立てるということが実際にあります。また、改築のために一時的に退去してもらうという場合もあるそうです。退去してからしばらくすると戻ってこられるという場合はいいのですが、売却されてしまうと新たな部屋へ引っ越しを考えなければいけません。急なことですから絶対に避けたいものですよね。この場合、物件の老朽化による売却や改築が多いそうです。物件が築年数を重ねてしまうとどうしても物件としての価値が下がります。収入が見込めなかったり、維持費のほうがかかってしまうと大家さんが判断した場合には退去せざるを得ないでしょう。
さらに、大家都合には大家さんに不慮の事故があったという場合もあります。入院、引退、死去など大家さんが大家さんとしての業務を続けられなくなってしまった時には、強制退去となってしまいます。大家さんはご年配の方が多いようなイメージですが、大家さんにはぜひ長生きをして物件を守り続けてほしいものですね。

大家都合による退去の際の保証

大家都合による退去の際には、入居者にある一定の保証が出るという場合もあります。
こちらは“立退料”と言い、引っ越し、新居の契約などの諸費用をある程度負担してくれるというものです。家賃6か月分など具体的な額が決まっているという場合もありますが、引っ越し費用の見積もりの提出を要求される場合もあります。大家都合の退去の際にはぜひ大家さんに甘えて費用を負担してもらうようにしてくださいね。

まとめ

大家都合の退去は、できるだけ避けたいものですがいつでも起こりうる可能性があります。特に築年数の長い部屋、大家さんがご高齢の場合にはある程度覚悟しておかなければいけない事態なのかもしれません。立退料を負担してくれる場合もありますから、遠慮せずに大家さんに聞いてみるようにしましょう。急な引っ越しにも対処できるようもしもの時には余裕を持って準備してみてくださいね。

643

似ている建物!マンションとアパートの違いはいったい何?

この記事をシェアするB!

マンションとアパート、どちらも賃貸物件という点はとても似ている建物です。しかし、皆さんもマンションとアパートの違いをなんとなく実感しているのではないでしょうか。両者には違いと利点がいくつかあります。マンションとアパートの違いはいったいどんなところ?具体的に両者の違いを考えてみましょう。

実はマンションとアパートに定められた違いはなかった!

マンションとアパート、日常生活では明らかに違いのあるものとして皆さん区別していますよね。しかし、不動産や企業によってマンションとアパートの定義は異なり、その言葉に明確な違いは定められていないのです。
広辞苑で、マンションは「中高層の集合住宅(大邸宅の意)」、アパートは「一棟の建築物の内部を多数の独立の住居に仕切ったもの。集合住宅。」と定められています。また、ヨーロッパでは大きなマンションのことをアパートと呼んでおり、その言葉に大きな違いはないように思います。
不動産で大体使われている両者の違いは、マンションは鉄筋コンクリートで作られている物、アパートは木造、あるいは軽量鉄骨で作られていると定義しているところが多いのではないでしょうか。また、3階建て以上の場合はマンション、2階建て以下の集合住宅はアパートと定義している不動産会社もあります。

マンションとアパートの違いと選ぶポイント

マンションとアパートの違いは不動産にもよりますが、大体理解していただけたかと思います。もしもお部屋探しをしていて、マンションとアパートで迷っているという場合には両者の違いから考えてみましょう。例えば、アパートに住むという方はマンションよりも家賃が安めに設定されている場合が多いです。鉄筋コンクリートでないということもありますし、階層も低いものが多いので、気軽に新生活を始めることができるのではないでしょうか。マンションに住む場合には防犯面、設備面が充実している場合が多いです。女性の一人暮らしや、きれいなところに住みたいと思っている方にはおすすめです。

まとめ

マンションとアパートの違いから、お部屋探しを進めていくこともできます。立地や家賃といった条件もあると思いますが、違いでどちらかを決めてみるのもいいのではないでしょうか。両者の違いは不動産会社によっても異なることがありますので、お部屋探しの際には注意して選ぶようにしてみてくださいね。

639

浦安は買い物施設も充実!?浦安で暮らしていくためには?

この記事をシェアするB!

関東の中でも、千葉県浦安市はとても暮らしやすい街として有名です。
しかし、暮らしやすいとは言っても買い物施設がなければ不便を感じそうですよね。
浦安で買い物できる施設はあるのでしょうか?今回は浦安の買い物施設を詳しくみていきましょう。

浦安駅前で買い物を堪能しよう!

浦安駅前には、実は買い物施設がたくさんあります。特に、子育て世帯や一人暮らしにとてもありがたいのが、浦安にはスーパーが充実しているということです。特に浦安駅前にスーパーが多く、通勤や通学の帰り道に買い物をしてからゆっくりと帰ることもできます。都会で生活していると、どうしてもコンビニやデパートと言った施設に買い物を頼ってしまってはいませんか?もちろん、コンビニも便利なのですがどうしても原価に近い価格で物を売っているため、かなり割高になってしまいます。都会は物価が高いだけでなく、交通費で気づかぬうちに細かいお金を使い込んでしまいます。節約をしたいという方にはスーパーでの買い物は欠かせません。老後のため、そして家族が増えるときのために貯蓄を考えているという方は浦安に住んでみてはいかがでしょうか。

浦安での買い物は新浦安もおススメ!

浦安は皆さんご存知の通り埋め立て地で、今後もどんどん発展していくであろう土地です。そんな中でも特にディズニーランドの近い新浦安は、かなり都会らしい様相の街なのではないでしょうか。
新浦安周辺で買い物をすると、アウトレットや大きなショッピングモールが軒を連ねています。アトレ、トイザらス、イオンなど普段の生活にうってつけの買い物施設が多いのではないでしょうか。イオンは曜日や日付によってかなりお得に買いものをすることができます。主婦、一人暮らしにはもってこいの買い物施設ですね。
さらに新浦安でおススメなのが皆さんご存知、イクスピアリです。ディズニーランドの前後で楽しいお買い物をできる夢の買い物施設です。新浦安近くに住む方は是非通ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

浦安市には買い物施設がたくさんあります。安く、新鮮なものを買い物するのもよし、アウトレットやショッピングモールを楽しむのもよしです。特に女性の方は買い物で楽しむという方も多いのではないでしょうか。もちろん住みよい浦安市なのですが、日々の生活で疲れている人は気晴らしに浦安へ出かけてみるのもとても楽しいかもしれませんよ。

637

マンション管理人のお仕事には防災管理も含まれていた!

この記事をシェアするB!

マンション管理業務は、一言でいうと“住民が住む物件を管理し、住みよい環境を提供する”ということに尽きるのではないでしょうか。そして、そのマンション管理業務にはもちろん防災面における物件管理も含まれています。マンション管理では防災面でどのような対策をとっているのでしょうか。

マンション管理の防災:避難経路の確保

マンション管理で防災を行うという場合には、避難経路の確保は必須事項となります。
避難ルートの確保、そして高層マンションであっても速やかにマンションから非難することができる防災エレベーターや、もしもの時に隣の部屋へ避難することができる部屋設計も有名ですよね。さらに、入居者が閉じ込められてしまうというようなシチュエーションでは入居者名簿の把握やマンション自体を破壊して入居者の救助を優先するということも考えなければいけません。もちろん防災という点では災害を防ぐ、被害を抑えるといった視点も大切ですが、災害時に速やかに非難することができる施設整備も大切になってくるのです。

マンション管理の防災:物件の見直し

防災としてはかなり大規模な見直しとなりますが、設備自体の構造を変えなければいけないという場合も少なからずあります。例えば、阪神大震災や東日本大震災では耐震設備、耐火設備の整っていない賃貸物件が問題となりましたよね。マンションの数が増えてきている今、築年数の長いマンションも多くなっています。そんなときには防災として耐震、耐火設計を考えていかなければいけません。マンションの素材を変えることで火災に強くしたり、耐震工事をマンション管理として行ったりすることを考慮すべきでしょう。もちろん予算内でのマンション管理は限界があるかと思いますが、防災はマンション管理者の義務です。マンションを長く維持していくためには時に大きな出費も必要となっていしまいます。

まとめ

マンション管理を行っていくためには、防災管理を行って住民たちが安心して暮らすことができる環境を整えなければいけません。防災なんてしても災害はめったに起きないでしょなんて思っている管理者さんがいたら危険です。マンション管理は全ての管理者様、事業者様に課せられた大切な義務ですから防災面にも力を入れるようにしておきましょう。そして、住民の皆さんは防災面の拡充を訴えることができるのです。

635aaa

マンション管理業界に訪れるであろう課題を考えてみよう!

この記事をシェアするB!

どの業界においても、年々時代情勢は変わり、時代に合わせた課題が浮き彫りになってきます。そして、年々増えてくる課題はマンション管理業界においても例外ではありません。マンション管理業界に今後参入していく場合にはどのような課題に対処していかなければいけないのでしょうか。

マンション管理業界では賃貸増加が課題

まずマンション管理業界で課題となってくるのが賃貸の増加です。
とくに都会では著明なマンション増加を見せており、高層の賃貸物件もどんどん増えています。核家族が年々増加しており、一軒家を購入するというご家庭よりも賃貸物件で暮らすという場合が増えてきていることも理由の一端かもしれません。
マンション管理業界においてはマンションが増えるのはいいことなのですが、増えすぎてしまうのも課題となっています。マンション管理業界ではマンション管理人の成り手が慢性的に不足気味です。大手事業者が参入してマンション管理を行うようになってきましたが、未だに求人広告が出ている仕事でもあります。
マンション管理人が足りなければそれだけ管理が手薄となるマンションが課題となってきてしまいます。現在は作りもよく、素敵な物件ばかりですが今後さらにマンション増加は費用面、トラブル対応と課題となっていくことでしょう。

マンション管理業界では業務上の課題も

マンション管理業界では業務においても課題が出てきています。
先ほど、マンションが年々増加していると言及しましたが、そのため業務が滞っているという賃貸物件もあります。
マンション管理にはどうしても維持費、修繕費と莫大な費用が必要となります。しかし、費用をケチってしまうと住居者の安全、住みよい環境が守られなくなってしまいます。
物件は長年持つ大切な財産ですから、増えれば増えるほど維持費がかかり、今後課題となっていくことは容易に考えられるのではないでしょうか。

まとめ

マンション管理業界においては、今後浮き彫りになるであろう課題がいくつかあります。
もちろん人口増加、マンション増加と言ったことは喜ばしいことなのですが、発展してきたマンション管理業界をより良いものにしていくためにも、マンション管理における課題を見つめていかなければいけないのかもしれませんね。そして、管理人一人一人が物件のこと、住民のことを考えていく必要があるのです。

633

マンション管理の仕事って大変?やりがいを感じる瞬間とは

この記事をシェアするB!

マンションをはじめ、賃貸物件を維持し、入居者が快適に生活していくためにはマンション管理人さんの仕事が不可欠です。しかし、マンション管理の仕事は生活を守っているだけあって多岐にわたります。マンション管理の仕事は大変だと思われているかもしれませんが、いったいどのような仕事が大変なのでしょうか?

マンション管理の大変さは人と向き合う時

マンション管理の大変さは、人と向き合わなければいけない仕事であるという点だと思います。例えばマンション管理では各種専門業者に仕事を頼まなければいけない時がやってきます。設備トラブル、点検、定期報告と業者さんとの関係作りは欠かせません。さらに、入居者トラブルの板挟みにあうと大変です。対立する意見を上手くまとめ上げてよい住環境を作る手助けをしなければいけないことも。人の話を聞いてうまく共感していくというスキルが大切なのではないでしょうか。
どんな仕事においても人と全く関わらないというものはなかなかありません。
対面してやり取りを続けていくことでより良い仕事ができるかと思います。
人とのつながりで仕事をやり遂げていくという点ではマンション管理は大変でもやりがいのある仕事であると思いますよ。

マンション管理では勉強も大変!?

マンション管理には専門資格が必要です。マンションという大きな施設を維持していくためにはそれだけ豊富な知識が必要ということです。人の生活を守る以上建築、経営、防災と言った知識をしっかりと頭に入れておかなければいけません。さらに、マンション管理に関する法律は変わっていきます。すべての知識をアップデートしていかなければ思わぬところでマンション管理の禁忌を踏んでしまうということもあるかもしれません。時代に従って勉強し続けていくという姿勢はとても大切なのではないでしょうか。
勉強しなければいけないというのはやはりマンション管理という仕事の専門性によるものです。誰にでも簡単にできる仕事ではないということは自分の自信や、誇りにつながっていく仕事なのではないでしょうか。

まとめ

マンション管理の仕事は、どうしても大変な場面に直面してしまうことがあります。しかし、大変というのはマンション管理だけではなく各種専門業者さん、大家さんも同じこと。入居者さんたちの安全を守っていくためにはとても大切な仕事です。そして、このマンション管理の仕事にやりがいを感じ、頑張っている人たちがたくさんいるのです。

631

マンション管理ではいったいどんな仕事をこなしているの?

この記事をシェアするB!

マンション管理人の仕事は多岐にわたります。時には夜遅くまで仕事をしなければいけないことも。日々安全に、そして快適に暮らしていくことができるのはマンション管理人さんが裏で頑張っているという証拠なのかもしれません。今回はマンション管理とはどんな仕事なのか、そんな素朴な疑問に回答していきたいと思います。

マンション管理ってどんな仕事?簡潔に言うと…

マンション管理とは、いったいどんな仕事なのでしょうか。
簡潔にマンション管理がどんな仕事なのか説明すると、“住民の物件を維持、整備して済みよい環境を提供する”というお仕事なのではないでしょうか。マンション管理というその名の通りマンションの設備自体を管理・点検して不具合があった場合にはすぐに対応しなければいけません。これは建築法で定められている「修繕義務」や「清掃義務」といった語句に当てはまるのではないでしょうか。漏水、停電というようになかなか住民自身で対応することができないトラブルでは管理人が専門業者に連絡し、すぐに修繕しなければいけないのです。さらに、定期的に設備を点検してトラブルを未然に防がなければいけません。これらはどんな仕事なのかというと、マンション管理人が施設を整えていくことで、マンションの寿命が延びて長く利用できるようになるということなのです。

マンション管理では設備以外にどんな仕事をしているの?

マンション管理はもちろん住環境の整備だけにとどまりません。マンション管理では設備以外にどんな仕事があるのでしょうか。
マンション管理人は住民のトラブルにも対応することがあります。これはどんな仕事なのかというと、例えば騒音問題、共有スペースのトラブルなどです。どうしても他人同士が一つの物件に集まるとトラブルが起きてしまうものです。住みにくくなるだけではなく時に民事裁判にまで発展してしまうこともありますので、仲介に入らなければいけない場合もあります。

まとめ

マンション管理がどんな仕事か気になっていた方は、少し疑問が解消されたでしょうか。
とても大変な仕事のように思われるかもしれませんが人とかかわりあい、生活を守る大切な仕事です。ここで紹介したマンション管理業務はお仕事の一端でしかありませんので、マンション管理がどんな仕事か気になっている方は是非ご自分でもマンション管理について調べてみてくださいね。

629

マンションを借りる時必要な“連帯保証人”について学ぼう!

この記事をシェアするB!

マンションを借りる時には、連帯保証人を記載し、契約しなければいけません。
連帯保証人は借金と同様、入居者に変わって義務を背負わなければいけない場合があるため、かなり責任の重い立場です。簡単に両親や兄弟に頼んでいるかもしれませんが、今回はマンション契約における連帯保証人の役割について学びましょう。

マンション契約における連帯保証人の役割は?

多くの場合、マンションを契約するには保証人というものが必要となります。ほとんどの場合入居者さんの両親に頼むことが多いと思います。そして、両親がいらっしゃらない、拒否されたという場合には兄弟など近い親等の親族が適応されるでしょう。
連帯保証人は、もしも入居者さんたちが何らかの理由で家賃を滞納しているという場合に代わりに家賃を支払う役割があります。安定して決まりきった収入がないと家賃を肩代わりするということはできませんので、連帯保証人になる方の収入証明書が必要となるあ愛もあります。あまり収入が低すぎる場合には連帯保証人を断られる場合もありますので、連帯保証人には誰の名前を書いていいというわけではないのです。
入居者同様、連帯保証人もマンション契約の際には実印、印鑑証明が必要となります。
やはりお金が関わる契約ですから、印鑑や証明書と言った公式書類が必要になってくるのですね。

マンションの連帯保証人になってくれる人がいない!

親族がいなかったり、保証人になることができなかったりするという場合ももちろんあるかと思います。そんなときには“家賃保証会社”が保証人として名前を書いてくれます。
ある一定の審査が通れば、会社と保証人として契約することができるのです。
しかし、会社に保証人を頼んだからと言って家賃を払わなくなった時に会社が払ってくれるというわけではありません。家賃滞納の際には家賃を支払ってくれますが、のちに会社へ家賃を支払わなければいけません。ある種の借金と同じですから、家賃は滞納しないようにしましょう。

まとめ

マンションを借りる際には連帯保証人が重要な役割をはたします。保証人がいなければマンションを借りることはできませんし、家賃の肩代わりという負担をかけてしまう場合もあります。連帯保証人も誰でもなれるものではありませんから、連帯保証人になってくれた方には
急に部屋を何年も明けたり、迷惑をかけたりしないように継続して家賃を支払うようにしてくださいね。

627

マンションの耐久年数はいったいどのくらい?選ぶ基準は?

この記事をシェアするB!

とても大きく、全く壊れることのなさそうなマンションも、いずれは壊れてしまう消耗品です。数年済んだだけではあまりピンとこないかもしれませんが、マンションも年々古くなってしまいます。マンションの管理人さんも、今からマンションを探し始めるという方もマンションの寿命、耐久年数について勉強してみましょう。

マンションの耐久年数はいったいどのくらい?

マンションには、耐久年数というものがあります。耐久年数とは、機械や設備、建物などが経済的に使用可能な見積もり期間のことです。法律で定められている物は法定耐用年数といい、資産によって異なります。
マンションはずっと壊れないような気がしますが、このマンションにも耐久年数が設定されています。一般的なマンション、鉄筋コンクリートでできている場合には耐久年数が47年と定められています。この耐久年数はあくまでも“経済的に使用可能な見積もり期間”ですから、もちろんその建物が住めなくなってしまうわけではありません。近年築47年以上のマンションも珍しくなくなっています。この耐久年数が過ぎてしまった場合でも基本的には安心して住むことができると思いますよ。
耐久年数に関わらず、多くのマンションは60~70年で取り壊されます。長い年数がたったマンションはどうしても維持費用がかさんでしまいますから、維持費と建て替えの兼ね合いで決められているのでしょう。

マンションの耐久年数と設備の関係

マンションの耐久年数が近くなってしまっている場合、どうしても設備面で不具合が出やすくなってしまいます。耐震、耐火などの設備をいくら充実させていても、人が住んでいるうちに劣化してきてしまいますよね。特に日本で問題となってしまうのが耐震面です。大震災の後耐震工事を行わなければいけないマンションはたくさんありました。このように年代に合わせてマンションの設備を変えていくことが耐久年数を伸ばすことにつながっているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、耐久年数とマンションについて少しお話しました。耐久年数とはあくまで目安の年数であり、耐久年数の過ぎたマンションだからと言って住むことができないわけではありません。しかし、耐久年数に近づくほど資産としての価値は下がり、他の点で売り込んでいくしかありません。耐久年数は入居者も管理者にも関係することですので、ぜひ押さえておいてくださいね!

624

マンションで起きている民泊トラブルをご紹介します!

この記事をシェアするB!

皆さんのお宅周辺に民泊はありますか?民泊とは、民家を宿泊施設として人に貸し出すということです。宿泊施設であればどこでもいいため、もちろんマンションの一室もその対象となっております。しかし、知らない人に部屋を貸し出す民泊にはトラブルがつきものです。今回はマンションの民泊で起きたトラブルを紹介します。

マンション民泊で起きたトラブルの一例

マンションで経営している民泊では、よくあるのが騒音トラブルです。通常の宿泊施設よりも安価である民泊は利用者の多くが外国人や旅行者です。旅行で楽しいのはわかりますが、騒音トラブルがマンションの民泊で問題となります。民泊として使っている部屋の隣人が困るだけではなく、マンションの共有スペースで騒音トラブルが起きたという事例もあります。特に飲酒までしている場合はトラブルとなりやすく、民泊での飲酒を規制しているマンションもあります。騒音トラブルになった場合には速やかに管理者や大家さんに連絡してみてくださいね。

マンションの民泊が犯罪トラブルに巻き込まれることも

民泊で怖いのが犯罪です。トラブルの一例としては、民泊として貸し出していた部屋が麻薬取引の場となっていたり、遺体遺棄現場となっていたといった事例がありました。民泊の貸し出しにはビザや身分証明書がもちろん必要なのですが、それでもよくわからない人に部屋を貸し出すということには変わりありません。犯罪の片棒を無意識に担がされているかもしれませんね。さらに、オートロックのマンションではマンションのキーナンバーを宿泊者に教えていたという事例も。これでは住民の安全を守るナンバーが不用意に第三者へ教えられてしまうかもしれません。民泊宿泊者ではない第三者が不用意にマンション内へ侵入してしまう可能性もありますので、マンションで民泊を経営するという場合には考慮しなければいけない点だと思います。

まとめ

マンションに限らず、民泊経営にはトラブルがつきものです。しかし、民泊が普及してきたことで空き家問題が解消されたり、旅行客が増えたりといった利点もあります。特に近々東京オリンピックもあり、宿泊施設は枯渇します。民泊も日本にとって大切な施設ですが、トラブルが起きないように制度や防犯を取り決めなければいけませんね。宿泊者にとっては面倒くさいかもしれませんが、入居者を守るために対策を考えていきましょう。

622

トラブル対処も仕事!大家さんが困っているトラブルとは?

この記事をシェアするB!

大家さんは、入居者が暮らしやすい環境を作るために日々奮闘しています。家賃や設備の管理をしているとどうしても何らかのトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。そんなときにもトラブル対処は大家さんの仕事となってしまいます。大家さんが困っているトラブルをいくつか紹介します。

大家さんが困ってしまう入居者トラブル

大家さんが困っているトラブルで頻度が多いのが、入居者トラブルです。特に隣人同士のトラブルに巻き込まれてしまうということが多いそうです。賃貸物件を利用していて、うるさくしてしまうと壁ドンをされたという経験はありませんか?このような些細なトラブルでも、積み重なっていくと大家さんが仲介し、対処しなければいけないという場合があります。さらに、共有スペースの使い方でトラブルになるというケースもあります。ラウンジ、廊下、エレベーターといった共有スペースはもちろん入居者全員の物です。しかしどうしても共有スペースを私物化してしまい、自分の物をたくさん置いてしまうという方が少なからずいます。また、実際に会った事例では共有スペースで女性入居者に執拗に話しかける男性入居者が問題となり、大家さんに対処してもらったということもあるそうです。他人同士が一つの建物に住んでいるため、トラブルは避けられないものなのかもしれませんね。

大家さんが困ってしまう金銭トラブル

家賃の支払いと言った金銭トラブルも大家さんを困らせてしまいます。実は家賃滞納者は近年増加しているらしく、1週間程度の滞納もあれば数か月、数年のすごい滞納者さんもいるそうです。もちろんこの場合は滞納者が悪いのですが、金銭問題はとても大きなトラブルです。大家さんもこのトラブルに対処しなければいけません。大家さんは家賃滞納者に対して督促状を送ることができます。家賃を速やかに支払ってくださいという書面です。また、強制退去という措置をとることもできます。この際に、滞納家賃に対して法的措置をとることも。どちらにせよ絶対に避けたいトラブルですね。

まとめ

大家さんも人間、入居者さんも人間です。どうしても人付き合いの中でトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。入居者トラブルに対処するのも大家さんの役目ですが、できる限り大家さんの負担を減らすためにも入居者の配慮、管理者のサポートも必要になってくるのかもしれませんね。

592

部屋探しで失敗しないための賃貸物件の選び方とは?

この記事をシェアするB!

自分に合った賃貸物件の選び方はたくさんあります。どうしても譲れないこだわりや、条件があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。賃貸は住んでみなければわからないことがあります。できるだけ素敵な生活を送るためにも、賃貸物件の選び方を一緒に考えてみましょう。今回は代表的な賃貸の選び方を2つの観点からご紹介したいと思います。

賃貸を家賃から絞る選び方

賃貸物件の選び方、そして賃貸で生活していくうえで最も大切なのは家賃なのではないでしょうか。毎月決まった金額を入れ、家賃を元に生活費を決めていくことになりますから、重要なことです。賃貸の選び方として、この家賃から物件を絞るという方法があります。
まずは大まかにどのくらいの家賃なら毎月払っていくことができるのか決めましょう。金銭的に余裕があるという人であれば月10万円の賃貸物件、これから一人暮らしをして貯金したいから安い家賃の賃貸というように、毎月支払うということを見通して家賃の条件を決めましょう。家賃から賃貸物件の選び方を決めるという場合には家賃の無理は禁物です。昇進したからいい家賃の物件を選ぼう!と意気込む方もいらっしゃるかもしれませんが出費が多い場合に対応できなくなってしまうかもしれません。生活のレベルに合わせて賃貸を選らぶと余裕のある生活をすることができます。

賃貸を立地から絞る選び方

賃貸物件の選び方として立地から選ぶという方法もあります。駅に近い賃貸、スーパーが周りに多い賃貸、ペットOKの賃貸というように立地条件の選び方はたくさんあるのではないでしょうか。立地から絞る選び方から始めると選ぶべき物件がかなり絞られてくると思います。素敵な土地にはどうしても賃貸物件の数が限られています。手っ取り早く賃貸物件の候補を決めて部屋を決めてしまいという方にはおすすめの選び方なのではないでしょうか。土地から賃貸物件を選ぶという方は、今やネットの物件情報を確かめることができますので、事前にいくつか絞ってから不動産屋さんに行くこともできますよ。

まとめ

今回は2種類の賃貸物件の選び方をご紹介しましたが、どちらも賃貸物件の選び方として大切な視点です。可能であればどちらの条件に関しても具体的な条件を決めて、部屋探しに臨んだ方がスムーズに物件探しを進めることができます。今後賃貸物件探しを始めるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

589

都会で需要がどんどん増えてきたマンション管理士とは?

この記事をシェアするB!

マンションがキレイなまま住民が安全に暮らしていくためには、「マンション管理士」という仕事が欠かせません。そのためどこのマンションでもマンション管理士の需要は不動のものなのです。今回は意外と知らないマンション管理の仕事と、この仕事の需要との関係を詳しくみていきましょう。

マンション管理の需要は都会に多い!

マンション管理の需要は都会でどんどん増えてきます。マンションが多いといえばやはり都会ですよね。このマンションを管理し、できるだけ長く維持していくための人が必要なのです。未だにマンションは増え続けていますから、その分だけマンション管理人の需要も高まります。お金はいくらあっても足りないこの時代、マンション管理の資格を持っていればすぐに始めることができる仕事ですので、経営やマンションに興味があるという人にはうってつけの職業であると思います。さらに、経営関係の職場で働いていてマンション管理士の資格を持っているという方はとても需要が高く、優遇されます。マンション管理は業務内容も多く簡単にできるような仕事ではありませんが、資格を取得していない人が多い現状ですので、仕事を探している方にはうってつけの仕事なのかもしれませんね。

マンション管理の需要は一軒家の衰退に関係?

マンション管理士の需要が高まってきていると前述しましたが、これは一軒家の衰退にも関係しています。今や都会で一軒家のマイホームを購入することは難しい時代になってきました。ご家庭でもマンションに部屋を借りて住むという世帯も増えてきましたので、マンションがどんどん増えているのです。一軒家が少なくなってきたぶんマンション、そしてマンション管理士は需要が増えています。手に資格をつけたいという方はマンション管理士もおススメです。マンション管理に資格制度が導入されたのは最近のことで未だ需要に対してマンション管理人が足りていません。今後まだまだマンションは増えてくると予想されています。何かがあったときのためにマンション管理の資格を取っておくといいかもしれませんね。

まとめ

マンション管理の需要が増えた理由をお分かりいただけたでしょうか。マンション管理人が増えれば今後さらにサービスのいいマンションが提供できるかもしれませんし、新たな賃貸が増えることで選択の幅が増えるかもしれません。ぜひ興味がある方はマンション管理の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

587

賃貸物件を見つけるときに注目すべきポイントとは?

この記事をシェアするB!

賃貸物件はたくさんあります。田舎ならまだしも、都会で部屋探しをしようと思うとどこの地域に住むのか、駅周辺にするのかと選択肢が多く、部屋探しに迷ってしまうこともあるかもしれません。賃貸物件を探すときに、手掛かりとなるポイントをいくつかご紹介します。
ぜひいい賃貸を見つける際に参考にしてみてくださいね。

賃貸物件のポイント①築年数を見てみる

賃貸を探すときに、注目すべきポイントは築年数です。立地が良ければ築年数はどうでもいいなんてことはありません。新築も古い賃貸もそれぞれメリットがあるのです。例えば新築であれば防犯、耐震、施設面での満足度が高いと思います。あまり人に使われていないという安心感もありますよね。古い賃貸はやはり家賃が安めになります。Wi-Fiを大家さんが負担してくれるといった特典もあるかもしれません。築年数によってお部屋の種類が変わってきますから、ポイントとして押さえておくといいかもしれませんね。賃貸を探すときには必ず築年数をポイントとするという方も多いので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

賃貸物件のポイント②部屋についているオプション

お部屋にはオプションがついていることがあります。お得に賃貸物件探しをしたいという方はポイントとして見てみてもいいかもしれません。わかりやすいのは家具家電付きの賃貸物件です。あらかじめ家に必要なものがそろっていますので、引っ越しや、家具選びの手間が省けます。さらに、賃貸物件によっては水道代が免除されたり、前家賃なし、暖房代がただだったりといったオプションがついている物件もありますよね。このような賃貸をポイントとして探していくと、掘り出し物の物件が見つかるかもしれません。オプションがついている物件は少し家賃が割高な場合もありますが、予算とこれからの暮らしを考えてうまく調整してみてください。ついているオプションは賃貸物件ならではのポイントです。すぐに売れてしまう可能性もありますから早めに調べてみるといいと思いますよ。

まとめ

賃貸物件を選ぶ際のポイントをいくつか紹介しましたが、ポイントはまだまだたくさんあります。賃貸物件やライフプランの数だけ賃貸物件を選ぶポイントはあるのかもしれません。このように賃貸物件にポイントをいくつか決めておくとお部屋探しがスムーズに進み、不動産屋さんも部屋探しがしやすくなるかと思います。ぜひ自分なりのポイントを見つけてみてくださいね!

585

賃貸物件の契約には時期が大切!物件探しを始めるのはいつ?

この記事をシェアするB!

今この記事を見ているあなたは、これからお部屋探しをしなければいけない人なのかもしれませんね。あるいは、もう素敵なおうちの候補をいくつか見つけているのかも。賃貸物件にはどうしても限りがあります。特にいい賃貸物件はすぐに契約されてしまいますよね。賃貸物件を契約する時期は、どのようにして決めていけばいいのでしょうか。

いい賃貸物件が揃っている時期がある!

賃貸物件を探すには最適な時期が存在します。競争率も少なく、素敵な賃貸物件が揃っている時期はずばり5月~6月です。皆さんの引っ越しが決まり、部屋探しを始めなければいけないという時期は大体3月なのではないでしょうか。そして4月の新生活に備えるという方が大多数だと思います。しかし、3月に部屋探しをしているといい物件がとられてしまっていたり、すぐに契約が決まってしまったりしませんか?2月~3月はみんなが部屋探しを始める忙しい時期なのです。その点5月~6月は部屋探しをしている人も少なく、良い賃貸物件を独り占めすることができます。さらに、契約をしようという人も少ないため、家賃交渉がしやすかったり前家賃が免除される物件が合ったりと素敵な特典がついている時期かもしれません。

賃貸物件を探し始める時期はいつ?

賃貸物件を探し始める時期は、遅すぎてはいけません。賃貸物件を探し始める時期は、最低でも契約を考えている1か月前には開始するようにしましょう。ベストな時期は、契約を考えている2か月前から始めることだと思います。というのも、賃貸物件を探すにはとても時間とお金がかかってしまうのです。部屋へのこだわりが強い方はもちろん、そうでない方も何件か賃貸物件の内見を行っていると、瞬く間に時間が過ぎてしまいます。特に毎日お仕事で忙しいという方は2か月前くらいから時期が来るのではないかと考えておいた方がいいかもしれませんね。契約に備えて初期費用や家具などを準備することも必要です。引っ越し会社を見つけて連絡を取っておく必要もありますよね。ぜひ時期に余裕を持って賃貸物件を探すようにしてみてください。

まとめ

賃貸物件を探すのにベストな時期は見つかったでしょうか。人それぞれ開始する時期は違うかと思いますが、やはり他の人よりも先手を取るには、時期を選んで賃貸物件を探すのが一番です。もしも時間に余裕があったり、早めに事例が決まって部屋探しを開始することができるという方はぜひ今回紹介した時期を参考にしてみてくださいね!

583

大家さんは入居者の苦情をどのように解決しているの?

この記事をシェアするB!

大家さんの仕事は家賃管理やごみ置き場の清掃だけではありません。大家さんには、日々様々な苦情が寄せられています。特に都会では入居者間トラブルが多く、苦情の種類も様々あるそうです。大家さんのもとに苦情が来たときには、トラブル解決も大家さんの仕事となってしまうのです。

大家さんへの苦情①入居者間トラブル

大家さんへの苦情として頻度が多いのが、入居者間トラブルだそうです。騒音問題では、洗濯機やドライヤーなどの生活音が苦情として多いです。特に夏は窓を開けて生活する方も多いと思いますが、その場合話し声や飲み会の音なども苦情として挙げられます。
さらに、共有スペースの使い方でも大家さんに対して苦情が出ることがあります。部屋の前の廊下やエレベーター、ラウンジと言った共有スペースは各階の知らない人が一同に介するスペースですから、どうしてもトラブルが起きてしまうようです。このような共有スペースは管理人か大家さんが管理し、清掃するということになっています。共有スペースの使い方もトラブルとなることがあります。
こういった苦情に対して大家さんは入居者間の仲裁をしなければいけません。第三者が介入することで冷静になり、自然と解決することが多いそうです。
さらに騒音の苦情に対しては実際に騒音のレベルをデシベルで数値化し、管理者に連絡することで騒音に対する法的措置を取ることができます。

大家さんへの苦情②設備問題

大家さんにあてられる苦情で最も多いのが設備問題です。水回りのトラブル、雨漏り、部屋の破損など、マンション内の備品が使えなくなった場合には大家さんに苦情が来てしまいます。大家さんとマンション管理人の2つがマンションを管理しているという場合は設備に関する苦情を解決するのはマンション管理側となります。確かに住居者からすると苦情を言いやすいのは大家さんかもしれませんが、設備を修繕するのは多くが管理者です。設備に対する苦情は専門業者を呼び、修理することで解決しています。そのため大家さんはもしものために専門業者とのパイプを作っているのです。

まとめ

大家さんに寄せられる苦情はたくさんあります。人と人とが関わりあう仕事ですからどうしてもトラブルは避けることができないのです。苦情に対してどのように解決していくのが大家さんの能力にかかっています。そのために日ごろから誠意をもって入居者、大家さんの関係を作っていかなければいけませんね。

581

大家さんに家賃交渉を申し込むときのコツをご紹介!

この記事をシェアするB!

大家さんは、まれに入居者の希望をくみ取ってくれる場合があります。家賃交渉は少し怖いチャレンジかもしれませんが大家さんに直談判してみると、意外とスンナリ応じてくれるかもしれません。大家さんに、家賃交渉を申し込むときはどのようにして値下げまで持ち込めばいいのでしょうか。

大家さんに家賃交渉をするなら契約更新時

大家さんが家賃交渉に応じてくれる一つの重要なタイミングは、契約更新の時です。多くの賃貸物件が1年に一回、2年に一回は必ず契約更新をして、また新たに何年かはその部屋に住まなければいけませんよね。そのタイミングで家賃交渉をしてみるとうまく進むということがあります。契約更新をするということはそれ以前に数年は住んでいるため、大家さんにきちんと家賃を払ってくれるという保証ができているわけです。
長く住んでいてくれる人であれば数千円の家賃交渉には応じてくれるかもしれません。契約更新時の家賃交渉は、家賃交渉に応じてくれれば契約更新するというような意味合いを持たせることもできます。ビジネス的な手法かもしれませんが、うまく家賃交渉を進めるためには大切なことだと思いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

家賃交渉を大家さんに持ち込むためにはデータをしっかり用意しよう

先ほども言いましたが、家賃交渉はちょっとしたビジネスです。大家さんに家賃交渉を持ち込む際にはデータを用意するとうまく交渉が進むかもしれません。用意するべきデータは同じような間取りの家賃データ、さらに同じような立地にあるような物件のデータです。自分の部屋よりも安く、お得なお部屋がある場合には積極的にデータを集めるようにしましょう。そして、そのデータをもとに家賃交渉に持ち込むのです。データで示すことで論理的に家賃交渉に持ち込むことができますので、うまく大家さんを丸めこむこともできるかもしれません。家賃に関わらずお金の交渉をする場合には具体的なデータ収集が必須ですよね。できる限りの情報を集めてから大家さんに挑むことでうまく家賃交渉に応じてくれるかもしれませんよ。

まとめ

大家さんに家賃交渉を持ち込む際には、ビジネス的なコツが必要となってしまいます。もちろんお金が関わることですから交渉がうまくいかないこと尾も多いと思いますが、もしも大家さんといい関係を築くことができているのであればチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

578

大家さんと管理人は使い分けてうまく賃貸生活を乗り切ろう!

この記事をシェアするB!

賃貸物件で生活をしていても、大家さんと管理人の区別はなかなかつきませんよね。生活していてあまり関わらないかと思いますが、家賃問題、あるいは物件に関してトラブルが生じた場合には必ずどちらかに相談して解決してもらわなければいけないことがあります。大家さんと管理人の区別をしてトラブルに対処してもらうようにしましょう。

大家さんと管理人はトラブルによって区別しよう

大家さんと管理人さん、どちらにトラブルの相談をするのか迷った場合にはトラブルの種類で判別してみるといいかもしれません。例えば、大家さんは主に入居者間のトラブル、または家賃に関する要望に応じてくれることが多いです。入居者間のトラブルは管理人側に相談できるという場合も多いのですが、大家さんと管理人の区別をあえてつけるのであればこのような区別になります。大家さんは家賃の管理をメインに行っていますから、家賃など金銭面で話があるならばまず大家さんに話してみるといいかもしれません。大家さんはたいていその物件に住んでいることが多いので、相談しやすいというメリットがあるかもしれません。管理人には設備面での問題を相談するといいかもしれません。主にマンション管理人の役目はマンションという建築物の管理ですから、生活していて壊れてしまったり、設備に関して不具合があるのなら管理人に相談することができるでしょう。

大家さんと管理人の大きな違いは企業!

大家さんと管理人の大きな違いとして、企業側にいるのが管理人ということがあげられます。管理人の側には大手マンション管理会社であったり、マンション経営に関わる専門業者がついています。その点大家さんは入居者に近しい人という位置づけができるかもしれません。管理人はマンションに何かトラブルがあった場合に管理会社に連絡し、対処します。管理人は資格を持って働いている人ですから企業側という位置づけができるのです。入居者にとっても、近しく感じられるのは大家さんなのではないでしょうか。

まとめ

大家さんと管理人の違いはあいまいかと思いますが、一つの物件に大家さんと管理人がいる場合には大家さんと管理人が行なっている業務に明らかな違いがあるはずです。2つの違いを押さえておくともしものトラブルの際にはスムーズにトラブル解決をすることができると思いますよ。

575


大家さんが家賃値下げに応じる入居者には共通点があった!

この記事をシェアするB!

家賃は入居者にとって大きな割合を占める生活費です。家賃を基準に生活していかなければいけませんし、払えなければ家を失ってしまいます。そんな大切な家賃ですから、1000円でも家賃値下げをしてほしいものですよね。実は、大家さんが家賃値下げの交渉に応じてくれるような入居者には共通点があるんです。

大家さんが家賃値下げに応じるのはまず人柄!

やはり大家さんも人間です。家賃値下げというようなお金の問題が絡んでくるとき、どうしても重視するのが入居者の人柄です。毎月家賃を期限内に納められない人、ごみの分別ができない人、苦情が多い入居者などに対してはどうしても家賃値下げを踏み切ることができません。そのような人よりは毎日挨拶をしてくれる人や、交流のある方に家賃値下げをしてあげたいはずです。家賃値下げはビジネスと同じです。何回も会って関係を築いていくことで初めて交渉の舞台に立つことができますよね。大家さんと適切な関係を築くことができれば家賃値下げの交渉もやりやすくなるのではないでしょうか。

大家が家賃値下げをするときは設備面の問題も

大家さんが家賃値下げを決意するタイミングは設備に何か問題が生じたときかもしれません。例えば築年数が長いマンションでは家賃値下げの対象になるかと思います。築年数が長ければだんだんと入居者も減ってきてしまいますし、新築のマンションに入居者が移ってしまうかもしれません。築年数が長いマンションでは大家さんも家賃値下げの交渉に応じてくれるかもしれませんよ。
他にも壁が薄かったり、壁に傷が多かったり、ガスがうまくつかないなどの設備面で家賃値下げを交渉することもできるかもしれません。設備面は本来大家さんや管理側が点検し、修理しなければいけないものです。入居者が報告すれば必ず専門業者を送り、修理しなければいけないという義務もあります。そのため、修理しないのであれば家賃値下げに応じてくれるかもしれません。このように交渉のタネを持って大家さんに直談判するというのも家賃値下げには大切な手段となります。

まとめ

大家さんが家賃値下げをする場合にはいくつかの共通点があるようです。今回紹介したものは家賃値下げの一例にしかすぎませんが、家賃値下げを申し込む場合は今回紹介したようなことを意識してみるとスムーズに交渉が進むかもしれませんね。

573

大家さんが家賃を決めるときどのようなポイントに注目する?

この記事をシェアするB!

賃貸物件の場合、多くの物件で大家さんが家賃を設定して入居者から徴収しています。
同じような立地でも家賃が安かったり、小さい間取りなのに家賃が高いというように物件によって家賃にかなり差がありますよね。大家さんが家賃を決めるときにはどのようなポイントに注目しているのでしょうか。

大家さんが家賃を決めるポイントは建物自体の価値

大家さんが家賃を決める際に考慮する一番のポイントは、もちろん建物自体の価値です。
賃貸物件の貸し借りにおいては建物自体が交渉の材料であり、買ってほしいポイントなのです。この建物を基準に家賃を決めていきます。例えば築年数です。古ければ古いほど家賃は低くなりますし、新しい物件では家賃は高くなります。また、ロフトが付いていたり、キッチンオプションが充実しているような物件では家賃が高くなってしまいますよね。このように家賃が高いという物件にはそれだけ売り出したいポイントがあるのです。
家賃が少し高いなと思った物件は大家さんや不動産屋さんに詳しく聞いてみると売りとなっているポイントが見つかるかもしれません。書面やネットで物件の情報を得ることが多いと思いますが、それでは見つからない素敵なポイントが見つかるかもしれませんよ。

大家さんが家賃を決めるのは維持費の関係が多い

大家さんは、賃貸物件の管理も担っている場合があります。この時にはどうしても賃貸物件の維持費を家賃に加えて決めなければいけません。賃貸物件に入居している側からすればあまり実感はわかないかもしれませんが、物件の修理、清掃、点検と言った設備管理も大家さんが担っていることがあります。また、家賃に駐車料金が含まれている場合には駐車場の管理、雪かきと言った業務の料金も考えなければいけませんよね。きれいなマンションのほうが、家賃が割高になるというのは維持費の関係かもしれません。見えないところでマンションの管理をやっているということを考えて家賃は設定されていることが多いです。

まとめ

大家さんが家賃を決める際には、賃貸物件という売り物を基準にして決めています。家賃が高い、安いといった物件を考えた時には、その家賃なりの理由が背景にあるのかもしれません。費用対効果という言葉もあるように、家賃に対する物件の価値、「家賃対効果」を考えてみると物件探しもスムーズにいくかもしれませんね。

570

車で行っても安心!浦安市の駐車場設備状況はどうなのか

この記事をシェアするB!

関東圏で車を持つことはなかなか難しいことだと思います。ただでさえ人が多いところで車がたくさん通りますし、駐車場もなかなか借りにくいかと思います。もしも千葉県、浦安市で生活をしていきたいとなったとき、駐車場もたくさんあると安心して車を購入することができるのではないでしょうか。

浦安市は月極駐車場が比較的安い!

浦安市で駐車場を探す際に、大きな利点となるのが駐車場の月極料金が比較的安いということです。もしも東京で駐車場を借りるとなったとき、東京の駐車場の相場はご存知ですか?平均の月極料金は5万円です。23区内でも差はありますが、都心に近いほど5万円かそれ以上、都心から離れていても最低2万円代の駐車場ばかりです。ただでさえ都心に近いほど家賃が高くなりますので、どんどん生活費が圧迫されてしまいますよね。しかし、浦安市の月極駐車場は1万円台の物が多いのです。関東圏内ではなかなか月極駐車場代が抑えられているのではないでしょうか。最低では1万円以下の駐車場もありますし、浦安市はかなり車を持っていても住みやすいのではないかとおもいます。東京からも近いことから、通勤、通学に便利で生活費も抑えることができますよ。

浦安市外から来た人も安心!貸駐車場が充実

浦安市と言えばやはり東京ディズニーランドですよね。もちろん他にも公園やマリンタワー、市場などたくさん観光スポットがあります。しかし、関東圏内でドライブをして観光をしようとなると駐車場に困るかと思います。ただでさえ人口が多いのに他県からも人が来てしまうことで駐車場が少なくなってしまうのです。しかし、浦安市は貸駐車場もしっかりと完備されています。やはり観光の街ですから、駐車場を整備することで人を呼び込んでいるのかもしれません。特に浦安市の中でも浦安駅周辺には他の市よりも駐車場が多い印象です。駐車場に車を置いて電車で目的地に行くというようなことも簡単にできてしまうのです。

まとめ

浦安市に駐車場が充実しているということ、車でも生活しやすいであるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。これから新生活を始めるという方も、関東圏内に移動になったという方もぜひ浦安市でお部屋探しを始めてみてはいかがでしょうか。車を持って行っても駐車場がありますので、安心して生活していくことができると思いますよ。

594

部屋探し初心者でも安心!賃貸契約に必要なものを確認しよう

この記事をシェアするB!

お部屋探しは初めての場合戸惑うことがたくさんあると思います。
住居は人生の中でも特に大切な買い物ですから、絶対に失敗はしたくないですよね。今回は賃貸契約をスムーズに進めるためにあらかじめ用意しておくべきものをいくつかご紹介したいと思います。

賃貸契約の時に持って行くべきものとは?

賃貸物件を契約するためにはコンビニに行くように手ぶらではいけません。やはり賃貸という大きな契約には必要なものがいくつかあります。まず1つ目は印鑑です。シャチハタなどではなく実印が賃貸物件の契約に必要となります。印鑑は必ず持って行かなければいけませんが、普段持ち歩かない分意外と忘れてしまう人も多いかと思います。不動産屋さんに出かける前にぜひ印鑑の確認をしましょう。もう一つ賃貸契約の際に必要となるのが通帳です。こちらは必須ではありませんが、あると契約がスムーズになります。もしも家賃が通帳から引きおとしという物件であれば、銀行の口座番号などの情報が必要となります。引き落としになる前に書類を書けばいいのですがもし通帳を持っていなくてもう一度不動産に足を運ばなければいけないとなったら面倒ですよね。あらかじめ通帳も持って行くと一度の契約で済むかもしれません。

ずばり賃貸契約に必要な予算は!?

賃貸契約には契約時に初期費用が必ず発生します。部屋をただ選ぶだけではなく、契約の際に必要なお金があるのです。まずは敷金・礼金です。こちらは通常家賃の1か月分ずつ支払う賃貸物件が多いと思います。敷金に関しては解約後手元に戻ってきますが、契約時に支払わなければいけない大切なお金です。さらに前家賃を取られる賃貸物件もあります。これは物件によって徴収されないこともありますが家賃1か月分を考えておかなければいけません。さらに仲介手数料がかかることもあります。これは不動産に対して支払う料金です。賃貸によっては保険に加入する場合もあります。賃貸契約にはこれらたくさんのお金がかかりますので、ずばり家賃の5か月~6か月分は見込んだ費用を持って不動産に行くのがベストかもしれません。

まとめ

賃貸契約の際に必要なものはたくさんあります。契約の際に費用がかなりかかる!と驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎月の家賃、生活費ももちろんですがただ契約するだけでもこれだけの費用と準備が必要となります。それだけ大きな買い物ですから、信頼できる不動産で素敵なお部屋を見つけてみてくださいね!

568

今からでも遅くない!マンション管理を始めるベストタイミング

この記事をシェアするB!

マンション管理人は現在どんどん人口が減っています。マンション管理を大手会社に任せてしまうマンションも増えていますが、マンション管理人を募集している物件も未だたくさんあります。マンション管理に興味があるという場合、管理に踏み出すベストタイミングはいつなのでしょうか。

マンション管理のベストタイミングは定年のタイミング

まず一つマンション管理のベストタイミングを挙げるとすれば定年したタイミングです。
よく定年した老後にマンションを経営して財を築いていくという話を聞いたことはありませんか?やはりマンション管理はマンション自体のお金もありますがとても大きなお金が動くビジネスです。家賃収入、管理収入は十分一人で暮らしていくことができるような金額なのではないでしょうか。そのため、収入がほとんどなくなってしまう定年後にこそ輝く職業なのです。年齢制限も基本的にはありませんし、住民との関わり合いを持つことができる職業です。人とのかかわりが好きな方にはマンション管理はお勧めですし、定年のタイミングで始めるとベストな職業だと思います。

マンション管理のベストタイミングは副業が必要な時

マンション管理のベストタイミングとして、お金に余裕を持たせたいときというのもあります。もちろんマンション管理という仕事は大変ですし、多岐にわたりますので一筋縄ではいかない仕事だと思います。しかし、副業が欲しいというタイミングではとても輝く職業なのではないでしょうか。本業とともにマンション管理を行うこともできますし、収入に関しても申し分ありません。しかし、マンション管理という仕事を進めていくにはどうしても法律が深く関わってくる面があります。マンション管理人がやらなければいけない仕事はマンションの管理業務、ごみ置き場の管理、住民の管理など様々で、トラブルに巻き込まれることもありますのでタイミング次第ですが、趣味のような感覚で始めることは難しいかもしれません。

まとめ

マンション管理を始めてみるベストタイミングはいくつかあるかと思いますが、仕事をきちんとこなし、人と関わることのできる方なら魅力的な職業であると思います。不動産屋さんとの関係も深くなりますから、不動産、そしてマンション管理人という関係性を上手く築くことができる人がベストなのかもしれませんね。

566

関東で子育てを始めるなら浦安市!子供に手厚い浦安の特徴とは

この記事をシェアするB!

子育てには環境が大切です。病院、保育園など子育てにかかわる施設が多かったり、子供を安心して遊ばせ、教育することができたりする街に住みたいですよね。もしも家族で引っ越しをするという場合には、浦安市でお部屋探しをしてみることをおススメします。子育てに強い浦安の特徴をいくつか学んでいきましょう!

浦安市は子育て環境が充実している!

浦安市は子育てに向いている環境づくりを積極的に推進しています。例えば保育園の充実です。昨今待機児童が問題となっている中、浦安市ではどんどん保育園が増えてきています。特に小さい子供の子育ては大変な時期だと思いますので、行政に頼らざるを得ません。そんなときに保育園が充実している浦安市であれば安心して子育てに励むことができるのではないでしょうか。また、浦安市は東京に近くアクセスのいい場所ですので小学校、中学校、高校と成長していっても安心して子育てし、成長を見守っていくことができます。東京の学校での受験を考えていなくても浦安市に近年小中学校がどんどん建設されてきています。教育環境がないと子育てはできませんから、浦安市であれば大人になるまで安心して子育てをしていくことができると思います。

浦安市の子育てなら他の町よりも家族で暮らしやすい!

浦安市の特徴は家族で暮らしやすい環境であるということです。東京で暮らすという場合、都心に近ければ近いほどスーパーなどの家計にやさしいお店は少なくなってきます。しかし、浦安市の特徴としてスーパーや市場と言った安く生活費を抑えることができる店が多いということです。特に駅近ではスーパーが充実していますので、子供が増えてきて子育てをするという場合でも安心です。
子育てには何をするにしても莫大なお金がかかります。毎年春には家計に悩まされてしまうのではないでしょうか。しかし、浦安で子育てをすればなるべく余裕のある生活をしたいと考えている方でも費用を抑えて生活していくことができると思いますよ。

まとめ

浦安市は家族連れ、そしてこれから子育てを計画しているという場合のご家庭でも住みやすい街だと思います。関東圏内でありながら子育ての支援が手厚く、家族で安心して住むことができる地域は少なくなってきています。もし子育てをしていきたいと考えているのであれば浦安市でお部屋探しをしてみてはいかがでしょうか。

596

遊び場が充実している浦安でお部屋探しをしてみよう!

この記事をシェアするB!

家族でお引越しをするという場合、もちろん保育園や小学校と言った教育施設が充実している場所のほうが嬉しいですよね。しかし、家族の部屋探しで意外と忘れがちなのが遊び場です。子供たちにとってはやはり遊び場が充実している場所のほうがいいかと思います。
そんな時、遊び場が多くのびのびと子育てをできるのが浦安です。

浦安の遊び場は公園の多さが特徴!

浦安で子育てをするという場合、一番の特徴は遊び場になる公園が多いということです。近年都会にはどんどん公園が少なくなってきています。広い公園、大きな遊具で遊んだことがないというお子さんもいるそうです。関東にある広い遊び場はとても貴重なのです。
しかし、浦安には広い公園がたくさんあります。駅近く3㎞県内には5カ所もの大きな公園が存在しています。例えば若潮公園です。ここは広い敷地でアスレチックを楽しむことができるだけではなく、動物との触れ合いも楽しむことができる公園です。動物との触れ合いができる遊び場は貴重ですから、浦安市で十分楽しむことができるのではないでしょうか。浦安市であれば家族で自然を楽しんで遊ぶことができるのです。

浦安にはキッズランドもたくさん!

浦安では、公園など外の遊び場だけではなく子供用の遊び場も充実しています。例えば東京ディズニーシーの近く、海沿いにあるキッズランド、レジャーズアイランドです。ここでは巨大ジャングルジム、ボールプールなど大規模の子供用遊び場が用意されています。大きい子エリア、小さい子エリアと区分もされていますので子供の成長と共に楽しみが増える施設です。他にも駅近くにはデパート内のキッズエリアなど子供用の遊び場が用意されている施設が多くありますので、子供を連れてお出かけしても楽しいかと思います。子育てにはどうしても広い遊び場が必要だと思いますので、浦安市内のお出かけであれば家族みんなで楽しむことができると思いますよ。

まとめ

子育てをしていくうえで、遊び場の多い地域というのはなかなかないかと思います。もちろん都会であれば電車を乗り継ぐとすぐにいい遊び場がたくさん見つかるかと思いますが、家の近くにあり、すぐに子供と出かけられるに越したことはありません。ぜひ浦安市での生活に興味を持った方は浦安市でお部屋探しをしてみてくださいね。

563

管理って奥深い!マンション管理人に求められる役割とは

この記事をシェアするB!

マンションに住んでいるとあまり気が付かないかもしれませんが、マンション管理人は様々な業務をこなしているということをご存知でしたか?賃貸物件で起きたトラブルも、実はマンション管理人に相談してみるといいのかもしれません。マンション管理人に求められる役割を学び、マンション管理のお仕事に就いて学んでみましょう。

マンション管理人の主な役割は修繕・清掃

マンション管理人の役割は、やはりその名の通りマンションの建物自体の管理です。例えば、定期的な見回り、点検が役割として定められています。見回りや定期点検を行うことでマンションの設備がきちんと稼働しているか調べ、修理しなければいけません。
また、マンション設備の修繕もマンション管理人の大切な役割です。例えば水道から水漏れしているとき、ガスがうまくつかなくなった時など、マンションの設備修理が必要となってしまう場合があります。何年に一回かという長期スパンで大規模な修理、建て替えも行わなければいけないという役割もあります。このようにすべてのマンション管理を行うことで快適に住人たちが暮らしていくことができる環境を守らなければいけないという役割があるのです。これは「修繕義務」として建築法に定められていることですので、何かトラブルが合った際にはすぐにマンション管理人に報告するようにしましょう。

マンション管理人の役割はトラブル対応も含む

マンション管理人は時に住民同士のトラブルの仲介をしてくれる場合もあります。例えば騒音問題です。隣の人が夜中にうるさい、飲み会で騒いでいるなど、どうしてもトラブルになってしまう時があります。そんなときにはマンション管理人さんに連絡してみましょう。当人同士の話し合いでは解決しないことも多いと思いますので、第三者が間に入ることで話が丸く収まるかもしれません。また、宗教の勧誘、チラシ、怪しい人物などの侵入も防ぐ役割もあります。管理人がいるというだけで怪しい人を寄せ付けませんし、マンションのセキュリティ管理も役割に含まれますから、防犯という役割も担っているのです。

まとめ

マンション管理人の役割はここに紹介しただけではなく、さらに多くの仕事をこなしてくれています。もしマンションで暮らしていて何か困ったことがあったときには、マンション管理人に相談してみましょう。マンションを保っていくことが役割ですから、何かあったときに住民を助けてくれると思いますよ。

561

浦安市で生活していくとき騒音問題は大丈夫なの?

この記事をシェアするB!

新生活を始めるとき、どうしても切り離せないのが近隣トラブルだと思います。その中でも賃貸物件の場合、騒音問題は気になる情報なのではないでしょうか?都会であれば人付き合いも薄くなりますから、できる限りトラブルは避けたいものです。浦安市で生活する場合、騒音に悩まされてしまうことはあるのでしょうか。

浦安の騒音は改善傾向

浦安市近辺は、かつて治安の悪い街として有名でした。東京というよりもその周辺の横浜、千葉、群馬と言った場所にいわゆるヤンキーが集まっていたそうで、安心して一人暮らしをしていくことができる状況ではなかったそうです。
しかし、どんどん開発、埋め立てがすすみ浦安市は治安が良くなってきたそうです。さらに町ぐるみで警察のパトロール、啓発運動といった運動が行なわれてきており、どんどん治安が良くなっています。騒音問題は近隣トラブルだけではなく暴走族と言った外からの騒音も問題となりますよね。そのような怖い心配は年々減っているそうです。浦安であれば他の市よりも落ち着いて生活することができるのではないでしょうか。

浦安は飛行機からの騒音があるかも

浦安市というよりも千葉全域で、成田空港から飛ぶ飛行機の騒音が問題となっていたそうです。やはり空港が近くにありますから、どうしても飛行機の行ききが多くなってしまいますよね。しかし、浦安市では飛行機の騒音問題が改善傾向にあるそうです。やはり浦安は開拓が進んでいる土地ですから、新築の賃貸物件が多いです。騒音問題が改善されつつあるということは近年の建物の防音処理がしっかりしているという証拠なのかもしれませんね。しかし、やはり屋外にいると飛行機の音を感じることもあるかもしれません。
防音対策ができているということは、浦安市であれば近隣の騒音問題もある程度は避けられるということも示唆しています。他の市や関東の町では隣人トラブルが多かったり、若者の騒音がトラブルとなってしまうケースもあります。できるだけ静かなところで生活したいという方は浦安がオススメです。

まとめ

浦安市であれば、騒音をあまり気にせずに暮らしていくことができるかと思います。相手の生活音を気にしすぎたり、ペットや楽器の音を気にしすぎることもないかもしれません。やはり隣人にもよりますが、通常通り生活していくのであれば浦安でトラブルがなく暮らしていくことができると思いますよ。

559

浦安市で子育てをするとき保育園は確保できるのか?

この記事をシェアするB!

もしも新天地で家族が暮らし始めるという場合、どうしても問題になってくるのが子育てです。新たな土地での子育てはなかなかやりにくいものです。保育園、病院、小学校、公園など子供に必要な施設が多い施設に住みたいですよね。もしも浦安で家族が暮らし始めるという場合、保育園事情はどのようになっているのでしょうか。

浦安市の保育園は年々増え続けている

浦安市は、今もなお開発が続いている埋め立て地です。駅周辺の開発がどんどん進んできていることももちろんですが、保育園の数も開発されつつあります。もともと関東圏は人口超過が問題となっており、マンションの戸数が足りなかったり待機児童問題が根強くあったりしますよね。しかし、浦安市はまだまだいい意味で発展途中です。今後も子育てにやさしく、保育園が増えてくる予定があるそうですので、どんどん暮らしやすい街になっていくかもしれません。これは浦安市が行政介入を行い、積極的に子育て支援に乗り出しているためでもあります。そのため関東の中でも浦安市は子連れ世帯に優しい街と言えるのではないでしょうか。新生活、子育てと不安がたくさんあるかもしれませんが、安心して子供を育てていくことができると思いますよ。

保育園で浦安市の待機児童は少なめ

浦安市の魅力として、保育園が増えてきたため待機児童が少ないという利点があげられると思います。やはりせっかく子育ても頑張ろうと引っ越しをしてきても、保育園に入れなかったら話になりません。特に関東圏では待機児童が多く、望んでも保育園の保育が受けられないということも問題となりました。しかし、浦安市は千葉県だけではなく関東圏の中でも待機児童が少ない街として有名です。これは地域で子育て政策が充実しているということを表しているのではないでしょうか。
浦安市のホームページで、認定保育園の空き状況も確認することができます。浦安市の保育園の状況が事前にわかっていれば安心して入園準備を始めることができるのではないでしょうか。保育園の入園は少ない枠の競争となりますから、しっかりと情報を集めながら準備できると安心できますよね。

まとめ

今回は浦安市の保育園情報をいくつかご紹介しました。浦安市の保育園でなら安心して子育てができるかもと思っていただけたのではないでしょうか。もしもこれから関東圏内で部屋探しを始めるという方はぜひ浦安市も検討してみてくださいね。

557

みんなが賃貸探しを始める賃貸探しのピークはいったいいつ?

この記事をシェアするB!

海は夏、スーツを買うなら春というように、賃貸探しにもたくさんお客がいる「ピーク」が存在します。ピークに部屋探しを始めてしまうといい賃貸物件は売り切れていたり、なかなかいい賃貸が見つからなかったりするかもしれません。ピークを理解しておくと自分の部屋探しを人よりも他の人より一歩進んで始めることができるかもしれません。

賃貸市場一番のピークは2月・3月

みなさんが新居を探し始めるピークは、2月、3月という少し寒い時期です。この時期には異動や転職、働き始めが集まっている時期です。賃貸の顧客はまさにピークと言えるでしょう。3月末には急に異動が決まり、部屋探しをせざるを得なくなった「飛び込み客」までやってきます。この賃貸探しのピークには1日ごとに賃貸物件を追っていないと違う人の契約が決まってしまう場合もあります。いいお部屋が見つからないと他の不動産に駆け込まなければいけないこともあります。もしも部屋探しをするタイミングを選ぶことができる方はこのピーク時期は外して部屋探しに取り組んでみるといいかもしれません。
しかし、裏を返せば3月末はお部屋の解約が多くなるピークでもあります。狙っていた賃貸のキャンセルや解約が出てくるピークになるかもしれません。どうしても住みたい部屋があったら狙ってみてはいかがでしょうか。

8月末は賃貸の解約が多くなるピーク

8月末も賃貸の解約が多いピークになります。9月も異動をしなければいけないピークとなりますからその前の8月も賃貸解約のピークです。狙っている賃貸物件を探すいいタイミングなのかもしれません。さらに8月は2月、3月のような部屋の入れ替わりが激しすぎるピークではありませんから、部屋探しも少しやりやすくなるかもしれません。暑い時期に大変かもしれませんが、部屋探しは自分が思っているよりも早く始めたほうがいいかと思います。自分が住む予定の土地で物件を探し、部屋があるかなとホームページをチラ見してみるだけでもいい物件が見つかるかもしれませんよ。

まとめ

賃貸探しにもピークがあります。ピークの時期は部屋探しを始める人がたくさんいますが、逆に掘り出し物の物件が急に空く素敵な時期になるかもしれません。忙しい方は好きな時期のお部屋探しを開始することができないかもしれませんが、余裕を持って賃貸探しを始めることができるという場合はぜひ自分に合った時期に部屋探しを始めてみてくださいね。

555

マンション管理は難しい?マンション管理の実態とは

この記事をシェアするB!

マンション管理人というお仕事をご存知ですか?大家さんのように家賃など金銭面の管理をするわけではなく、主にマンションの施設、住人の管理を行う仕事です。会社で働いている方にはなかなか馴染みのない職業だと思いますので、マンション管理の実態を少し紹介していきたいと思います。

マンション管理の実態①定年してから始める方が多い

マンション管理人や大家さんの実態として、定年を迎えてから初めて手を出すという方が多いです。今マンションに住んでいる方はこの実態を、身を持って体験しているのではないでしょうか。大家さん、マンション管理人は年配の方が多いですよね。というのも、肉体的、時間的にあまり制約のない仕事だからです。マンションに住みながらマンション管理を行うことができますし、入居者がいれば安定した収入を得ることができます。もちろん、マンション管理のために水道、清掃業者さんなど各業種の専門家と関わらなければいけない機会はありますが、基本的には自由度の高いお仕事だと思います。マンション管理の実態では今まで働いていた人が定年を迎え、ゆったりとした生活を送るために始めるということが多いようです。つまり、若い人でマンション管理に手を出す方は優遇されるという実態なのかもしれませんね。

マンション管理の実態②人手不足

マンション管理の実態として、人手不足ということがあげられます。これは深刻な実態であり、特に都会で叫ばれている問題です。マンションは年々増えてきていますよね。これは都会に人口が毎年集中しているということに起因します。マンションが増えている分マンション管理人は足りなくなってきています。マンション管理を大手会社が率先して行っている場合もありますが、やはり未だにマンション管理人の求人はいくつもあるというのが実態です。マンション管理というあまり知らない仕事になかなか踏み出すのが難しいということも管理人が足りない理由の一つなのかもしれません。また、マンション管理士として本格的に働くためには資格が必要ということも実態として人手不足になる一因でしょう。

まとめ

皆さんもマンション管理の実態を少しはお分かりいただけたでしょうか。人数不足であるからこそ、マンション管理人という仕事に着手してみるのもいいかもしれません。定年までは安泰となかなか言えない時代です。手に職をつけておくに越したことはありませんから、ぜひこの実態に興味を持った方はマンション管理を始めてみてはいかがでしょうか。

553

マンション管理の仕事内容と働いている人の現状を知ろう

この記事をシェアするB!

マンション管理人というお仕事はご存知ですか?マンションの建物自体を管理したり、急なトラブルの管理、定期点検など様々な仕事を担っています。マンション管理の仕事に就きたいという方向けに、今回はマンション管理の仕事内容と現状を詳しく紹介していきたいと思います。

マンション管理の現状はコミュニケーションが必須

マンション管理は、あまり知られていない現状かもしれませんが人とのコミュニケーションが必須です。ドラマなどでよくただ座っているだけのマンション管理人も見ますが、マンション管理人は多くの仕事があります。その業務の中でも大切なのが専門業者との関係作りです。マンション管理上のトラブルが生じた場合は、マンション専属の専門業者に頼んで修理、点検を行っていかなければいけません。マンション管理が長い方は専門業者とのパイプがありますがそうでない方は自分の足で、関係を築いていくことが大切です。そんなときにはどうしても人と関わり、関係を築くコミュニケーション能力が必須であるのが現状です。さらに宗教の勧誘や怪しいチラシなども管理人がいるマンションであれば未然に防ぐことができます。もちろん住民とのかかわりもありますから、このように人と関わり、自分の力でマンションをよりよくしていきたいという方にはとてもいい仕事なのではないでしょうか。

マンション管理の現状はとても優良!

マンション管理の仕事は、とても優良であるのが現状です。確かに業務内容は多いのですが、基本的に残業の無い仕事です。普段企業に勤めている方では定時上がり、好きな時にお休みなんてできません。急な連絡、トラブル対応があることもありますが、現状としてきつい仕事を強いられることはないといってよいでしょう。とにかく大切なのは人と関わること、そして定期点検、清掃と言った決められた業務をきちんとこなすことと、シンプルな仕事内容となっています。現状のお仕事に悩んでいるという方も検討してみるといい仕事かもしれません。

まとめ

マンション管理の仕事内容、そしてマンション管理人の現状の一端を知っていただけたのではないでしょうか。マンションの住民たちが快適に、長く生活していくためにも大切な仕事ですからマンション管理の資格を持っておくと新たな自分の強みとなると思いますよ。

542

不動産屋さんを有効活用するためにはライフスタイルの相談が必須!

この記事をシェアするB!

皆さんは、部屋探しをするときにどのようにして探していますか?自分でのリサーチも大切ですが、どうしても不動産屋さんに頼んで、一緒に部屋探しをサポートしてもらわなければいけません。不動産屋さんを有効活用するためには、不動産屋さんとの関係作りが重要となってきます。そして、キーワードとなるのが「ライフスタイル」なのです。

不動産屋さんにライフスタイルの相談もしてみよう!

不動産屋さんには、家賃や間取り、立地といった基本的な相談だけではなく、ライフスタイルから相談して部屋探しをしてもらうことが大切です。特に、家族で住むような大きな家を探すという場合に、ライフスタイルの相談をすることでより良い家を探すことができるかと思います。今後子供が増えるかもしれない、親の介護を控えているといった情報は、不動産屋さんが部屋探しをするうえでとても重要な情報になります。多くの人の部屋探しを手伝ってきて、ライフスタイルに合った部屋探しのプロですから、相談してみることでより自分に合った家を見つけることができると思いますよ。
個人的な相談はあまり不動産にしたくないという方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひ勇気を出してライフスタイルに合った家を探しているというような相談をしてみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルに特化した不動産もある!

皆さんは、ライフスタイル不動産という不動産の種類をご存知でしたか?最近増えてきた不動産の形式で、特にライフスタイルに合った部屋探しに特化した特殊な不動産です。個人の人生設計に合わせて、部屋探しをしてくれるため長い間そこで住む予定があるというような方にはもってこいの不動産形式だと思います。ライフスタイル不動産を探すためには、不動産仲介業者から見つけるのが最も手っ取り早いかと思います。また、地域の不動産のホームページもありますので、そこからライフスタイルに特化した不動産を見つけることもできます。

まとめ

住宅選びにおいて、ライフスタイルは切っても切れない関係にあります。それだけ、不動産にとってライフスタイルというのは重要な情報となりうるのです。今後長く住み続ける家を見つけるためには、皆さん個人に合わせた部屋というのが必要となります。もしも本気で部屋探しをしたいというのであれば、ライフスタイルも含めた綿密な相談を不動産屋さんとしてみてはいかがでしょうか。不動産屋さんも親身になって応えてくれると思いますよ。ぜひ自分にのライフスタイルに合った部屋探しをしてみてくださいね!

540

内見は何を見に行くの?内見で押さえるべきポイントとは

この記事をシェアするB!

賃貸契約の際に重要となるのが「内見」です。内見とは、契約前にあらかじめ空いている部屋の中を見に行くというものです。内見をしないまま部屋を決めてしまうよりも、実際に見てから部屋を決めたほうが安心ですよね。しかし、ただ部屋を見に行くだけでは瀬角の機会を無駄にしてしまいます。内見の際に押さえておくべきポイントはどこなのでしょうか。

内見のポイント①扉と家具の大きさ

内見のポイントとして、扉と家具の大きさは確認しておきましょう。引っ越しをしてくる際には、どうしても家具を運び入れなければいけません。部屋の中で組み立てられる家具ならいいのですが、洗濯機や冷蔵庫、ベッドなど大きな家具を運び入れる際には部屋の中に入らないという可能性があります。内見のポイントとして、メジャーを持って行き扉などの通り道の大きさを確認しておくことをおススメします。もう家具を買っているのであれば家具の大きさと比較してこの部屋でも大丈夫か判断することができますし、まだ家具を買っていない場合には購入の目安ともなります。せっかくの家具も入らないと意味がないので、内見では家具が入るのかを確認することがポイントです。

内見のポイント②部屋の窓を確認しよう

内見では窓を見ておくということもポイントとなります。物件情報に日当たりや、窓の向きについて書いてありますが、内見でなければ実際の日当たりは確認することができません。火が出ている時間帯に内見をするのであれば、日当たりに関して確認してみましょう。また、窓の大きさによってカーテンの大きさも変わりますので、ここでも先ほどのポイントであるメジャーを使って実際に窓の大きさを測ってみるといいかもしれませんね。
また、実際に窓を開けてみることも大切です。網戸がない部屋もあったり、立て付けが悪かったりするかもしれません。このように窓に限らず、実際に触って動かしてみることでその部屋で生活していくイメージが付くと思います。内見では実際にその部屋で生活したときのことを想定することがポイントなのです。

まとめ

今回は、内見で押さえておくべきポイントを二つご紹介しました。部屋の様子、暮らしやすさなどは実際に内見してみないとわからないことばかりです。内見を通して部屋のイメージも変わり、部屋を決定するという方もたくさんいらっしゃいます。内見できない部屋もありますが、内見できる部屋はできる限り自分の目で見て、ポイントとなる点を確かめてみてくださいね。

538

賃貸物件を借りるならどこがいい?注目すべき浦安の魅力とは

この記事をシェアするB!

これから新生活を始めなければいけないという皆さんは、賃貸物件探しを始めていかなければいけません。しかし、関東と言っても素敵な土地はたくさんあります。賃貸探しはどこがいいのか迷っている方、初めての引っ越し、一人暮らしが不安だというような方は千葉県浦安で賃貸物件探しを始めることを強くお勧めします。

浦安の賃貸物件のどこがいいの?賃貸のおすすめポイントとは

浦安で賃貸探しをすることは、どこがいいポイントなのでしょうか。
まず挙げられるおすすめポイントは、比較的新しい賃貸物件が多く存在しているということです。一人暮らしを始めるにあたって、賃貸物件を探すときにはたくさんの物件があり、どこがいいのか迷ってしまいますよね。そんなときに目安となる条件が、家賃と築年数なのではないかと思います。築年数が新しい物件であればあるほど、付属品やセキュリティが充実しています。開発されつつある浦安であれば新しい賃貸をたくさん見つけることができます。さらに、浦安の魅力は東京からの近さにあります。電車で約20分のところにあり、都心から近すぎず、遠すぎずという絶妙な都会感を味わうことができるのではないでしょうか。

浦安で住むならどこがいい?オススメ地区とは

浦安市は、大きく分けると3つの地区に分かれています。浦安駅に近い昔ながらの「元町」、東京ディズニーランドで有名な「中町」、比較的新しい埋め立て開発地である「新町」の3地区です。もし賃貸物件を借りるのに慣れていない、都会で暮らすときどこがいいのかわからないというのであれば、浦安の中でも新町をお勧めします。新町は先ほどもご紹介した比較的新しい賃貸物件が揃っている地区です。何かと一人暮らしはセキュリティ面でも不安だと思いますので、新町であれば新しいセキュリティの整った賃貸が多く揃っています。また、新町のどこがいいかというと、住環境がいいということです。道路が広く取られていたり、大型店が立ち並んでいたりと衣食住において困ることが少ないのではないでしょうか。

まとめ

もしも関東で賃貸物件を探したい、どこがいいのか迷っているという方には浦安市がオススメです。やはり東京に住むよりは、都心から離れた関東圏内が住みやすく、利便性に優れていると思います。一人暮らしを考えているという方は、ぜひ浦安市も候補に入れてみてください。東京ディズニーランドだけではない、様々な魅力があふれた街だと思いますよ。

536

賃貸物件を契約するには仲介手数料が必要!仲介手数料の相場を見てみよう

この記事をシェアするB!

賃貸契約の際には、様々な費用が必要となります。敷金、礼金はもちろんのこと、不動産に対して仲介手数料を支払わなければいけない場合があります。仲介手数料は大家さんとの仲介に対する費用です。賃貸契約の費用はできるだけ安く抑えたいと思う方は、ぜひ仲介手数料の相場を知っておきましょう。

気になる賃貸の仲介手数料相場とは?

賃貸契約の際、仲介手数料の相場はたいていの不動産屋さんで決まっております。多くの不動産や賃貸物件で仲介手数料を『家賃の1か月分+消費税』としていることが多く、家賃が高ければ高いほど仲介手数料の相場も上がってしまうということになります。例えば家賃が10万円の物件であれば仲介手数料は10万8千円ということになります。この仲介手数料を不動産での賃貸契約時に支払わなければいけませんので、賃貸契約の際にはかなりの予算が必要になるということがお分かりいただけるかと思います。この仲介手数料の相場は宅建業法という法律で家賃の一か月分以下と決められていますので、仲介手数料の相場も法律の範囲内ギリギリの金額になってしまうということです。

賃貸で仲介手数料の相場よりも手数料が安い時

先ほど紹介した仲介手数料の相場、「家賃の一か月分+消費税」ということでしたが、それよりも仲介手数料が安い場合もたくさんあります。例えば、他の費用が高い賃貸の場合です。敷金や仲介手数料の他にも鍵代、事務手数料、保険契約料など不動産によって契約の際にかかる費用が異なります。これらを合算すると高くついてしまうため、仲介手数料を相場よりも低く、あるいは無料にしているという場合もあるのです。そのため、諸費用も合わせて結果どのくらいお金がかかるのかを計算しなければ、仲介手数料が安くても損をしてしまうかもしれません。
さらに、相場よりも低い際には不動産屋さんではやく物件を契約したい理由があるのかもしれません。悪い物件というわけではなく、売れる見込みがあったのに買い手がつかない、ぜひこの物件を紹介したいという際にも仲介手数料は相場から低くなっているかもしれませんよ。

まとめ

最初に述べた通り、賃貸契約には仲介手数料だけではなく、様々な費用が掛かってしまいます。仲介手数料と諸費用を合わせて考えると、多めに予算を持って不動産屋さんに行くのがベストです。また、仲介手数料だけを見て相場より安いからお得だ!と考えてしまうのではなく諸費用を合算して費用を比較してみてくださいね。できるだけ賃貸契約を安く抑えるために仲介手数料の相場はとても大切な知識だと思いますよ。

534

賃貸物件の大家さんに課せられた修繕義務について学ぼう!

この記事をシェアするB!

物件を管理していくうえで、大家さんの仕事はたくさんあります。家賃の管理をしたり、入居者のトラブルに対応したりはもちろんですが、仕事の一つとして修繕義務というものが課せられています。大家さんだけではなく、これから賃貸物件で暮らす入居者さんたちにも大切な情報となりますので、大家さんの修繕義務について学びましょう!

大家さんに課せられた修繕義務とは?

大家さんの修繕義務は、法律でもしっかりと定められた義務です。民法第606条に、「賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。」と記載されています。この法律でいう賃貸人とは大家さんのことであり、賃貸物であるマンションやアパートを維持するために必要な修繕をおこなわなければいけないということなのです。このように修繕義務があるため、入居者が水漏れ、ガス漏れ、建物の破損など生活していくうえで大変な部分が破損していることを大家さんに報告すると、大家さんは修繕義務にのっとってかならず修理しなければいけません。もしも部屋になにか不具合を見つけた場合は、修繕義務を知っておくと速やかに大家さんに報告し、直してもらうことができると思いますよ。

修繕義務を守らない大家さんはどうなるの?

大家さんの中には、不具合を報告してもなかなか修理に踏み切ってくれない方もいます。やはり、修理代金が大家さん持ちなので躊躇してしまうのかもしれません。修繕義務はやはり法律で決められているものですから、無視してしまうと義務不履行となり、罰金が生じてしまうかもしれません。入居者からも義務不履行と判断されれば家賃の徴収ができない可能性もありますので、直す部分はきちんと直さなければいけません。やはり賃貸物件も入居者に貸している「売り物」ですから、入居者が生活しやすいように最低限のメンテナンスは定期的に行っていかなければいけませんね。
しかし、入居者が意図的に物件を破損させてしまった場合には修繕義務は発生しない場合があります。むしろ大家さんが器物損壊を訴えることができる場合もありますので、建物の取り扱いには注意しましょう。

まとめ

大家さんに課せられた修繕義務は、法律で定められた義務です。もしも何か不具合が見つかった場合は、すぐに大家さんに報告しましょう。すぐに修理してくれるだけではなく、次の入居者さんたちのためにもなるかと思います。大家さんや入居者だけの部屋ではありませんので、できるだけきれいに、そして後々の利用者たちが長く使えるようにお互い気を付けていかなければいけませんね。

532

賃貸物件でよく見るユニットバスのメリットとデメリットとは?

この記事をシェアするB!

賃貸物件、特に都会の物件であればユニットバスのお部屋をよく目にします。ユニットバスとは、浴室のお風呂が壁、床と一体になっているという建設方法が少し特殊な浴室のことです。設置が簡単ですので、最近ではユニットバスの賃貸物件が増えてきました。ユニットバスにも良しあしがあります。

賃貸物件にあるユニットバスのメリット

ユニットバスには、洗面台とお風呂が一体となっている「2点ユニットバス」と、トイレ、洗面台、お風呂が一体となっている「3点ユニットバス」の2種類があります。
ユニットバスのメリット一つ目は家賃が安めになるということです。ユニットバスは壁、床とお風呂が一体になっているため、設置がしやすく少ない経費で建てていくことができるのです。都会の賃貸物件探しで問題となるのが家賃の高さです。狭い部屋でも立地によって家賃が跳ね上がってしまいますよね。そんなときにユニットバスの部屋はそうでない部屋よりも5000円~1万円ほど家賃が安めになっています。2つ目のメリットは、掃除が楽ちんという点です。その部屋一帯をシャワーで一気に流すことができますので、床、壁の掃除が比較的楽に済むのではないでしょうか。

賃貸物件におけるユニットバスのデメリット

賃貸物件についているユニットバスのデメリットは、まず湿気がこもりやすいということです。お風呂を使用した後にトイレをしようとしても、むわっとした湿気を感じることもあるのではないでしょうか。都会のマンションはコンクリート打ちっぱなしの賃貸も多いため、さらに湿気がこもってしまい24時間換気が義務付けられている物件もあります。カビが生えてしまわないように気を付けて掃除をしていかなければいけません。
もう一つのデメリットは、シャワーに入りにくいということです。疲れを取ろうとお風呂を沸かしたときには、狭い範囲で何とかシャワーを済ませてトイレや洗面台に水が飛ばないよう配慮しなければいけません。一人暮らしをしながらうまくユニットバスを使いこなす工夫を考えていかなければいけないかもしれませんね。

まとめ

賃貸物件でユニットバスは多く設置されていますが、ユニットバスにもメリットとデメリットがあります。うまくユニットバスを使いこなすためにも良い点、悪い点を理解したうえで賃貸契約を進めていくべきかもしれませんね。少なくとも契約期間中はその賃貸物件で暮らすかと思いますので、楽しい生活を送っていくためにもユニットバス付の賃貸があった場合は内見でしっかりと特徴をつかむようにしてみてくださいね!

517

賃貸契約で発生する前家賃とは?前家賃の仕組みを学ぼう!

この記事をシェアするB!

賃貸契約をするときには、必要なものがたくさんあります。免許証といった身分証明書、印鑑が契約に必要になってきますし、敷金、礼金など契約時に払わなければいけない費用も多めに必要です。不動産屋さんによっては、賃貸契約の際に前家賃という料金も発生する場合があります。前家賃とは一体どんな仕組みなのでしょうか。

賃貸契約における前家賃とは?

前家賃とは、その名の通り賃貸契約の時に家賃の1か月分、あるいは2か月分を入居前に前もって支払うというものです。多くの賃貸物件の場合、前家賃を日割りで支払うという場合が多いです。つまり、4月の15日に入居するのであれば、入居してから4月30日までの15日分で家賃を割った金額を前家賃として支払う場合が一般的です。日割りの場合は月初めに入居するほど前家賃の料金はかかるようになってしまいますよね。しかし、入居する月の分はその月のいつに入居しても1か月分支払わなければいけないという場合もあります。この場合はとにかく1か月分が前家賃として決められている場合であり、駐車場の契約などで多い仕組みです。賃貸契約時にどのような前家賃の仕組みになっているのか確認しておきましょう。

前家賃は賃貸契約でも払わない場合がある

賃貸契約ならば毎回どの不動産、賃貸物件でも前家賃を支払わなければいけないというわけではありません。例えば、郊外の賃貸物件や比較的家賃が安めの物件では、前家賃が契約に含まれていないという場合もあります。さらに、最近では「フリーレント」という形式の賃貸物件も増えてきました。フリーレントとは、賃貸物件で一定期間家賃が無料になるという形式の契約です。前家賃はもちろん、通常の家賃も期間内であれば支払わずに済むようになっています。フリーレントの場合は前家賃がかからない分初期費用がかなり安く抑えられますが、立地があまりよくなかったりほかの諸費用がかさんでしまったりという場合もありますので、契約内容はしっかりとみて契約をすることで、ほかの物件との比較ができるかと思います。

まとめ

今回は賃貸契約における前家賃について、基本的なことをお話ししました。
賃貸契約にはとてもお金がかかりますので、前家賃も含めて計算し、お財布に余裕をもって不動産に行くといいかもしれませんね。前家賃は多くの物件で採用されている初期費用ですから、前家賃について考えておくと賃貸契約の際にスムーズに進むと思いますよ。

513aaa

大家さんと不動産屋さんの違いは?生活の上で関わりはあるの?

この記事をシェアするB!

引っ越しがうまくいっても、賃貸物件で生活していく上では大家さん、不動産とのかかわりは切っても切れない関係です。しかし、大家さんと不動産の違いは分からないという方も多いのではないでしょうか。これからかかわっていくであろう大家さん、不動産との関係について少し勉強してみましょう。

よく関わるのは大家さん、不動産は仲介業者

簡単に2つを区別すると、部屋のことなど日常的なことを管理してくれるのは大家さん、大家さんと入居者との関係を仲介してくれているのが不動産と考えておくといいかもしれません。不動産は部屋探しや契約のお手伝いをしてくれます。部屋探しをするうえで、主にかかわるのは不動産ですよね。無事に部屋を決めることができたら、大家さんとの仲介をしてくれるのです。不動産も、入居者側の希望と大家さん側の希望を踏まえて、お部屋の紹介をしています。大家さん側もこのような人は嫌だ、生活リズムが異なる方はちょっと…というような条件があるそうですので、お互いの希望をうまく仲介してくれているのが不動産です。入居した後は、大家さんがゴミ捨て場の管理をしてくれたり、家賃の管理、トラブルなどに対応したりしてくれるのではないでしょうか。
しかし、駐車場や水道などは不動産など、管理会社に委託して管理をしているという場合もあります。そのような場合は大家さんに相談してもすぐに対応してくれない場合があるかもしれませんね。

不動産ではなく大家さんが自主管理している物件も

多くの賃貸物件は不動産や管理会社が管理している物件が多いかと思います。
しかし、大家さんが自主管理しているという物件も数多く存在します。そのような場合はマンション管理や家賃、設備管理などすべて大家さんがやっているかと思います。不動産がかかわっておらず、大家さんが管理している物件は不動産への仲介料など、余計な費用が掛からないというメリットがあります。不動産が仲介している物件は仲介料がかかる場合が多いので初期費用が少し高くなってしまうのです。しかし、大家さん一人が管理している場合は管理が行き届かず、ゴミ捨て場が少し汚れてしまうという場合もあるかもしれませんね。

まとめ

大家さんと不動産の違いはお分かりいただけたでしょうか。大家さんが管理している物件、不動産が管理している物件にもそれぞれ特色があります。二つの違いを理解しておくと契約や、トラブルの相談がスムーズにいくかもしれませんね。しかし、不動産も大家さんもどちらとも関係作りが重要となりますので、いい関係を作っていると暮らしを助けてくれると思いますよ。

511aaa

住みやすさを重視するなら浦安!ほかの市にはない浦安の魅力とは?

この記事をシェアするB!

皆さんは、「住みやすさ」に何を求めますか?適温で暮らすことができる環境や、とにかく駅に近いということを重視する方もいらっしゃるかと思います。様々な「住みやすさ」の視点があると思いますが、関東圏内で圧倒的に住みやすいのは千葉県浦安市です。今回は、東京ディズニーランドだけではない、浦安市の魅力をいくつかご紹介したいと思います。

浦安の住みやすさ①新旧が共存した街並み

浦安は、大きく分けると元町、中町、新町の3つに分けることができます。元町は昔からある懐かしいような街並みで、魚市場が有名な地区です。特に浦安市では「貝」が名産となっているようです。スーパーも多く、住みやすさは高いのではないでしょうか。元町の住みやすさは、やはり人情あふれるような街並みなのではないでしょうか。いい意味ですれていない優しい街並みだと思います。仕事などで上京してくるという方でも安心して生活することができるのではないでしょうか。また、新町は住宅街や新築のマンションが多い地域です。セキュリティ、防犯、建物自体の安全性が魅力の地域です。今後まだまだ埋め立てや開発が進んでいく地域だと思いますので、今後さらに住みやすさが増していくかもしれませんね。このように、浦安は新しいような街並みと、駅前のノスタルジックな街並みが共存した、住安さの高い地域なのです。

浦安の住みやすさ②公園が多い

浦安のもう一つの魅力は、公園が多いという住みやすさです。市内にはいくつもの公園があり、特に駅近くに集中しているような印象を受けます。一人暮らしの方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、家族世帯にとって公園はかなり重要な生活の一部なのではないでしょうか。公園が多いということは自然が多いということにもつながりますし、生活していく環境としてはかなり住みやすさが高いのではないでしょうか。都会ではなかなかランニングをしたり、運動をする広い環境を確保できません。近くに公園がたくさんあるというのは運動好きの方にとってポイントとなると思いますよ。

まとめ

浦安市の魅力、住みやすさをいくつかご紹介しました。まだまだ住みやすさにつながるポイントはたくさんあるので、ぜひ一度生活してみて体験していただきたいものです。
関東圏内でも高い住みやすさを誇りますので、これから部屋探しをするという方はぜひ浦安市でお部屋探しをしてみてください。東京にはない魅力がたくさんあると思いますよ。

509

関東圏内で一人暮らしをしたいなら初めてでも住みやすい浦安がオススメ!

この記事をシェアするB!

新生活が始まるとき、問題になるのがお部屋探しです。一人暮らしとなると、契約や部屋探しも不安の中一人で始めなければいけないかもしれません。これからお部屋探しを始める方にも、どこに住もうか迷っている方にも是非お勧めしたいのが千葉県浦安市です。関東圏内たくさんの市区町村がありますが、どうして浦安市がオススメなのでしょうか。

浦安市の一人暮らしならスーパーが多い!

浦安市で一人暮らしをすると、スーパーが多いため暮らしやすいと思います。浦安市には浦安駅、新浦安駅、舞浜駅と3つの大きな駅がありますが、特にスーパーが多いのが浦安駅前です。近辺に4つの大きなスーパーがあるため、活用次第では食費を少なめに抑えることができるかもしれません。都市近辺では安めのスーパーがなく、デパートしかないという駅も珍しくはありません。一人暮らしはどうしても費用を抑えたいものですから、スーパーを活用することで貯金もできるかもしれませんね。また、24時間空いているスーパーもありますので、仕事や学校が遅くなってしまっても安心ですね。割引で安くなっているお惣菜も手に入るかもしれませんよ。

浦安市の一人暮らしは安心!

浦安市は住宅街として発展させるために埋め立てしていった新開発都市です。浦安駅前には築年数が比較的長めの賃貸物件、新浦安駅前には新築の賃貸物件が多く立ち並んでいます。新築の賃貸物件が多い新浦安であれば、一人暮らしを始める際にセキュリティ、防犯面で安心して暮らしていくことができます。都会のマンションはピンキリで、安いマンションを探すのであれば防犯面はあきらめなければいけないこともあります。しかし、都市部から少し外れた浦安では少し安めに、新築物件を借りることができるかもしれません。特に女性の一人暮らしであればセキュリティのしっかりしたお部屋探しができる浦安のほうが安心かもしれませんね。開発途中ということで、新浦安には賃貸物件が多く立ち並んでいます。早くひゃさがしを始めることができれば、たくさんの選択肢の中から一人暮らしを始めることもできるかもしれませんよ。

まとめ

一人暮らしを始めるのであれば、浦安市がオススメです。都会から近い適度な住みやすさと、スーパー、市場など生活のしやすさがうまく共存している都市だと思います。浦安市はとても落ち着いた雰囲気の市ですから、初めての一人暮らしでも安心して新生活を始めることができるのではないでしょうか。もしこれから部屋探しをするのであればぜひ浦安市に住んでみてくださいね。

507aaa

浦安市は治安がいいの?浦安に住んでいる人はどんな人?

この記事をシェアするB!

部屋探しは、かなり大きな決断です。少なくとも数年はその土地に住むことになりますから、安心して生活することができる土地で素敵な部屋を見つけたいですよね。今回は、千葉県浦安市で部屋探しをしようとしている方向けに、浦安市の治安について紹介していきたいと思います。浦安市の治安はいいのでしょうか?

浦安市の治安は全体的に良好!

浦安市、昔は治安が少し良くなかったようです。東京ディズニーランドがあることで変な人も集まってきますし、海沿いは少しやんちゃな人たちが集まっていました。しかし、現在浦安市の治安はかなり改善しているようです。特に、元町という浦安の中心となる町はかなり治安がいい街と言われています。元町は浦安市の中でも昔からある土地ですので、現在はご年配の方が多く住んでおり、落ち着いた印象の街になっています。さらに、現在住民の見回りや、パトロールカーの巡回があり、犯罪がかなり減ったそうです。目立った犯罪は近年報告されておらず、関東の中ではかなり治安がいい街として浦安市は誇ることができるのではないでしょうか。中心となる元町、新町、中町から離れたところになると少し伝統の数が少ないかもしれませんので、中心部から離れた町を夜歩くのは危険かもしれませんね。しかし、これはもちろんどこの市区町村でもいえることですから、浦安に限らず治安を気にするのであれば十分に注意して夜道は歩くようにしましょう。

浦安市の治安はいいけど観光時期は注意!

浦安市自体の治安はいいのですが、夏休み、春休みなど観光シーズンには人が押し寄せてきます。それは、やはり東京ディズニーランドの集客力ではないかと思います。人が集まってきてしまうと町が汚れてしまったり、騒がしい人も多くなったりしてしまいますから、街の雰囲気も変わってしまうかもしれませんね。しかし、これは浦安市で暮らしていく上ではあまり問題にならないかと思います。ディズニーランドの目の前で暮らすわけではありませんし、総じて治安の良さは変わらないといえるのではないでしょうか。

まとめ

簡単にまとめると、浦安市の治安は関東圏内でもかなりいいといえると思います。目立った犯罪がない、犯罪を抑止できているという点で、安心して暮らしていくことができると思いますよ。特に、女性であれば急に犯罪があるという恐怖はすさまじいものだと思いますので、ぜひ浦安のような治安のいい、素敵な街に住んでみてはいかがでしょうか。

505

浦安市が誇る順天堂大学付属浦安病院について詳しく知ろう!

この記事をシェアするB!

浦安市と言えば、東京ディズニーランドが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。夢の国がある浦安市は、あまり市としてのイメージが薄いかもしれません。しかし、浦安市は千葉県の中でもとても住みやすい街なのです。今回は、浦安市の魅力の一つである順天堂大学附属浦安病院についてご紹介したいと思います。

浦安市には順天堂のような大規模病院がある!

順天堂大学付属浦安病院は、やはり大学病院ならではの利点がたくさんあります。初診は紹介状がないとみてもらうことができませんが、開業している病院とは医療の質が全く異なります。開業医はお薬の使い方や治療を経験に頼ってしまうところが多いですが、大学病院のような大きい病院はガイドラインに沿って治療を進めていくため、最新レベルの医療を受けることができます。市の中に大学病院があるという場所は少ないので、もし急に治療が難しい病気にかかったとしても安心して手厚い医療を受けることができます。スタッフの対応がいいことでも評判ですので、順天堂大学附属浦安病院がある町という点で魅力的なのではないでしょうか。一人暮らしでの急な病気はとても怖いものですから、もしもの時のために知っておくといいかもしれませんね。

浦安市に根付いた順天堂

浦安市だけではなく、千葉県全体の地域医療を担っているのも、順天堂大学付属浦安病院です。もちろん、小さな町医者も大切なのですが、地域に一つ大きな病院がないと、地域医療は成り立ちません。特に順天堂大学付属浦安病院は医療の最後の砦です。難しい手術、難しい病気が一極集中しますので、とても大切な施設なのです。もちろん、医療だけではなく研究にも力を入れており、最先端医療の一端を担っているのです。最近の研究では、血液内科の研究がアメリカの血液学会雑誌に掲載されるという快挙を成し遂げました。
今後日本の医療を担うような研究も発表されるかもしれませんね。浦安市から世界の医療を担うような医療が解明されたらとても素敵なことだと思います。

まとめ

浦安市が誇る順天堂大学付属浦安病院の魅力についてお分かりいただけたでしょうか。地域に一つ大きな病院があるということで、一人暮らしや家族暮らし、子育ての面でも安心して暮らしていくことができると思います。病気なんてかからないよ!と思っていても病気はいつやってくるかわかりません。千葉県浦安市は大きな病院のある、素敵な場所なのです。

503

引っ越しと管理会社の関係とは?引っ越しの際に忘れてはいけないこと

この記事をシェアするB!

賃貸物件を借りているときに、大家さんとのかかわりは多いかもしれませんが管理会社とのかかわりはなかなかないかもしれません。設備に不具合があったり、近隣住民とのトラブルがあったりした場合には管理会社と連絡を取るかもしれませんね。しかし、もう一つ忘れてはいけないのが引っ越しの際に管理会社に連絡を取るということです。

引っ越し・解約時に管理会社に連絡しよう

引っ越しをする際には、必ず管理会社に連絡しなければいけません。
特に賃貸契約が終わり、今までの物件を解約するという場合には管理会社に連絡を取る必要があります。引っ越し時に管理会社に連絡すると、契約内容の確認や引っ越し前に行わなければいけない手続きを行うことができます。例えば、ハウスクリーニング、傷の確認といった後処理や、引っ越しの際の引き渡しにも連絡が必要となります。管理会社に連絡を取らないと退居とならず、引っ越しは済ませているのに余計なお金を払わなければいけないという場合もありますので気をつけましょう。また、敷金は引っ越しの際に戻ってくるはずですが、連絡を怠ってしまうと敷金が戻ってこない場合もあります。引っ越しには何かとお金がかかりますから、敷金も無駄にしないようにしてくださいね。

引っ越し・入居時にも管理会社に連絡しよう

引っ越ししてきた、入居先に入る際にも管理会社への連絡が必要な場合があります。例えば、水道やガスを通すという時です。ガス、水道会社に直接連絡をするという場合もありますが、管理会社に連絡を入れることでガス、水道を通してくれるという場合もあります。また、入居してからのトラブルに対応してくれるのが大家さんか、管理会社です。ご近所トラブルは大家さんが対応してくれるかもしれませんが、ライフラインのトラブルは管理会社に連絡を取ることでそのマンション御用達の専門業者に連絡がいく場合もあります。契約の際に契約書に管理会社の連絡先も書いてあると思いますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

引っ越しをする際には、入居時も退去時も必ず管理会社に連絡するようにしましょう。
大家さんだけではなく、管理会社も賃貸生活には深く関わっていますから、引っ越しの際にはお世話になることが多いかと思います。なにか困ったことがあったときにも、管理会社で助けてくれると思いますよ。いざという時に管理会社さんの連絡先を知っておいて、すぐに連絡できるようにしておくといいかもしれませんね!

501

もしもの時大家さんと管理会社とどちらに連絡を取ればいいの?

この記事をシェアするB!

賃貸物件で生活していると、どうしてもトラブルに遭遇します。もしもの時は大家さんや管理会社に連絡して、解決してもらわなければいけません。大家さんか管理会社、いったいどちらに連絡すればいいのでしょうか。両者の使い分けをしっかりと理解しておきましょう。

大きなトラブルは大家さんよりも管理会社が多い

大まかに大家さんと管理会社の区別をつけるとすれば、入居者の管理は主に大家さん、住居や施設の管理は管理会社に委託されているという場合が多いそうです。
使い分けを考えるとすると、水道や住居関係のトラブルは管理会社に連絡するといいかもしれません。住居の管理は、管理会社が専門業者に委託しているという場合があります。もしも大家さんに連絡してしまうと管理会社さんに又継ぎとなりますので、トラブルの解決に時間がかかってしまうことがあります。住民同士のトラブルや騒音といったトラブルは、入居者のことをよく知っている大家さんに相談してみるといいと思います。

大家さんと管理会社の関係は契約書をきちんと見てみよう

管理会社が管理している場合は住居の看板や契約書に管理会社○○というような記述がありますので、事前に確認しておくといいかもしれません。管理会社と大家さんで細かい連絡わけがあるのであれば、水道は○○というように、連絡先が書いてあると思いますよ。
逆に、大家さんが自主管理しており、管理会社がマンションにかかわっていない場合もあります。その場合は、すべてのマンション管理を大家さんが担っていますので、トラブルの連絡先も大家さんになります。水道やガスのトラブルの際にも大家さんが懇意にしている専門業者がある場合が多いので、トラブルの解決がスムーズに済むかと思います。
このように、大家さんと管理会社の仕事が異なる場合がありますので、契約時にしっかりと確認して、連絡先を控えておくようにしましょう。

まとめ

大家さんと管理会社の違いはお分かりいただけたでしょうか。どちらも賃貸物件で生活していくうえで重要な存在となりますので、いざというときに連絡できるようにしておいたほうがいいかもしれませんね。特に大家さんとの人間関係は良好にしておいたほうが家賃交渉など融通が利くことが多いと思いますので、日々すれ違ったときの挨拶のような常識的な対応を取っておくともしもの時に安心できるかもしれませんよ。

499

マンション管理を始める前に市場情勢を確かめよう!

この記事をシェアするB!

昔から現在まで、マンション管理市場は広く、一般の方でもマンション管理を始めることができるようになっています。しかし、マンション管理も経済です。きちんと市場があり、数少ない入居者をめぐって日々マンション管理市場が動いています。現在、マンション管理市場はどのような情勢になっているのでしょうか。また、今後マンション管理市場はどのように動いていくと予想できるのでしょうか?

マンション管理市場は縮小傾向?

マンション管理市場は様々な原因で縮小傾向にあります。例えば、近年の人口減少、都市への人口集中によるものです。一人暮らしで賃貸を借りるという方も増えていますが、その分家族向けの分譲マンションのニーズは少しずつ落ちてきています。
また、マンション管理市場は現在大手管理会社に集約されつつあります。三菱、三井、東急と言った大手管理会社が代表的かとは思いますが、どんどん市場に大手会社が参入しており、マンション管理を小規模で行っていくことは難しくなってきました。大手企業という安心感や社会保険の適応拡大によって中小会社、個人のマンション管理はコストがかかるようになってきているのです。

マンション管理市場は今後どうなっていくの?

マンション管理市場の今後を考えるうえで考えなければいけないのがやはり少子高齢化です。先ほども述べましたが、子供世帯が少なくなること、そして高齢者が増えることで引っ越しが少なくなってくるということは考慮しなければいけない問題であると思います。しかし、マンション管理の仕事はただ入居者の募集、管理をするだけではありません。物件の設備管理、駐車場経営など、マンション管理人でなければいけない仕事がまだまだたくさんあります。マンション管理市場が縮小していても未だなお根強い人気があるのは新築マンションです。さらに、東京周辺の関東であればマンション管理市場の競争が盛んでありまだまだ未来のある市場と言えるでしょう。

まとめ

マンション管理市場は大手会社に集約されつつありますが、未だに大金が動く夢のある市場です。マンションのオーナーというだけで夢が溢れる言葉だと思います。さらに、マンション管理市場はマンションの数に比べて手薄であるということも言えるかと思います。まだまだマンション管理市場のニーズは高いので、興味がある方はぜひ勉強してみてはいかがでしょうか。

497

マンション管理の未来と浮き彫りになった課題とは?

この記事をシェアするB!

求人などで、マンション管理者募集の広告を目にしたことはありませんか?副業としてマンション管理に手を出しているという方もたくさんいらっしゃるかと思います。マンション管理業界の課題とはどのような点にあるのでしょうか。また、マンション管理は今後どのようになっていくのでしょうか。

マンション管理の課題①修繕費

マンション管理を行っていくうえで課題として浮上してくるのが、修繕費です。地震大国の日本ですから、耐震面も含むマンション管理は重要です。2000年に耐震基準が改定され、多くのマンションが建て直し、修繕となってしまったことは覚えている方もいらっしゃるかと思います。基準は時間がたつごとに変わっていくものですから、マンション管理においては「修繕費」が課題になってくるかと思います。耐震工事など大規模なものは国、市町村が負担してくれるものもありますが、もちろん管理者側が支払わなければいけない修繕費もたくさんあります。特に築年数を重ねてきたマンション管理を行う場合は修繕費が課題となります。古いマンションであれば必ず改善しなければいけない部分が多く出てきます。これからマンション管理を始めてみたいという方は、修繕費など諸費用も考えて初めて見るのがいいかもしれませんね。

マンション管理の課題②人口減少

マンション管理において今後課題になってくるのが人口減少です。特に、若い世代の人口が減少してくるということはマンション管理の今後を考えるうえで避けては通れない課題です。新築、デザイナーズマンション、フリーレント式のマンションなど様々な特典の付いたマンションも増えてきています。マンション管理は入居者がいないことにはうまく回っていきません。若い世代に魅力を感じさせるようなマンション管理ということを考えていくのが、マンション管理市場を生き残っていく課題になるのではないでしょうか。人口減少はそのまま入居者の現象とも言い換えることができます。時代の変化に対応したマンション管理が今後の課題になってくると思います。

まとめ

今回は、マンション管理における課題を2つご紹介しました。マンション管理は、大きなお金が動く一大ビジネスです。始めるからにはぜひ成功させたいものですよね。マンション管理を上手く回すコツは時代の変化に合わせた課題を見つけていくことなのではないでしょうか。マンション管理はただ家賃や入居者の管理をするだけではなくマンション自体を住みやすい環境にしていくことも重要な課題なのです。

495

マンション管理って意外と大変?甘く考えてはいけない設備管理とは

この記事をシェアするB!

マンション管理は入居者管理、不動産との交渉といった面だけではありません。マンション管理を考えた時に、最も大切になってくるのが設備管理です。特に安全性を売りにするようなマンションでは設備管理に重きを置かなければいけませんよね。マンション管理における設備管理では、いったいどのような仕事が行なわれているのでしょうか。

マンション管理で行われる設備管理①建築法

マンション管理では、やはりマンション自体の管理が設備面で大切になってきます。国土交通省が作成した「マンション標準管理規約」によると、建物・設備管理業務もマンション管理に含まれています。マンション管理における設備管理は、「建築法」という法律でも定められている設備管理義務です。特に日本は地震大国ですから、耐震面の設備管理が重要になってきます。毎日使っているエレベーターの点検も定期的に行わなければいけませんよね。
マンション管理業務では、マンション自体を維持するためにも日々点検、安全確認を行っていかなければいけないのです。

マンション管理で行われる設備管理②水道法・消防法

水道、消防面の設備管理もマンション管理業務に位置付けられています。どちらも水道法、消防法で義務付けられている重要な設備管理です。水道の設備管理では、水槽の清掃、水道管の点検、水漏れ、排水管清掃など多くの業務が定められています。水は大切なライフラインですので、点検して維持しておかなければいけません。また、消防の設備管理では火災報知機や消化器の設置、避難設備を設置しなければいけません。
マンション管理とひとくくりにしていますが、管理人が行なわなければいけない設備管理は多種多様なのです。それぞれ点検や設置の専門業者にお願いして、正式に安全性を認定される必要があります。それだけ人が生活するマンション管理を行うということは重要な業務なのです。

まとめ

マンション管理における設備管理の重要性、大変さが分かっていただけたのではないでしょうか。今回紹介した設備管理はほんの一部です。すべて外部の専門業者に委託して設備管理をしていくことになりますので、困ったときにすぐ連絡できる業者を確保しておくことは大切です。マンション管理を怠ると住民が安心して暮らすことができなくなるだけではなく、様々なトラブルの原因にもなってしまいます。管理人であるということを理解して、設備管理業務を怠らないようにしましょう。

492

お部屋探しなら浦安駅前!浦安駅前で生活する際の魅力とは?

この記事をシェアするB!

皆さんは、浦安市に行ったことはありますか?千葉県浦安市と言えばやはり東京ディズニーランドをお目当てに行くということが多いかもしれません。しかし、浦安駅前を素通りするのはもったいない!浦安駅前には、生活しやすい環境が整っているのです。今回は、浦安駅前の魅力をいくつかご紹介したいと思います。もしこれからお部屋探しを始めるのであれば、参考にしてみてくださいね!

浦安駅前の魅力①駅前にお店が充実している

浦安駅前の魅力と言えばやはり生活するために必要なお店が充実しているという点です。
都市や、東京に近ければ近いほど、駅前は充実していますがデパートやブランド店など、少し高めのお店が多いという印象はありませんか?デパ地下などもたまに行くならいいかもしれませんが、生活していくには不向きなお店です。しかし、浦安駅前にはしっかりとスーパーがあり、100円ショップもあるため、生活必需品を浦安駅前でそろえることができます。さらに、魚市場もありますので新鮮なお魚を楽しむこともできるのではないでしょうか。一人暮らしではお寿司屋さんなどでないとなかなか生魚を楽しむ機会がないかもしれません。魚市場も浦安駅前のステキな観光スポットです。
わざわざ都市部に電車で向かうことなく生活することができ、さらに東京に近いという点が浦安駅前の魅力です。

浦安駅前の魅力②駅前には物件が多い!

不動産的な浦安駅前の魅力もご紹介したいと思います。浦安駅前には、物件が多いという点が素敵なポイントなのではないでしょうか。どうしても関東は人口が多いため、部屋探しに難航してしまう傾向があるかと思います。駅近、都市部などはすぐに入居者が決まってしまいますよね。浦安駅前であれば複数の選択肢からうまく自分に合ったお部屋を選ぶことができるのではないでしょうか。最近建てられた新築の物件も多いですので、セキュリティ、建築面でも安心して生活することができます。特に関東圏は地震が怖いですよね。新築のほうが耐震面で充実しているかもしれません。

まとめ

浦安駅前の魅力はまだまだたくさんあります。実際に住んでみるとその素敵な生活を実感することができるのではないでしょうか。初めてのお部屋探しや一人暮らしでも、安心して生活することができると思いますよ。浦安はこのように魅力あふれる街ですので、千葉県、そして浦安駅前の生活を堪能してみてくださいね。

485

アパートならではの内見ポイントを押さえよう!~内見で失敗しないコツ~

この記事をシェアするB!

皆さんは内見に行ったことはありますか?内見とは、賃貸契約をする前にあらかじめ空室を見に行くことができるというものです。部屋探しの際には内見をすることで紙やネットで見た情報よりも様々な情報を得ることができます。また、アパートにはアパートならではの内見ポイントがあります。アパートの内見では何を見ればいいのでしょうか。

アパートの内見ポイント①生活音を確認しよう

アパートの内見ポイントとして、隣人の生活音の確認は重要です。アパートといえば、生活音が気になってしまいませんか?防音がついているアパートも増えてきましたが、やはりその機能も不十分であることが多いです。防音有りと書いていても、できるだけ周囲の音に耳を澄ませてみましょう。壁越しに隣の音を少し聞いてみたり、窓を開けて周囲がうるさくないかも確認してみたりするといいかもしれません。もし生活音が聞こえてしまう場合には、洗濯やドライヤーの音などに気を付けなければいけないことも。実際にアパートに行くことでしか、防音という内見ポイントは確認することができませんので、ぜひ注目してみてください。

アパートの内見ポイント②収納を見てみよう

2つ目の内見ポイントは収納です。収納に関しては情報だけではわかりにくいことが多いです。大きさや深さなどを確認しておくと便利だと思います。特に女性の場合は服など荷物が多くなりがちですよね。アパートの内見ポイントとしては、収納の量と場所が大切です。広い収納があっても、目の前にベッドを置かざるを得ない場合にはふさがってしまうかもしれません。さらに、浴室やキッチンの収納が充実していないと生活していくときに考えて収納していかなければいけません。
築年数が長いアパートであれば収納スペースのにおいも内見のポイントとなります。部屋自体のにおいはハウスクリーニングで何とかなりますが、収納の中には生活臭が漂っていることも。内見ポイントとして家の雰囲気、かおりといったことも重要になります。

まとめ

今回は、アパートの内見ポイントを2つご紹介しました。しかし、アパートの内見ポイントはまだまだあります。ぜひ自分で内見ポイントを見つけて、準備してから内見に向かいましょう。内見できる時間は限られていますから、内見ポイントを押さえて有効に使ってくださいね。目で見て、実際にアパートに触れて部屋の雰囲気をつかむようにしましょう!

480

賃貸管理をするなら知っておくべき騒音トラブルの判例まとめ~パート1~

この記事をシェアするB!

賃貸管理における騒音は、居住者同士だけでなく、オーナーや管理会社と居住者の間でトラブルを引き起こす原因にもなります。
過去に賃貸管理における騒音トラブルによってどんな判例があったのかを知ることで、未然にトラブルを防ぐことが出来るかもしれません。
いくつか判例を紹介します。

賃貸管理における騒音トラブルの判例 ケース①

とあるマンションで、騒音を立てる上の階の居住者に対して、下の階に住む居住者が慰謝料を求めて提訴しました。
騒音の原因は、上の階に住む居住者の子供が昼夜関係なく、部屋を跳ね回ったり走り回ったりしていたことです。
騒音のレベルは、普通の人であればかなり不快に感じる音量で、時には長時間に及ぶこともありました。
下の階に住む居住者は、提訴する前に上の階の住人に注意をしましたが、マットを敷く程度の対応をしただけで、子供が走り回る音自体は鳴り止みませんでした。
この不誠実な対応のせいで、下の階の居住者は提訴に踏み切ってしまったとも言えるでしょう。
結局この判例では、下の階の居住者の提訴が認められ、上の階の居住者は30万円の慰謝料を支払うことになりました。
もし、下の階の居住者が管理会社やオーナーに騒音について相談していた場合、ここまで大事にはならなかったかもしれません。
オーナーはもし居住者の相談を受けたら、注意書きを掲示したり、直接騒音を立てる居住者に注意したりという迅速な対応をしなくてはいけません。

賃貸管理における騒音トラブルの判例 ケース②

こんな判例もあります。
とあるマンションの一室で、管理会社によるフローリングの工事が行われました。
ただフローリング工事が終わってからというもの、その下の階に住む居住者が騒音に悩まされ、寝ることも困難になってしまいました。
結局下の階の居住者は騒音を理由に退去し、その後騒音によって精神的な苦痛を受けたとして、マンションの管理会社に慰謝料を請求する訴えを起こしました。
後の調査で判明したのは、上の階の居住者が騒音を立てていたわけではなく、工事されたフローリングの遮音性が悪かったということです。
下の階の居住者が管理会社を訴えたのは、フローリング工事がされてから明らかに騒音が聞こえるようになったからという理由でした。
この判例では、精神的な苦痛を受けるほどの重大なトラブルではないという判断が下され、結果的に下の階に住む居住者の訴えが棄却されています。
ただ騒音の程度によっては、管理会社に慰謝料の支払いが命じられていた可能性は十分にあります。
この判例は、賃貸物件のオーナーにとっても他人事ではありません。
部屋のリフォームをする際には、床の遮音性に十分配慮するべきでしょう。

まとめ

賃貸管理をするオーナーは、騒音トラブルがなるべく大事にならないように、普段から注意喚起することが大切です。
賃貸管理における騒音トラブルは1番多いトラブルであり、完全になくすことは不可能です。
ただ1番多いトラブルだからこそ、様々なことを想定して対策を立てやすいとも言えます。

477

オーナーは管理会社以外に掃除を委託することは出来るの?

この記事をシェアするB!

賃貸物件のオーナーは、管理会社に物件の掃除を依頼するのが一般的です。
ではオーナーは、管理会社以外に掃除を委託するは出来るのでしょうか?
管理会社に掃除を委託する場合と、様々な角度から比較してみましょう。

管理会社以外に掃除を委託することは可能!

賃貸物件のオーナーが掃除を委託する際は、大きく分けて2つの方法に分かれます。
1つは、管理会社に直接委託する方法です。
管理会社の従業員、または管理会社が委託した清掃業者によって、賃貸物件が掃除されます。
もう1つの方法は、オーナーが自ら掃除の専門業者に委託するという方法です。
自分で業者を探すため手間はかかりますが、1番納得して委託業者を決定出来る方法ではあります。

管理会社以外に掃除を委託する場合、どこを選ぶのがおすすめなのか?

管理会社に掃除を委託する場合も専門業者に委託する場合も、費用で考えるとそれほど大きな違いはありません。
ただ、それならばわざわざ自分で専門業者を探さなくても、管理会社に委託してそこから専門業者に委託してもらう方が効率は良いと言えます。
従って、管理会社以外に掃除を委託する場合は、確実に管理会社よりも費用が安い所に委託することをおすすめします。
その1つとして、「シルバー人材センター」という団体があります。
シルバー人材センターは、60歳以上の高齢者従業員によって成り立っている団体で、掃除等の軽作業を格安で請け負ってくれます。
管理会社への依頼、専門業者への依頼であれば、月2回程度の掃除を委託するだけで月額15,000円~20,000円程度かかると言われています。
シルバー人材センターの場合は、基本的に時給1,000円程度で請け負ってくれる場合が多いです。
月2回の清掃が1日3時間だとすると、毎月の支出は7,000円前後に抑えることが出来ます(交通費等を含む)。
もちろん、シルバー人材センターの従業員は掃除のプロではありません。
オーナーは、しっかりとした清掃が出来ていないと不満に感じることもあるでしょう。
ただ、それは管理会社に委託した場合でも言えることです。
管理会社の従業員による掃除も、言ってしまえば掃除のプロによる仕事ではありません。
そう考えると、格安で掃除の委託が出来るシルバー人材センターはとてもお得と言えるでしょう。
シルバー人材センターも数多くの従業員を抱えていますので、もし掃除のやり方に納得がいかなかった場合、従業員を代えてもらうことも容易です。

まとめ

管理会社に掃除を委託しておくだけが、オーナーの選択肢ではないということは分かって頂けたかと思います。
もちろん支出を減らすことばかり考えるのはNGですが、委託する業務に関して同じくらいの期待値である選択肢ならば、支出が抑えられる方を選択するのが賢いと言えます。

467

賃貸契約をする際に必要な「仲介手数料」ってどんな費用?

この記事をシェアするB!

借主は賃貸契約をする場合、「仲介手数料」という費用が必要になります。
この仲介手数料という費用は一体誰のために、何のために支払われる費用なのでしょうか?
また仲介手数料が安かったり、無料で賃貸契約が出来たりするということは、借主にとってメリットなのかどうかも解説したいと思います。

賃貸契約をする際に必要な「仲介手数料」という費用の概要

借主は、賃貸契約を成立させるまでに様々な手続きをしなくてはいけません。
まずは自分の希望に合った物件を探す所から始まり、部屋を内見し、最終的には契約のための書類を提出して、初めて賃貸契約が成立します。
賃貸住宅仲介業者では、賃貸契約までの手続きをサポートしてくれます。
希望に合う物件を一緒に探してくれるのはもちろん、物件のオーナーに対して家賃の値下げ交渉なども行ってくれます。
借主が賃貸契約をするまでのサポート、より良い条件で賃貸契約を結ぶためのサポートに対して賃貸住宅仲介業に支払われるのが「仲介手数料」という費用です。
もちろん仲介手数料は、部屋が決まらなかった場合には一切発生しません。
賃貸契約が成立したときに、成功報酬という形で借主から賃貸住宅仲介業者に支払われます。
仲介手数料は、基本的に同じ賃貸住宅仲介業者で費用が上下することはありません。
したがって借主は、賃貸住宅仲介業者を利用する際、依頼出来る範囲で最大限に賃貸契約のサポートをしてもらうことが出来るのです。

賃貸契約をする際に必要な仲介手数料が安いのは、借主にとってメリットなの?

賃貸住宅仲介業者の中には、仲介手数料がとても安かったり、費用が無料になったりしている所もあります。
結論から言うと、仲介手数料が安いからと言って、必ず借主にとってメリットになるとは限りません。
なぜかと言うと、賃貸住宅仲介業者の仲介手数料が安くても、他の費用でバランスを取っているというケースがほとんどだからです。
賃貸契約をするには、他にも家賃や敷金、礼金、共益費などの費用が必要です。
仲介手数料が安いもしくは無料の場合、その分の金額がこれらの費用に割り当てられていると考えていいでしょう。
また賃貸住宅仲介業者の仲介手数料安い場合、しっかりしたサポートをしてくれないという場合もあります。
出来れば借主は、しっかり仲介手数料が発生する賃貸住宅仲介業者を選び、費用を鑑みずに良いサポートを求めることをおすすめします。

まとめ

賃貸契約をするにあたって、各費用の用途を知っておくということは非常に大事です。
また家賃や敷金、礼金、共益費にも、そのエリアや物件の間取りによる相場というものが存在します。
自分で納得するだけでなく、相場を考慮して賢い賃貸契約を結びましょう。

464

防災に特化したまちづくりのために私たちができること

この記事をシェアするB!

みなさんは防災、と聞いてどのようなことを連想するでしょうか?
防災とは、地震や火事など、あらゆる天災や災害から自分たちの身を守る対策のことです。
防災には個人や家族単位の努力も必要ですが、地域の防災活動もポイントになってきます。
今回は、地域の防災の実態を知るため、防災とまちづくりをテーマにお話しします。

防災に特化したまちづくりのために日常的にできること

私たちは、防災に特化したまちづくりをするために、いったいどのようなことを心がけたら良いのでしょうか。

防災の第一歩は、まず、日頃から地域の人々と交流することです。
意外と思われますが、同じ地域に住む者同士、いざとなった時に協力できるようにある程度お互いを知っておく必要があるのです。
また、同じ地域に住む者同士、防災について具体的に話し合っておくことで、災害が起きても慌てないまちづくりが可能になるのです。

そして、もうひとつ日常でできる防災は、実際に訓練することです。
地域単位で防災をテーマに、災害時の避難方法や連絡の取り方などを、あらかじめ訓練しておく事が大切なのです。

このように、日頃から地域の人々と交流し、訓練をしておくと、災害時に地域全体が冷静さを保てるという、防災に強いまちづくりができるのです。

防災に特化したまちづくりのために災害時にできること

防災に特化したまちづくりをする上で、実際に災害が起きた時、私たちはどのようにすれば良いのでしょうか。
次は、実際に大地震が起きた時のことを想定してみましょう。

地域の防災という観点からは、余震や津波をはじめ、避難場所や配給物・ライフラインなどありとあらゆる情報を正確に素早く発信する必要があります。
これらは行政の仕事ですが、このような情報の受け手として私たちは、パニックになることなく冷静に情報や指示を仰ぐことがポイントとなってきます。
この地域全体の冷静さが、防災に強いまちづくりへとつながるのです。

まとめ

今回は、防災に特化したまちづくりをするため、私たちができることをお話ししました。
日常にできる防災のためのまちづくりとして地域の交流と訓練の重要性を、災害時には冷静さを保つことが重要です。
今回ご紹介した防災に特化したまちづくりの方法はほんの一例です。
これを機に、防災とまちづくりについて自分自身で考え、地域に還元してみてください。
私たち一人ひとりがより良い防災ができるまちづくりを推進していきましょう。

461

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩みとは?

この記事をシェアするB!

マンション管理をするということは、常に多くの悩みと闘い続けることでもあると言えます。
多くのマンションオーナーを困らせるマンション管理の悩みには、一体どんなことがあるのでしょうか?
解決するための行動も合わせて、悩みの一部を紹介します。

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩み①

マンション管理における代表的な悩みとして、「家賃の滞納」が挙げられます。
1度家賃を滞納してしまった居住者は、滞納分を支払った後も、また同じように滞納する可能性が高いです。
マンションのオーナーにとって、家賃を滞納されるというのは1番迷惑な行為だと言えるでしょう。
居住者からの家賃収入で生計を立てているのは当然のこと、もし家賃を滞納されてオーナーの手に渡らなくても、「未収金」という扱いでオーナーの利益に反映されてしまうのです。
オーナーは手元にないお金にまで税金を支払わなくてはいけないので、たまったものではありません。
ただ家賃の滞納に関しては、「早く払ってほしい」と伝えるだけでは解決しにくいでしょう。
いくら滞納しているからと言って、居住者もないお金を支払うことは出来ません。
家賃を滞納している居住者には、なるべく早くオーナーや管理会社に相談してもらうような環境を提供するべきでしょう。
また、もし法的手続きを取らなくてはいけない場合、法的手続きの費用は管理費から捻出されることになるので、費用は慎重に確認しなくてはいけません。

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩み②

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩みとして、意外に多いのが「自転車置き場の管理」です。
駐輪場に自転車が溢れ、停めるスペースがほとんどないマンションを、誰もが1度くらいは見たことがあると思います。
マンションの駐輪場に自転車が溢れる最大の原因は、「放置自転車」です。
すでにマンションから退去している方の自転車が残っていたり、すでに故障している居住者の自転車が放置されていたりというケースが多く見られます。
これらの使用されていない自転車を処分する際は、防犯登録がされているかをまずチェックします。
防犯登録がされているものに関しては、警察に1度連絡を入れないと処分することは出来ません。
ワンルームマンションであれば、特に駐輪スペースを設けず、各部屋の前に駐輪を許可するというのも効果的です。

まとめ

今回紹介したマンション管理における悩みは、ほんの一部です。
マンションのオーナーになってみなければ分からない細かい悩みを挙げ出すと、枚挙にいとまがありません。
オーナーはマンション管理における悩みを蓄積させずに、1つずつ向き合って解決していくことが大切です。

455

資産運用としてのマンション運用・管理という選び方はどうなの?

この記事をシェアするB!

資産運用の1つとして、マンション運用・管理をするという選び方は、果たして適しているのでしょうか?
資産運用としてマンション運用・管理をするという選び方について、メリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

資産運用としてのマンション運用・管理という選び方をするメリット

資産運用としてのマンション運用・管理という選び方をする1番のメリットは、毎月インカムゲインを得られるという点です。
資産運用で得ることが出来る利益は、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類に分かれており、資産を保有しているだけで定期的に利益を得ることが出来るのがインカムゲインです。
一方キャピタルゲインは、資産の価値が上昇することによって初めて得られる利益です。
FXや株式などの投資商品では、このキャピタルゲインの獲得を狙うことになりますが、キャピタルゲインは毎月一定の利益が上げられるわけではありません。
したがって資産運用としてマンション運用・管理という選び方をするのは、他の一般的な投資商品にはない安定を手に入れることに繋がるのです。
また運用・管理するためのマンションを購入する際は、物件を担保としてローンで購入することも可能です。
物件を選べば、多額の初期投資金がなくても運用・管理が始められるのです。
もちろん、本業をしながらでも副業としてマンションの運用・管理をすることも可能です。

資産運用としてのマンション運用・管理という選び方をするデメリット

資産運用としてのマンション運用・管理という選び方には、毎月安定したインカムゲインを得ることが出来るというメリットがあります。
しかし、それはもちろんマンションに入居者がいる場合のみです。
もし自分のマンションが全て空き室の場合は、当然家賃収入を得ることが出来ません。
つまり収入がゼロになってしまうということです。
もし自分のマンションが入居者ゼロの場合でも、毎月管理費や維持費は支払わなくてはいけません。
したがって、しっかり集客のプランを立て、人が集まる所でマンションを運用・管理する必要があるでしょう。
特に注意したいのは、ワンルームマンションを運用・管理する場合です。
ワンルームマンションは流通性が高い上に比較的安価で購入出来ますが、競合する物件が多いというデメリットがあります。
空き室が増えやすくなるので、セキュリティ対策など競合する物件に勝てるような付加価値を設ける必要があるでしょう。

まとめ

資産運用としてのマンション運用・管理は決して簡単ではありません。
常にそのエリアにおける魅力的なマンションを目指さなければ、入居者は減って行く一方です。
家賃の安さだけが、入居者を惹きつけるわけではありません。
そのエリアの特性や入居者層をリサーチして、効率的な資産運用が出来るように心掛けましょう。

452aaa

管理会社に負担してもらえる?「原状回復費」について解説します

この記事をシェアするB!

賃貸物件のオーナーになろうと考えている方は、賃貸管理をするにあたって非常に大きな支出となる「原状回復費」についても把握しておきましょう。
原状回復費とはどんな費用なのか、また管理会社に原状回復費を負担してもらうのは可能なのかについても、前もって知っておく必要があります。

管理会社に負担してもらえる?原状回復費の概要

居住者が退去する際、部屋を清掃したり、場合によっては壁のクロスを張り替えたりすることもあります。
この規模の小さなリフォームのようなものを「原状回復」と言い、それにかかる費用を原状回復費と言います。
原状回復費は1ヶ月分の家賃と同じくらいかかると言われており、以前は居住者が入居時に支払う敷金によって賄われるケースもありました。
ただ最近は、入居者の過失によって出来たキズや汚れ以外には原状回復費を請求出来ないようになっています。
その理由には、入居者を募集する際に敷金を受け取らないオーナーが増えてきているからです。
経年劣化による原状回復費は、全額オーナーが負担するものだと考えるべきでしょう。
ただ原状回復費は、場合によっては1年に100万円単位の支出になることもあります。
管理会社が原状回復費を負担してくれるのであれば、オーナーの負担は大きく減ることになります。

管理会社に原状回復費を負担してもらうことは可能!

管理会社の中には、原状回復費を負担してくれるという所もあります。
オーナーは管理会社と契約する際に、原状回復費の負担も契約内容に盛り込めばOKです。
ただ、管理会社と契約する際は契約料だけでなく、原状回復についてどこまで責任を負ってくれるのかということも確認する必要があります。
管理会社によっては、原状回復以外にエアコンなどの設備を修理してくれる所もあります。
もちろん、オーナーは原状回復費を経費として申告することは出来ますが、最初から管理会社が責任を負ってくれるのであれば、そちらの方が手間もかからず便利ですよね。
また原状回復をする際だけでなく、設備に関する一切の負担を管理会社に委託することで、設備のメンテナンスも管理会社が常に行ってくれます。
オーナーは設備が故障したときの対応、修理のどちらも直接行う必要がなく、大きく負担が減ることになります。

まとめ

管理会社に原状回復費の負担や設備のメンテナンスを委託するのは非常に便利ですが、もちろんその契約にも費用がかかります。
オーナーは自分で原状回復費を負担する場合と、管理会社に委託する場合のどちらで費用を削減出来るのか、しっかり試算してから決定しましょう。
何も考えずメンテナンスや原状回復を管理会社に任せるというのは、賢い賃貸経営の方法とは言えません。

449aaa

千葉県浦安市における防災の課題とはなんだろう?

この記事をシェアするB!

2011年3月11日に起きた東日本大震災の際、千葉県浦安市をはじめとした都心周辺部で大規模な液状化現象と多くの帰宅困難者が発生したことは記憶に新しいですね。
今回は、浦安市の取り組む防災に関して考察し、その課題について考えていきましょう。
私たちは災害から何を学ぶべきなのでしょうか。

浦安の防災における液状化現象という課題

もし、今再び大地震が起きたら、浦安の液状化現象もまた起きるのでしょうか。
液状化現象が起きた際の対策は練られているのでしょうか。

浦安市は東日本大震災以降、綿密に液状化対策について検討調査を行っています。
公共施設の液状化対策工事費は公費で負担し、宅地に関しては所有者に対策の実施を促すように呼び掛けています。
市としても、いくつかの具体的な液状化対策工法を提示し強度や費用について検討を重ねています。

液状化現象に関して、今後の防災課題は、市の限られた予算の中から、浦安市全域の安全を確保するためにさらなるコスト検討が必要となってきています。
しかしながら、液状化現象に関しては、市が主体となって対策工事を早急に進めることが課題であるのは間違いないでしょう。

浦安の防災におけるトイレについての課題

次に紹介する浦安市の防災の課題は、震災時のトイレについてです。
東日本大震災の際、浦安市は震災発生翌日より仮設トイレを設置し始めました。
震災時は多くの世帯で下水の使用制限がかかり、仮設トイレのニーズは高まりました。

東日本大震災の際に実際に出た仮設トイレの課題は、使用してみて初めて分かる市民の声が手掛かりになっています。
仮設トイレの内部が階段状になっており、用を足すのに高齢者や障害者は使用しづらいという声や、男女別やプライバシー確保に専念するあまり照明がなく目隠しがされており、防犯上不安という声が上がっていました。

このような仮設トイレの課題に関しては、市民の声に耳を傾けて対策を考えていくべきですね。

やはり、今お話しした段差があって使いにくい、防犯上不安がある、など、実際に使用した市民の声が、直接課題へとつながります。
市民の声に耳を傾けて、よりよい防災を考えていくことは、仮設トイレの件に限らずあらゆる市の防災において重要なことでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、千葉県浦安市の防災の課題として、東日本大震災の教訓から得られた課題を具体的に見出してみました。

防災全体の課題としては、どうしても予算が限られているということです。
無駄を省き、本当に必要な対策に市の予算を充てることが、液状化現象やトイレに対する防災課題であると言えます。

446

賃貸管理におけるキャッシュフローのポイントを抑えよう!

この記事をシェアするB!

キャッシュフローについて考えるということは、経営者や個人事業主であればどんな職業でも重要なことです。
オーナーは賃貸管理におけるキャッシュフローのポイントを抑え、効率良く利益を上げられるように努力しなくてはいけません。
賃貸管理におけるキャッシュフローの概要と、ポイントや注意点を合わせて紹介します。

賃貸管理におけるキャッシュフローとは?利回りとは何が違うの?

賃貸管理におけるキャッシュフローとは、オーナーに入る家賃収入から管理費用や税金などを全て差し引いて、手元に残る利益のことを言います。
これは賃貸経営においてよく目にする「利回り」とは異なるので注意しましょう。
賃貸経営における利回りとは、単純に年間で想定される家賃収入を物件の購入価格で割った数字です。
したがって、利回り10%の物件を1億円で購入したからといって、年間で1,000万円のキャッシュフローが得られるわけではありません。
そこから諸経費が差し引かれて、賃貸管理におけるキャッシュフローが算出されるという所がポイントです。
また利回りにおいて想定される家賃収入は、入居者募集のために設定する家賃×部屋の数で計算されますが、これも一定ではありません。
家賃×部屋の数で計算する想定家賃収入は、1年間常に物件が満室だった場合の最大収入ということになります。
すぐに全ての部屋が満室になるわけではない上に、1年の間に1人も退去者が出ないということもほとんどありません。
もっと言えば、最初に設定した家賃で入居者が集まるとも限らず、値下げを余儀なくされるケースも多々あります。
したがって、年間の家賃収入は想定より若干下回る場合がほとんどでしょう。
ここからさらに様々な諸経費が差し引かれて、最終的に手元に残る「純利益」が賃貸管理におけるキャッシュフローです。
全て自分の資金で物件を購入していない場合は、毎月返済するローンも差し引かれます。

賃貸管理におけるキャッシュフローでは税金のポイントも抑えておこう

賃貸管理におけるキャッシュフローを増やすには、税金に関するポイントも抑えておかないといけません。
まず抑えておきたいのは、ローンの返済分は元金のみ「所得」として課税の対象になるという点です。
ローンの返済金の内、経費扱いになるのは利息分のみで、元金は所得として扱われるのです。
ローンを返済したことによって、「オーナーの財産が増えた」と認識されてしまうことになるので注意しましょう。
また居住者が滞納した家賃についても、未収金という扱いで利益にカウントされてしまいます。
つまり、実際にオーナーが手にした利益以上の金額で課税されてしまうということです。

まとめ

賃貸管理をするオーナーは、絶対想定通りのキャッシュフローは得られないというぐらい、割り切った考えを持つことがポイントです。
居住者の減少や家賃の滞納など、想定される様々な事態に備えて、資産には余裕を持って賃貸管理を続けていきましょう。

443aaa

あの有名な順天堂大学の評判って実際どうなの?

この記事をシェアするB!

順天堂大学は、皆さん一度は聞いたことがある大学ではないでしょうか。
順天堂大学の所在は東京都内ですが、箱根駅伝の常連強豪校であったり、順天堂大学医学部や大学病院はテレビや雑誌などのメディアに露出していたりするので、その知名度・評判は高いでしょう。
今回は、順天堂大学の評判について詳しくお話しします。

箱根駅伝の強豪校としての順天堂大学の評判

冒頭でも紹介しました通り、順天堂大学は東京箱根間往復大学駅伝競走、通称箱根駅伝に出場する強豪校として有名です。

2018年大会では、総合順位11位(往路8位、復路13位)と、わずか14秒差で来年のシード権を逃しました。
順天堂大学陸上競技部(駅伝 長距離ブロック 男子)は、長門監督のもと69名の部員が『仁』、『不断前進』のマインドで活動しています。
その医療面のサポートは一流といわれており、医学部6附属病院を有する順天堂大学ならではです。

このように、人間性も鍛えられ、医療サポートも味方につけた順天堂大学の箱根駅伝メンバーは毎年多くの観客を沸かし、感動を与えてくれるのです。
箱根駅伝の強豪校としての順天堂大学の評判はとても良いものでしょう。

順天堂大学医学部の評判

順天堂大学は医学部設立から発展し、現在は医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部、保険看護学部、国際教養学部の5つの学部を有しています。
なかでも医学部の歴史は170年以上と非常に深いです。

また、順天堂大学は医学部としての評判が非常に高く、常にトップクラスの医師国家試験合格率をあげています。
日本に存在する資格試験の中でも最難関の一つである医師国家試験は、全国の医学生が医師になるためには必ず受けなければならない試験です。
その合格率は大学によって異なるのですが、順天堂大学は毎年トップクラスを維持しているのです。
これは、順天堂大学医学部の6年間を通して、知識や技術に加えて人間性や識見を含めた教育がしっかりとなされているからでしょう。

優秀な医師を数多く輩出しているという点で、順天堂大学医学部の評判はとても良いと言えそうです。

まとめ

今回は、順天堂大学の評判について、箱根駅伝の強豪校としての評判と、順天堂大学医学部の評判を紹介しました。

順天堂大学は箱根駅伝の常連校であり、心身ともに鍛えられた箱根駅伝のメンバーたちは誰からも応援されるような存在であり、それが順天堂大学の駅伝強豪校としての評判につながっています。

また、順天堂大学医学部は常に高い国家試験合格率を誇っており、優秀な医師を育てる医大としての評判もとても良いです。

440

管理会社を立ち上げて経営することによるメリットとは?

この記事をシェアするB!

個人管理や管理会社への業務委託で賃貸管理をするオーナーの中には、収入がある程度増えると管理会社を立ち上げて経営するという方もいます。
自身で管理会社を経営することによって、一体どんなメリットがあるのか解説します。

管理会社を経営することによるメリット①

自身で管理会社の経営をすることによる大きなメリットは、税金対策に繋がるということです。
オーナーが個人から法人に切り替える理由は、ほとんどの場合が税金対策です。
日本の法律では、所得税は累進課税方式で課税されるように定められています。
つまり所得額が大きくなる程、税率が上がっていくということです。
いくら個人の賃貸管理で多くの収入を得ても、支払う税金がどんどん多くなってしまうのです。
法人に切り替えることで、利益は所得税ではなく法人税として課税されるようになります。
所得税率は最大55%ですが、法人税率は最大でも30%程度なので、利益が多ければ多いほど法人に切り替える方がお得になります。

管理会社を経営することによるメリット②

管理会社を経営すると、「給与取得控除」を受けることも出来ます。
個人で賃貸管理をしている場合、個人に直接利益が入ることになるので、給与取得控除は受けられません。
法人の場合は管理会社に利益が入り、その利益を給与として受け取るという扱いになります。
年間700万円の利益がある場合、個人での賃貸管理では700万円が課税の対象になります。
法人の場合は、700万円の内190万円は給与取得控除によって課税の対象外となるので、残りの510万円に対する税金を支払うだけで済むのです。

管理会社を経営することによるデメリットはあるの?

もちろん、管理会社を立ち上げて経営することにはデメリットもあります。
まず単純に、管理会社を立ち上げるための費用がかかるという点です。
株式会社を立ち上げる場合は約20万円の諸費用がかかるので、誰でも簡単に経営に踏み切れるというわけではありません。
また法人の場合、「法人税の均等割り」という税金が課税されます。
法人税の均等割りは、例え赤字でも毎年必ず納めなくてはいけないので、場合によっては非常に経営が苦しくなる場合もあります。
そして管理会社を経営することの1番のメリットは節税に繋がるということなので、税理士を雇ってより効率的な節税に努めることも大事です。
税理士報酬がかかるというのも、管理会社を経営する場合ならではのデメリットと言えるでしょう。

まとめ

個人で賃貸管理をしているオーナーは、1度自分の収益について見直し、損をしていると感じたら管理会社の経営を検討してもいいでしょう。
特に年間で数千万円単位の収入を得ているオーナーであれば、税金の面で損をしている可能性が高いと言えます。

437

賃貸管理とよく似たプロパティマネジメントってどんな業務?

この記事をシェアするB!

賃貸管理をするオーナーは、プロパティマネジメントという業務について理解しておく必要があります。
賃貸管理とプロパティマネジメントは混同して覚えられがちなので、どんな所が違うのか比較して解説しましょう。

賃貸管理とプロパティマネジメントはここが違う!①

賃貸管理とプロパティマネジメントは、ハッキリ言って業務内容にそこまで大きな違いはありません。
どちらも建物の管理や維持、トラブルへの対応などが主な業務になります。
ただ賃貸管理は、個人で行う場合にも管理会社が行う場合にも該当する言葉です。
一方プロパティマネジメントとは、賃貸オーナーの資産管理代行業者であるアセットマネジメント会社からの委託による賃貸管理のことを指しています。
つまり賃貸管理を委託しているのが個人のオーナーの場合、プロパティマネジメントには当てはまらないのです。
オーナーが管理会社に賃貸管理を委託する場合は、プロパティマネジメントには当てはまらないということですね。

賃貸管理とプロパティマネジメントはここが違う!②

先ほども言いましたが、プロパティマネジメントは「オーナーの資産管理代行業者であるアセットマネジメント会社からの委託による賃貸管理」です。
この「資産管理代行業者である」という所に、大きな違いが隠されているのです。
そもそもプロパティとは、日本語で「資産」を意味する言葉です。
つまりプロパティマネジメントは、賃貸管理というよりどちらかと言うと「資産管理」に近いのです。
そう考えると、賃貸管理とプロパティマネジメントの差別化がしやすくなります。
単なる賃貸管理の代行であれば、しっかり建物を管理し、居住者から賃料を回収して、オーナーに収益が出るように業務をこなすだけでもいいのです。
ただプロパティマネジメントは「資産管理」に近い業務なので、オーナーの利益を最大化するための業務を行う必要があります。
どうすればもっと収益を増やせるのか、どうすればもっと支出が減るのかということにまで関与するのも、プロパティマネジメントとしての重要な業務だと言えるでしょう。
具体的には、税金対策や資産運用のプランニングなどが挙げられます。

まとめ

賃貸管理とプロパティマネジメントの違いについて解説しましたが、実際は具体的な線引きがされていないのが現状です。
「プロパティマネジメント業」と謳いながらも、実際は建物の管理や維持、トラブルの解決のみにしか対応していない会社も存在します。
もしオーナーがプロパティマネジメントを利用する場合は、自分が望んでいる業務をこなしてくれるのかどうか、しっかり事前に確認する必要があるでしょう。

432

浦安で賃貸管理をする方必見!効果的な空室対策とは?

この記事をシェアするB!

浦安で賃貸管理をしている方は、多くの賃貸物件のオーナーが工夫を凝らしている空室対策について知っておく必要があります。
空室対策とは、空き部屋を作らないための対策、つまり自身の物件の入居者を増やし、退去者が出ないようにする対策です。
主な対策を確認してみましょう。

浦安で賃貸管理をする方は知っておくべき!効果的な空室対策①

まずは、退去者の増加を防ぐ場合の空室対策を紹介します。
浦安で賃貸管理をしている方が最初に着手出来る空室対策は、退去者が出にくい「環境」を提供することです。
簡単に言うと、建物内の美化ですね。
エントランスや廊下、駐輪場やポストなど、目で見てすぐに乱れていないかどうか確認出来る所から美化していきましょう。
共有部分に清潔感がないと、退去者が増える原因になってしまいます。
ハッキリ言って、建物が美化されていないことによって退去者が出るというのは、オーナーもしくは管理会社の怠慢でしかありません。
少しでも無駄な退去者を出さないように、オーナーだけでなく管理会社と協力して良い環境を作り上げましょう。

浦安で賃貸管理をする方は知っておくべき!効果的な空室対策②

次は、入居者を増やす場合の空室対策です。
今の時代に適応した入居者を増やす方法とは、やはり「サイトが充実した賃貸住宅仲介業者を選ぶ」ということでしょう。
浦安で賃貸管理をするオーナーはほとんどの場合、賃貸住宅仲介業者に物件の情報を掲載してもらうことになります。
最終的には賃貸住宅仲介業者に借主が来店して、内見、契約という流れになりますが、最初はネットで物件を検索するという方が非常に増えています。
つまり、サイトが充実している賃貸住宅仲介業者を選ばないと、直接来店するまでに至らない可能性が高くなるのです。
具体的には、以下のような物件情報を掲載してくれる賃貸住宅仲介業者がおすすめです。

 様々な角度から撮られた物件の写真を複数枚掲載してくれる
 パノラマ写真や動画などで物件の全貌を分かりやすく掲載してくれる
 見やすい間取り図を掲載してくれる
 物件の細かい情報を多く掲載してくれる

最も重要なポイントは、やはり物件の写真を多く掲載してくれる賃貸住宅仲介業者を選ぶということです。
外観や室内はもちろん、すぐ近くにコンビニやスーパー、駅などがある場合はその写真も掲載してくれる所がいいでしょう。
1度自分が借主の気持ちになって、様々な賃貸住宅仲介業者のサイトを閲覧してみましょう。
多くの借主が知りたい情報を掲載していると感じた所に、依頼するのがおすすめです。

まとめ

関東地方では有数の「住みやすい街」と言われている浦安で賃貸管理をする場合、他の物件にはない個性的な魅力を持つことが、成功の鍵を握ります。
浦安で長く愛される物件の確立を目指しましょう。

429

賃貸住宅仲介業者の過去と現在を比較してみよう

この記事をシェアするB!

賃貸住宅仲介業者は、現在でも多くの入居希望者の相談に乗り、物件に案内しています。
ただ数年前と比べると、賃貸住宅仲介業者のサービスはかなり変化してきています。
10年程前と現在の賃貸住宅仲介業者を比較して、どのように変化を遂げているのかを解説したいと思います。

過去と現在の賃貸住宅仲介業者サービスの違い①

過去と現在の賃貸住宅仲介業者サービスの1番の違いは、やはり「ネット情報の信頼性」です。
10年程前でも携帯電話やパソコンで賃貸情報は検索出来ましたが、その当時は「おとり広告」というものが混ざっている可能性が高かったのです。
おとり広告とは、簡単に言うと「お客さんを呼び寄せるための架空の賃貸情報」です。
その情報を見て店舗に来店した方に、他に借りてほしい物件を紹介するというケースが多かったのです。
店舗の外に貼り出されている情報も、10年程前まではおとり広告がほとんどを占めていたと言われています。
ただ現在では、おとり広告への対策が厳しくなっています。
もし架空の情報を掲載したり貼り出したりした場合、宅建業法という法律で罰せられるようになりました。
現在の賃貸住宅仲介業者が提供する情報は、ネット情報を中心に非常に信頼性の高いものに変化しています。

過去と現在の賃貸仲介業者サービスの違い②

物件に足を運んで、雰囲気や間取りなどを確認する「内見」のシステムも、10年程前と現在では大きく変化が見られます。
これまでは店舗に来店した方に物件を紹介し、担当者が案内するという形がほとんどでした。
ただ現在は、先ほども言ったようにネット情報の信頼性が非常に高くなっています。
したがって、店舗に来店しなくてもネットから内見の申し込みが出来るようになりました。
内見を希望する物件に、賃貸住宅仲介業者の担当者と希望者が現地集合するという形も少なくありません。
また遠方から引っ越しをする方の場合、これまではなかなか内見が出来ずに、間取りだけを確認して物件を決めなくてはいけませんでした。
現在はネットに掲載されている写真も多く、物件の住所が把握出来ればマップで確認することも可能になりました。
さらに進化した賃貸住宅仲介業者のサービスには、「オンライン内見」というものもあります。
希望者が物件に足を運ぶ必要がなく、代わりに賃貸住宅仲介業者の担当者が物件からテレビ電話で雰囲気を伝えてくれるという画期的なサービスです。

まとめ

賃貸住宅仲介業者のサービスは、この10年程だけでも大きく進化しています。
賃貸住宅仲介業者にとっても入居希望者にとっても、効率的なサービスが続々と登場しています。
これから10年後、またさらに進化したサービスが登場するのが楽しみですね。

422aaa

順天堂大学スポーツ健康科学部の行事について

この記事をシェアするB!

順天堂大学には医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部、保険看護学部、国際教養学部の5つの学部が存在します。
今回は、中でも順天堂大学スポーツ健康科学部の行事について、詳しく紹介したいと思います。
順天堂大学スポーツ健康科学部は選手やスタッフとして多くの在学生、卒業生をオリンピックなどに排出しています。

順天堂大学の啓心寮に関する行事

順天堂大学スポーツ健康科学部の学生は、1年次は啓心寮で寮生活をします。
この寮に関する行事をいくつか紹介します。

まず、4月の入学式の前日に入寮式が執り行われます。
この日から一年間の啓心寮での生活が始まります。
4月にはその後、啓心寮オリエンテーションや寮生総会、防火避難訓練が行われます。

そして、6月には寮の一大イベントである寮祭が開催されます。
3日間で笑運動会や裸祭りなど独特なイベントが行われ、寮生同士の絆も深まります。

このほかにも年間を通して順天堂大学啓心寮には行事がたくさんあり、7月には七夕イベント、12月にはクリスマスイベントがあります。

そして、1月に退寮式があり、2月に完全退寮となるのです。

このように、順天堂大学スポーツ健康科学部の学生たちは、1年間の様々な行事を通して、学部全体・学年全体の結束を固め、座学だけでは学びきれないかけがえのない体験を積み重ねていくのです。

啓心寮というスポーツ健康科学部の寮は、年間を通して数多くの行事を開催します。
なかでも、6月に催される寮祭は一大イベントで、学生たちが一丸となって準備などに取り組みます。
寮という集団生活のなかでの様々な行事を通して、学生たちの絆はより一層深まるのです。

順天堂大学の寮以外の学校行事

次に、寮関連ではない、順天堂大学スポーツ健康科学部の行事を紹介します。

4月に入学式、5月に創立記念日、10月に体格体力累加測定などの行事が続きます。
そして、7月には海浜実習、2月にはスキー実習があるのが順天堂大学スポーツ健康科学部の行事の特徴です。

このように、寮以外の学校行事も豊富です。
海浜実習やスキー実習を通して、学生たちは普段の学生生活だけでは学びきれないことを経験することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、順天堂大学のなかでもスポーツ健康科学部にフォーカスをあてて、その行事について紹介しました。

このような順天堂大学スポーツ健康科学部の行事を通して、学生たちは卒後も役立つ豊かな人間性を手に入れることができるでしょう。
普段の学生生活だけでは学びきれない大切なものを経験することに意味があるのではないでしょうか。

419

賃貸管理をするなら知っておくべき騒音トラブルの判例まとめ~パート1~

この記事をシェアするB!

賃貸管理における騒音は、居住者同士だけでなく、オーナーや管理会社と居住者の間でトラブルを引き起こす原因にもなります。
過去に賃貸管理における騒音トラブルによってどんな判例があったのかを知ることで、未然にトラブルを防ぐことが出来るかもしれません。
いくつか判例を紹介します。

賃貸管理における騒音トラブルの判例 ケース①

とあるマンションで、騒音を立てる上の階の居住者に対して、下の階に住む居住者が慰謝料を求めて提訴しました。
騒音の原因は、上の階に住む居住者の子供が昼夜関係なく、部屋を跳ね回ったり走り回ったりしていたことです。
騒音のレベルは、普通の人であればかなり不快に感じる音量で、時には長時間に及ぶこともありました。
下の階に住む居住者は、提訴する前に上の階の住人に注意をしましたが、マットを敷く程度の対応をしただけで、子供が走り回る音自体は鳴り止みませんでした。
この不誠実な対応のせいで、下の階の居住者は提訴に踏み切ってしまったとも言えるでしょう。
結局この判例では、下の階の居住者の提訴が認められ、上の階の居住者は30万円の慰謝料を支払うことになりました。
もし、下の階の居住者が管理会社やオーナーに騒音について相談していた場合、ここまで大事にはならなかったかもしれません。
オーナーはもし居住者の相談を受けたら、注意書きを掲示したり、直接騒音を立てる居住者に注意したりという迅速な対応をしなくてはいけません。

賃貸管理における騒音トラブルの判例 ケース②

こんな判例もあります。
とあるマンションの一室で、管理会社によるフローリングの工事が行われました。
ただフローリング工事が終わってからというもの、その下の階に住む居住者が騒音に悩まされ、寝ることも困難になってしまいました。
結局下の階の居住者は騒音を理由に退去し、その後騒音によって精神的な苦痛を受けたとして、マンションの管理会社に慰謝料を請求する訴えを起こしました。
後の調査で判明したのは、上の階の居住者が騒音を立てていたわけではなく、工事されたフローリングの遮音性が悪かったということです。
下の階の居住者が管理会社を訴えたのは、フローリング工事がされてから明らかに騒音が聞こえるようになったからという理由でした。
この判例では、精神的な苦痛を受けるほどの重大なトラブルではないという判断が下され、結果的に下の階に住む居住者の訴えが棄却されています。
ただ騒音の程度によっては、管理会社に慰謝料の支払いが命じられていた可能性は十分にあります。
この判例は、賃貸物件のオーナーにとっても他人事ではありません。
部屋のリフォームをする際には、床の遮音性に十分配慮するべきでしょう。

まとめ

賃貸管理をするオーナーは、騒音トラブルがなるべく大事にならないように、普段から注意喚起することが大切です。
賃貸管理における騒音トラブルは1番多いトラブルであり、完全になくすことは不可能です。
ただ1番多いトラブルだからこそ、様々なことを想定して対策を立てやすいとも言えます。

414

マンション管理に関するトラブルはどこに相談すればいいの?

この記事をシェアするB!

マンション管理においてトラブルは付き物で、基本的にはオーナーと管理会社が連携を取り合いながら解決します。
ただそれでも解決しない場合や、管理会社以外の意見を聞きたいというオーナーは、どこに相談すればいいのでしょうか?
主な相談窓口を紹介します。

マンション管理に関するトラブルはここに相談しよう!①

マンション管理に関するトラブルの相談窓口の1つに、「公益財団法人マンション管理センター」が挙げられます。
マンション管理センターは、マンション管理適正化法という法律に基づき、国から「マンション管理適正化推進センター」として指定されている団体です。
マンション管理におけるあらゆるトラブルの相談に応じ、マンション管理の適正化推進に貢献することがマンション管理センターの役割です。
マンション管理センターは、マンション管理におけるトラブルに関する相談に対して、中立的かつ公平な立場でアドバイスをしてくれます。
直接トラブルが起こっている当事者間の仲裁に入ったり、弁護士を紹介してくれたりということはありませんが、相談窓口としてとても信頼性は高いと言えます。
各マンションの特質等を加味したアドバイスをしてくれる所が特徴で、親身に相談に応じてくれます。

マンション管理に関するトラブルはここに相談しよう!②

マンション管理に関するトラブルのもう1つの相談窓口は、やはり弁護士です。
マンションの法律に詳しい弁護士に相談すれば、なるべく事を大きくせずにトラブルを解決出来る可能性が格段に上がります。
また中には、顧問契約をすることが可能な弁護士もいます。
顧問契約と聞くと、企業の顧問弁護士というイメージがあるかもしれませんが、近年はマンション管理をするオーナーのような個人事業主でも、顧問契約をするケースが増えています。
なぜかと言うと、やはりトラブルへの対応が早く、個人事業主にかかる負担を大きく減らすことが出来るためです。
弁護士と顧問契約を結んでおけば、電話やメール等ですぐにトラブルに関する相談が可能になり、今後またトラブルが発生した場合でも安心です。
もちろん契約料はかかりますが、トラブルの規模が大きくなって、訴訟に発展してしまうかもしれないことを考えると、それほど高い投資ではないと言えるでしょう。
なかなか完全に解決することが難しいトラブルに遭遇した場合は、これ以上大事にしないということを考えるのが得策なのです。

まとめ

マンション管理に関するトラブルは、オーナー1人で抱え込んではいけません。
また管理会社と協力して解決しようと試みても、なかなか管理会社が動いてくれないというケースもあります。
オーナーは1番迅速にトラブルが解決出来る方法を見極めて、自分で行動することを心掛けましょう。

411

管理会社に委託する前に知っておきたい管理費・賃料・共益費

この記事をシェアするB!

オーナーは賃貸管理を管理会社に委託する前に、まず管理費、賃料、共益費という3つの費用についての違いを把握しておきましょう。
もちろん、それぞれしっかり意味があって差別化されているので、詳しく解説していきます。

管理会社に委託する前に知っておきたい「管理費」「賃料」「共益費」①管理費

管理費は、文字通り賃貸物件を管理・維持するために必要な費用です。
居住者から支払われる管理費は、オーナーが管理会社に業務を委託するための費用としても利用されます。
また居住者が必ず使用するエレベーター、廊下などの固定資産税の支払いに対しても使われます。
管理費は物件によって必要な額にかなり差があります。
例えばエレベーターがある物件とない物件によっても変わります。
またエレベーターが共に1台の物件でも、居住者の数が少ない物件の方が居住者1人あたりの管理費は高くなります。

管理会社に委託する前に知っておきたい「管理費」「賃料」「共益費」②賃料

賃料は、居住者が部屋を使用するために支払う費用です。
賃料は賃貸物件のオーナーによって任意で設定出来ますが、好きな額に設定すればいいわけではありません。
物件の造りや立地、地価などを考慮して、適切な金額を設定しなくてはいけません。
周辺の賃貸物件の価格も大きな目安になります。
相場価格より賃料が高くなってしまうと、入居者を募集してもなかなか集まりません。
入居者が複数の物件の中から候補を絞るとき、最初はほとんど賃料が目安になるためです。
また、もし周辺の物件に合せるとオーナーが希望する賃料に届かないという場合、その物件に付加価値を設ける必要があるでしょう。
セキュリティ体制の強化などを実施することで、同じエリアの物件よりも多少高めに家賃を設定することは可能です。

管理会社に委託する前に知っておきたい「管理費」「賃料」「共益費」③共益費

管理費には、オーナーが管理会社に業務を委託するための費用なども含まれているという話をしましたね。
共益費とは、管理費の中で「賃貸物件の共用部分の管理・維持にかかる費用」のことだけを指す言葉です。
したがって、共益費は管理費の一部なのです。
先ほど解説したエレベーターや廊下の維持費は、厳密に言うと共益費なのです。
その他には、賃貸物件の廊下にある電球の交換などの費用も共益費から賄われることになります。

まとめ

オーナーが管理会社に業務を委託する場合、今回紹介した費用を管理会社がしっかり管理して、適切に使用しなくてはいけません。
特に共益費は、共用部分を維持するために居住者全員で協力して支払っている費用なので、管理会社は責任をもって共有部分の管理・維持に努める必要があります。
それを管理会社がしっかりしないと居住者からのクレームにも繋がるので、オーナーはしっかり管理会社に管理・維持の意識を植え付けましょう。

408

賃貸管理をするオーナーは居住者に好かれるためのノウハウを身に付けよう

この記事をシェアするB!

賃貸管理をするオーナーは、空室対策やトラブルの解決などに追われるほど忙しくなるケースもあります。
ただ賃貸管理をする以上は、居住者と良好な関係を築くためのノウハウも学ばなくてはいけません。
どうすれば、賃貸管理をするオーナーは居住者に好かれるのでしょうか?
具体的なノウハウを解説します。

賃貸管理をするオーナーが学ぶべき居住者に好かれるためのノウハウ①

居住者と良好な関係を築くためには、まず賃貸管理のオーナーという仕事を「サービス業」だと思う所から始めましょう。
賃貸管理はもちろん厳密に言えば不動産業に含まれますが、「部屋を貸す仕事」という感覚を持っているようでは、居住者に好かれるためのノウハウを養えません。
居住者に対して、「自分の物件に住んでもらっている」という気持ちを忘れてはいけないのです。
入居者の立場に立って物事を考えることこそ、サービス業としての賃貸管理のあるべき形だと言えるでしょう。
もちろんサービス業と言っても、応えられる居住者の要望には限界があります。
ただ設備の修理やメンテナンスなど、居住者が求めていることをしっかりとこなしていくオーナーは、必ず居住者と良い関係を築くことが出来るでしょう。

賃貸管理をするオーナーが学ぶべき居住者に好かれるためのノウハウ②

賃貸管理をするオーナーは、居住者に好かれるために「臨機応変な対応が出来る」というノウハウも身に付ける必要があるでしょう。
自分自身で、賃貸管理を成功させるための明確なビジョンを持つことは良いことです。
しかし時代の流れや居住者の層を考えた対応をしないと、ただの「頑固」という言葉に変わってしまいます。
今の時代、オーナーに求められる対応とは何なのかを把握し、柔軟な頭で賃貸管理をしていれば、必ず需要と供給が一致する理想的な関係が築けるはずです。
例えば、オーナーが自身の物件のリフォームを考えているとします。
それも自身の独断で行うのではなく、必ず時代の流れに精通し、居住者のニーズを理解している管理会社に相談してから行いましょう。
「自分の考えは正しい」と思い込んでリフォームをしたとしても、それで入居者が集まらなかった場合はただの無駄な支出です。
正しい賃貸管理の方法というのは、時代の変化に合わせて日々移ろうものなのです。

まとめ

賃貸管理をするオーナーは居住者に好かれるためのノウハウを身に付けることで、自身の物件を退去者が出ない理想的な物件に近づけることが出来ます。
もし自分の仕事で手一杯になっていたとしても、居住者への細かい気配りを忘れてはいけません。
1回の挨拶だけでも、居住者に好かれるオーナーに大きく近づけることを意識しましょう。

403

千葉県の防災地域についてご説明させて頂きます!

この記事をシェアするB!

平成23年3月11日に起こった東日本大震災で、関東圏内の多くの地域で液状化現象が起こったことは、今も記憶に新しいです。
千葉県でもその被害は大きく、液状化による帰宅困難者も大量に発生しました。
今回は、千葉県の防災地域についてご紹介するのですが、特に震災に伴う津波と液状化現象に対する防災を取り上げていきましょう。

千葉県地震防災地図

千葉県の防災地域への取り組みを話すうえで欠かせないのが、「千葉県地震防災地図」です。
千葉県地震防災地図が作成された目的は、地震が起きたときに地域のリスクを把握し、災害時のイメージを持つことで、避難経路や避難場所の確認、備蓄品の準備、家具の転倒防止、建物の耐震化など、日ごろの地域全体の地震防災対策を進めるきっかけを人々に提供するためです。

揺れやすさマップ

千葉県は、「揺れやすさマップ」というものを作成することで、地域の人々に防災地域を具体的に示しています。
揺れやすさマップは、県独自のボーリングデータと市町村などから提供された50,000本以上のボーリングデータをもとに作成されています。
この揺れやすさマップは、県内の各地点で同じ強さの地震動が伝わってきたとき、相対的に揺れやすいかについて図化されたものです。

液状化危険度マップ

千葉県は地震に伴う液状化現象に対する防災として、揺れやすさマップに加えて、「液状化危険度マップ」を作成することで防災地域を紹介しています。
この液状化危険度マップとは、震度に対応し液状化しやすいかについて250mメッシュで図化されたものです。

東京湾北部地震や兵庫県南部地震のような数10秒の揺れを想定した「直下型地震」と東日本大震災や南海トラフによる地震のような2~3分ほど継続する揺れを想定した「巨大地震」の2種類のマップが存在します。

まとめ

千葉県地震防災地図を一読することで、地震が起きた際の具体的なイメージをつかむことができ、また、日頃の地震防災対策を進める助けとなるでしょう。
千葉県が作成し、千葉県防災ポータルサイトというホームページ上で公開されている、揺れやすさマップや液状化危険度マップは、色や凡例を効果的に使用することで視覚的に理解しやすいマップとなっています。

是非この機会に、揺れやすさマップ・液状化危険度マップに目を通してみてください。
そうすることで、自分が住んでいる地域の特徴を理解でき、一人ひとりが地域防災を進める大きなヒントやきっかけを得ることができるでしょう。
何かあってからでは遅いのです。
今のうちに確認しておきましょう。

400

優秀な人材を育成する都市、浦安~浦安市の高校の教育理念~

この記事をシェアするB!

みなさんは、千葉県浦安市の高等学校の教育理念について、ご存知ですか?
浦安市には、浦安高等学校、浦安南高等学校、東海大学付属浦安高等学校、東京学館浦安高等学校の4つの高校があります。
今回は、浦安市にある高校を、私立・公立から各々1校ずつピックアップし、その特長についてご紹介したいと思います。

東海大学付属浦安高等学校

浦安市にある高校のうち、私立高校で今回ご紹介したいのが、東海大学付属浦安高等学校です。
実は、東海大学付属相模高等学校や東海大学山形高等学校など東海大学付属の高校は全国に20近くあるということを、みなさんご存知でしたか?

東海大学付属相模高等学校の野球部は、今年の春の選抜の全国大会にも強豪校として出場していることから、みなさんの中にもスポーツに力を入れているイメージを持っている人が多いかもしれません。

東海大学付属の高校はそれぞれに特色・特長があります。
東海大学付属浦安高等学校は、私立の中高一貫校で、通称「東海大浦安」と呼ばれています。
付属大学である東海大学には毎年80%の生徒が進学します。

近年、国公立大学や有名私立大学への進学する生徒も増加しており、高い進学率を維持している浦安市の高校なのです。
また、この高校は部活動も盛んで、柔道部は2012年に金鷲旗、インターハイ、高校選手権の三冠を達成しており、また野球部は第82回全国高等学校野球選手権大会で準優勝をしています。
バレーボール部や陸上部も強豪です。

卒業生には柔道家のベイカー茉秋、バレーボール選手の安永拓弥、元プロ野球選手の山田憲や酒井勉などがいます。
スポーツ界の一線で活躍する人材を数多く輩出しています。

浦安高等学校

次に、浦安市にある公立高校を1つご紹介します。
浦安高等学校です。
浦安高等学校は自己啓発指導重点校に2004年から指定されています。

そのため勉学においては基礎学習に重点を置いており、チームティーチングや少人数学習など機会を設けることで、きめ細かい授業が行われています。
部活動は、運動部は11団体、文化部は9団体あります。
学校行事は文化祭やよさこいソーラン発表会などがあります。
浦安高等学校の出身者として、元西武ライオンズ、福岡ダイエーホークス選手である小川史が有名です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、千葉県浦安市にある高校のうち、私立高校と公立高校を1つずつピックアップしてご紹介しました。
今回紹介しきれなかった高校も含めて、浦安市の高校は一つ一つにそれぞれの校風・特長があり、優秀な人材を社会に輩出しているのです。

397

管理会社を介さずに入居者と賃貸契約を直接結ぶメリット

この記事をシェアするB!

賃貸管理を行うオーナーには、管理会社に業務を委託することで自身の負担を軽減する方が多いです。
ただもちろん管理会社を介さず、入居者と賃貸契約を直接結ぶことも出来ます。
管理会社の力なしで入居者と賃貸契約を直接結び、賃貸経営をしていくことを「自主管理」と言います。
自主管理にはどんなメリットがあるのか詳しく解説しましょう。

管理会社を介さず入居者と賃貸契約を直接結ぶ「自主管理」のメリット①

自主管理をするオーナーは、賃貸物件の管理業務を全て自分で行うことになります。
当然のことですが、管理会社に業務を委託する場合よりも負担は大きくなります。
ただ様々な賃貸管理の業務に携わることによって、オーナーとしての経験値は上がりやすく、多くの知識やノウハウを吸収出来るでしょう。
特に集客のノウハウなどは、管理会社に委託しているオーナーはなかなか身に着けることが出来ません。

管理会社を介さず入居者と賃貸契約を直接結ぶ「自主管理」のメリット②

自主管理は自分で全ての管理業務を行いますが、その分委託にかかる資金を節約出来ます。
管理会社に業務を委託する場合、オーナーに入る家賃収入の5%程度を支払わなくてはいけません。
5%と言っても賃貸物件の戸数が多ければ多いほど、とても大きな金額になります。
自分の賃貸物件の収入は全て自分のものに出来るというのは、自主管理をするオーナーにとって大きなメリットでしょう。

管理会社を介さず入居者と賃貸契約を直接結ぶ「自主管理」にはデメリットもある?

自分で全てを管理しなくてはいけない以外にも、管理会社を介さず入居者と賃貸契約を直接結ぶことにはデメリットがあります。
例えば、もしオーナーが管理する賃貸物件でトラブルが発生した時、入居者のクレームは直接オーナーに伝えられます。
水道の水が出ない、電気が点かないなど生活に支障が出るレベルのトラブルであれば、例え勤務時間外でも迅速に対応する必要があります。
場合によっては、深夜でも入居者のクレームに対応出来るように準備しなくてはいけないなど、身体的な負担が大きくなる可能性もあります。

まとめ

管理会社を介さずに、入居者と賃貸契約を直接結ぶ自主管理は、管理会社への委託が経済的に厳しいという理由で選択するオーナーが多いです。
ただどのように賃貸経営を行っていくかは、資金面だけで判断しないことをおすすめします。
多少資金が必要でも、総合的に判断すると、管理会社に業務を委託する方が身体的な負担が減る場合が多いです。
また何より管理会社と力を合わせた方が、入居者にとって快適な暮らしを提供しやすくなるでしょう。

393

優良なマンション管理会社の選び方を解説します!

この記事をシェアするB!

マンション管理をするにあたって、オーナーは優良な管理会社に仕事を委託したいと考えるのが当然です。
管理会社は、どこも同じように見えて実際はかなりレベルの差があるものです。
優良なマンション管理会社の選び方において重要なポイントは、一体何なのでしょうか?

優良なマンション管理会社の選び方①

優良なマンション管理会社の選び方において重要なのは、「管理する戸数を増やそうとしている管理会社を選ぶ」ということです。
管理する戸数を増やそうとしているということは、これから売上を増加させていくための対策を打っている可能性が高いからです。
何の勝算もないマンション管理会社であれば、むやみに管理する戸数を増やそうとはしません。
一概には言えませんが、管理している戸数が少ないマンション管理会社は、管理の手を抜かないと採算が合わないという所もあります。
例えば報告書に添付するべき写真を省略したり、各報告書をこまめに作成せずに必要経費を浮かしたりすることを考えるマンション管理会社もあります。
管理戸数が多いマンション管理会社は、入居者のクレームに繋がりそうなポイントを事前に抑えるといったような対処がしっかり出来ている所が多いです。
管理する戸数が多い所、またはこれから増やそうとしているマンション管理会社をチェックするのが効果的な選び方の1つです。

優良なマンション管理会社の選び方②

優良なマンション管理会社の選び方において、「集客方法に工夫をしているか」というのもチェックすべきポイントでしょう。
マンション管理会社の中には、入居者を特定のターゲットに絞っている所も多いです。
例えば、大学生をターゲットにしているマンション管理会社では、大学まで無料で運行するバスを導入している所もあります。
大学生が住みやすい環境を徹底して作り上げることによって、賃貸物件の入居率を常に高い状態でキープしています。
また同じマンション管理会社では、地元の企業と提携を結び、大学生がスーパーマーケットや飲食店で割引サービスを受けられるカードを発行しています。
中にはそのカード欲しさに入居するという大学生も多く、マンション管理会社とは思えないほど充実したサービスを提供しています。
他とは一線を画し、徹底的に集客出来るシステムを作り上げているマンション管理会社は、入居者にとってもオーナーにとっても魅力的だと言えるでしょう。

まとめ

優良なマンション管理会社の選び方について解説してきました。
オーナーはマンション管理会社の選び方を考えるにあたって、「これから伸び代がある管理会社」をチェックするのが大きなポイントという訳ですね。

390

お部屋探し初心者さんに向けてアドバイスします!

この記事をシェアするB!

進学、就職、結婚などなど人生の様々な転機において、私たちの身の回りの環境は大きく変化します。なかにはこの転機に伴って住まいも新しくなる人もいます。
知らない土地でこれからの住まい選びにおいて、あなたはどのような点を決め手としますか。
今回は、新しい土地や新しい環境で部屋探しを始める皆さんに、部屋探し初心者が注目すべきポイントを紹介していきたいと思います。

エリアや立地の選択

部屋探しを始めるにあたって初心者だけでなく誰もがまず気にするのがその立地でしょう。
これから通う学校や会社を基準に使用する交通手段を考慮する必要があります。
自家用車での通学・通勤が可能な場合もあれば、公共交通機関を使用する場合もあるでしょう。後者の場合、通学・通勤に使うバスや電車の路線を確認し、その沿線を中心に部屋探しを始めることを初心者の方にはお勧めします。また、健康のためにクロスバイクやロードバイクでの通学・通勤を考えている人もいるかもしれません。
この場合も、突然の雷雨などのトラブルに備えて公共交通機関のチェックは必要です。

家賃の予算設定

次に部屋探しをするにあたって、初心者の方の一番の悩みどころである予算の設定について紹介します。
一般的に家賃の相場として言われているのが、“一か月の収入の30%以内”です。この範囲内で立地、防犯・安全性、強度、清潔さ、などなど自分の希望に叶う物件を探していくことになります。
とは言っても部屋探し初心者の方には何を重要視していいかわからないかもしれません。ここでひとつアドバイスしたいのが、先ほど述べた、“収入の30%”にこだわりすぎない方が良いこともあるということです。都心と田舎では物価も違いますし、男性女性でも価値観は変わってきます。女性の方には予算が多少オーバーしたとしても防犯性や安全性にお金をかけてもらいたいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回、部屋探し初心者の方に向けて、エリアや立地の選択について、家賃の予算設定について紹介しました。
エリアや立地は自分の通学・通勤スタイルをシミュレーションして、無理なく通える物件を探しましょう。
家賃の予算は、“一か月の収入の30%以内”をヒントに設定しましょう。ただしどうしても譲れない決め手がある場合はこれにとらわれず、柔軟に考えましょう。
部屋探しは初心者だけでなく、何度も経験した人でも大きな決断を迫られるものです。自分自身が納得のいく物件に出会えるように焦らずじっくりと探していきましょう。

387aaa

順天堂大学の歴史について、こんな情報知ってます?

この記事をシェアするB!

皆さんは順天堂大学をご存知ですか。
名前だけは聞いたことがあるけれども詳しくはよくわからない、という人も多いかもしれません。
現在、医学部、スポーツ健康科学部、医療看護部、保険看護学部、国際教養学部の5つの学部を有する順天堂大学ですが、その起源は一体どんなものだったのでしょうか。
今回は、順天堂大学がどのように設立されたのか、その歴史を詳しくみていきましょう。

蘭方医学塾を開設した佐藤泰然

順天堂大学の歴史はある意味では日本の私立の医大では最古かもしれません。
1838年(天保9年)に佐藤泰然が江戸薬研堀(現在の東京都中央区東日本橋)に蘭方医学塾(和田塾)を開設したのが、順天堂大学の始まりと言われています。
佐藤泰然の次男は、司馬遼太郎や吉村昭の小説に登場する著名な人物である松本良順です。
彼はのちに西洋医学所の頭取となりました。

また、蘭方医学塾(和田塾)は、1839年に大阪で緒方洪庵が開いた適塾と並んで西洋医学を独自の立場で教えていた私塾です。
この蘭方医学塾(和田塾)が1843年(天保14年)に「順天堂」と改名して千葉県佐倉の方へ移ったのです。

跡を継いだ佐藤尚中

佐藤泰然の次男である松本良順は養子に出され、一番高弟の佐藤尚中が佐藤家の跡を継ぎ党首となりました。
この時から、実子に跡継ぎをさせないという順天堂の慣習が構築されたのです。
家系や血縁関係にとらわれず、才能をもとにして人物を判断する進歩的な考え方を、当時から順天堂は取り入れていました。

また、佐藤尚中自身も、長崎でオランダ人軍医ポンペから近代医学を教わり、当時は珍しかった解剖実習にも取り組んでいました。

このような歴史の経緯から、順天堂大学の「不断前進」の姿勢が感じられます。
佐藤尚中は、1869年(明治2年)に明治政府から大学大博士を任じられ、大学東校(東京大学医学部の前身)の創設時の初代校長に就任しました。
彼は大学東校を開設し、1873年(明治6年には順天堂医院(現在の順天堂大学医学部附属順天堂医院)を開設しました。
明治8年(1875年)に湯島・本郷(現在地)に移転し、現在に至るのです。

現在の順天堂大学

以上に紹介したように、現在大学附属病院を複数有する順天堂大学医学部は、170年以上の日本の医学校としての伝統と歴史があるのです。

東京大学が1877年に開設されたということを考えると、順天堂大学はそれよりも古い歴史をもっているのですね。
このような経緯のおかげで順天堂大学医学部は東京大学医学部から病院長や教授などを多く受け入れていたが、近年は順天堂大学出身者が教授の多数を占めるようになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
回は順天堂大学の歴史を深く掘り下げてみました。

順天堂大学は1938年に西洋医学を独自の立場で教える私塾として江戸薬研堀に開設され、その後1843年には千葉県に移転し、1873年には順天堂医院が開設されました。
そして1875年、現在の湯島・本郷に移転したのです。
さらに現在では国際教養学部を含む5つの学部で教育・研究に励んでいるのです。

384

賃貸管理市場が抱える深刻な課題とは?

この記事をシェアするB!

賃貸管理市場は、空き室の増加に対してオーナーの利益が減少しているというのが現状です。
つまり、入居者を待っているだけでは厳しい賃貸管理市場では勝ち残れないのです。
ただこれはオーナーの責任ではなく、賃貸管理市場で出来上がってしまったシステムが問題と言えるでしょう。
賃貸管理市場が抱える深刻な課題を解説します。

賃貸管理市場が抱える深刻な課題①

賃貸管理をするオーナーは、入居者の募集を管理会社に委託している場合も多いです。
ただ、管理会社の中には自社の賃貸仲介店舗を持っている会社があります。
本来管理会社の仕事とは、賃貸管理をするオーナーの利益を増やし、常に空き室がないようにサポートすることです。
従って、管理会社が自社の賃貸仲介店舗で入居者を仲介してしまうと、オーナーの利益をサポートすることには繋がらないのです。
管理会社は入居者を仲介する業務に時間をとられ、賃貸管理をするオーナーのサポートがおろそかになってしまいます。
管理会社による賃貸仲介は、賃貸物件の空き室が少なく、入居者が溢れ返っている状況でこそ必要な手段です。
現在の賃貸管理市場は空き室が多く入居者が不足している状態なので、時代に適していないシステムが出来上がってしまっていると言えるでしょう。

賃貸管理市場が抱える深刻な課題②

管理会社が賃貸仲介店舗を持っていることが、賃貸管理をするオーナーの利益をサポート出来ない1つの課題だと解説しました。
それだけでなく、管理会社が賃貸仲介店舗を自社で持ってしまうと、賃貸管理をするオーナーと入居者の間で板挟みになってしまう可能性があります。
自社で賃貸仲介店舗を持っている管理会社は「仲介管理一体型」と呼ばれているのですが、このシステムでははっきりとどちらかの立場に立って仕事が出来なくなるのです。
例えば賃貸管理をするオーナーに「物件の家賃をもう少し上げてほしい」と依頼されるとします。
一方入居者からは、「家賃をもう少し下げてほしい」という要望があったとします。
こういう状況になると、「管理会社としてオーナーのサポートをしないといけない」、「仲介業者として入居者の要望に応えなくてはいけない」という矛盾が生まれます。
もちろん管理会社はオーナーの立場に立つのが正しいのですが、入居者も無視出来ずどちらにとっても中途半端なサポートしか出来なくなるのです。

まとめ

今回紹介したのは、賃貸管理をするオーナーではなく事業が多様化してしまった管理会社が抱える課題の1つです。
オーナー自体が未だに「待っていれば入居者が入ってくる」と簡単に考えているケースもありますが、管理会社が全うすべき業務をもう少し理解して、現在のシステムを改善することが賃貸管理市場の大きな課題でしょう。

381

オーナーが管理会社に騒音トラブルについて相談するときのコツは?

この記事をシェアするB!

賃貸物件に騒音トラブルは付き物です。
オーナーが入居者に依頼されて対応することももちろんありますが、管理会社に騒音トラブルを相談する時のコツを知っておくことをおすすめします。
オーナーが管理会社に伝えるべきことをしっかり伝えれば、騒音トラブルにも柔軟に対応してくれることでしょう。

管理会社に騒音トラブルについて相談するときのコツ①

賃貸物件のオーナーが入居者から騒音トラブルの解決を依頼された場合、まずどのような被害状況なのかを細かくメモしておきましょう。
騒音が起きる時間、音の大きさや種類、継続する時間など細部まで情報を集めます。
これだけの情報量があれば、オーナーでは対処出来なくなった場合でもスムーズに管理会社へ依頼することが出来ます。
管理会社も対応しやすく、騒音がどこから出ているのか分からないといった状況も避けやすいでしょう。
そして何より、迅速に入居者の依頼を解決することにも繋がります。

管理会社に騒音トラブルについて相談するときのコツ②

オーナーは管理会社に騒音トラブルについて相談した後、必ず確認しておかなくてはいけないことがあります。
それはいつまでに、どのように騒音トラブルに対処してくれるのかという確認です。
時間が少しかかるという場合は、管理会社に進捗具合を確認することも大事です。
管理会社から連絡が来ない場合、もし騒音が聞こえなくなったとしても、入居者は解決したのかどうか分かりません。
入居者が騒音トラブルの解決を依頼するということは、生活に支障が出るという段階まで悩んでいる可能性もあります。
なるべく管理会社とオーナーの連携を密にして、早めに入居者の不安を取り除くように心掛けましょう。

オーナーは騒音トラブルを起こす入居者を退去させられる?

オーナーだけでは騒音トラブルに対処出来なくなった場合、管理会社と協力して問題を解決することになります。
ただそもそもオーナーは、騒音トラブルを起こしている入居者を退去させることは出来ないのでしょうか?
実はオーナーは、騒音トラブルを起こしているからと言って簡単に入居者を追い出すことが出来ません。
オーナーと入居者の賃貸借契約では、「信頼関係を破壊したと認めるに足りない特段の事情」がある場合、契約の解除が出来ないという決まりになっています。
従って、警察や弁護士に詳細を伝え「信頼関係が破壊された」と認められない限り、オーナーは入居者を追い出せないのです。
「信頼関係が破壊された」と認められる事案の定義ははっきり決まっておらず、かといって何度も警察や弁護士に相談するのは大変です。
オーナーと管理会社で騒音トラブルを解決することが、1番穏便な方法だということです。

まとめ

管理会社はオーナーと協力し、入居者の依頼に出来る限り応えるという使命があります。
オーナーは自分1人で解決しようとせず、事前準備をして管理会社に相談することをおすすめします。

378

大切なお部屋探し、本当に直感だけで選んで大丈夫?

この記事をシェアするB!

部屋探しをして一人暮らしを始めた人の中には「今の部屋を直感で選んだ」などと言っている人もいます。
“候補の部屋がありすぎて探しきれない”、“どうにもこうにも決めきれないから第一印象や直感を信じる”、という人もいるかもしれません。
もしくは、部屋探しに十分な時間を設けられず、“仕事が忙しすぎて内覧する時間もなかった”、 “不動産屋で紹介された間取りだけを見て直感で決めた”、という人もいるでしょう。
理由は人それぞれですが、部屋探しをする際、本当に直感だけで選んでしまって良いのでしょうか。

後悔しないために

例えば、“立地も値段も防犯も最高、内覧もしてそのあと直感で選んだ”という部屋に住むことになったとします。
直感で選んだその部屋は数週間、あるいは数カ月生活している間は何も問題ないかもしれません。

でも、どうでしょう?
その部屋は梅雨の季節に急に通気性が気になるかもしれませんよ。
もしくは、冬の間、隙間風が酷いかもしれません。

このように、部屋探しの際、直感で選んだ部屋だと、生活していく中である特定の季節に限定の問題が発生してくる可能性があります。
これは内覧だけの短期間では見抜くことができません。
直感に頼りすぎず、次の季節やその次の季節も快適にその部屋で過ごすことができるのか想像し、必要ならばきちんと不動産屋に質問して疑問を解消しておくとよいかもしれませんね。

寸法はきちんと測って

直感で決めた部屋に直感で決めた家具を配置するといったいどうなるのでしょうか。
ちぐはぐな、バランスの悪い部屋が完成してしまいます。

いくらその部屋が気に入ったからと言って、直感で決めた部屋だと持ち込みたい家具のサイズと部屋が合いません。
そうなると、家具を買いなおす手間と余計な出費がかかってしまいます。
無駄を防止するためにも、直感で決めた後でもいいので、その部屋の各所の寸法をきっちりと把握しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
部屋探しは、ある程度は直感で決めてもいいのかもしれません。
時には直感が最善を導くこともあります。

ですが、その部屋には、ある一定の季節だけ気になる問題が発生する可能性もあります。
その部屋と年単位で長く付き合っていくためには、自分自身がそこで一年を通して快適に過ごすことができるのか、直感だけではなく想像力も働かせる必要があります。

さらに、直感で決めた後もその直感を頼りすぎず、きちんと部屋の各所の寸法を確認してそれにあった家具を準備しましょう。

374

千葉県浦安市の防災問題は何がある?その対策とは?

この記事をシェアするB!

皆さんは千葉県浦安市の防災問題についてどのように考えますか?
平成23年3月11日に発生した東日本大震災の際、浦安市でも液状化現象の被害にあった多くの市民が帰宅困難者となりました。
市はこの教訓を生かして、二度と同じようなことが起きないように対策は十分にとられているのでしょうか。
今回は、浦安市の防災問題について、東日本大震災を振り返りながら考察していきたいと思います。

液状化現象のメカニズム

ところで、皆さんは、液状化現象の仕組みはご存知ですか?
液状化は、主に同じ大きさや同じ成分の砂からなる土が地下水で満たされている場合に発生しやすいという特徴があります。
そのような地盤は砂の粒子が結びついて支えあっていますが、地震による振動によって地中の地下水の圧力が高まり、砂の粒子の結びつきがバラバラとなって地下水に浮いたような状態になります。

これが液状化です。

そのため、水より比重の重い建物が傾いたり沈んだり、といった現象が起きます。
また、水より比重の軽い下水道のマンホールが浮き上がることもあるのです。
一度液状化した地盤が次の地震で再び液状化を起こす現象を「再液状化」といいます。
一度液状化が起こった地盤では再液状化が起こる可能性は高いのです。

なぜなら、一度液状化で地盤沈下が起きても、液状化が発生しないために必要な地盤の締め固め量の半分程度にしかならないからです。
実際、東日本大震災の際も、本震で液状化を起こした場所が再び余震で液状化を起こしたという事例があります。
震災後も油断はできないということですね。

具体的な対策

浦安市では、道路と宅地の一体的な液状化対策として、格子状地中壁工法や地下水位低下候工法を検討しています。
特に、液状化しやすい砂の地盤中にセメント系の固化剤で宅地を碁盤の目のように囲む地中壁を造成し、地盤の液状化を起こしにくくする工法である格子状地中壁工法は、コスト面での課題はあるものの、液状化被害の軽減効果が期待できるとされています。

また、建て替え時などにも個別に対策するように考えられており、家屋の沈下を抑制する工法(柱状地盤改良工法や鋼管杭基礎回転埋設工法)や、液状化の発生を抑制する工法(グラベルドレーン工法や密度増大工法、不飽和化工法)などが浦安市からは提唱されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、千葉県浦安市の防災問題として真っ先に連想される液状化現象について、そのメカニズムと、浦安市の具体的な対策についてご紹介しました。
東日本大震災を教訓に、液状化現象に関して浦安市はしっかりと具体的な対策を提唱・実践しています。

371aaa

マンション管理人がストレスに思う事ランキング

この記事をシェアするB!

どんな仕事においても、ストレスは避けては通れないものであり、それが積み重なると大きな負担になります。
ではマンションの管理人として働く方は、どのような部分でストレスを感じているのでしょうか?
わかりやすくランキング形式で解説しますので、管理人になることを検討している方はぜひ参考にしてください。

第6位:給与に納得がいかない

マンションの管理人として働く方の多くは、50~60代の方です。
なぜかと言うと、これまで別の仕事をしていた定年退職の近い方が、比較的身体への負担が少ないとされるマンションの管理人に転職するというケースが多いためです。
ただ企業に属するマンションの管理人になる場合、正社員として雇用されるケースはそれほど多くありません。
したがって、“給与が思ったより少ない”と感じる方が多く、それが大きなストレスに繋がっているというケースが度々見られます。

第5位:思ったより身体への負担が大きい

先ほど、マンションの管理人は比較的身体への負担が少ないという話をしました。
確かにマンションの管理人は、管理人室で事務作業をしているようなイメージがありますが、実際の仕事はそれだけではありません。
例えば建物の清掃や設備の点検など、身体をしっかり動かして行うような仕事もあります。
また規模の大きいマンションであれば、清掃や点検だけで午前中の仕事が終わってしまうことも珍しくありません。
したがって、比較的身体への負担が少ないとはいえ、どうしてもある程度は負担がかかることになるのです。
マンションの管理人の中は、このような仕事内容に対して、“思ったより身体への負担が大きい”と感じ、ストレスに繋がっている方もいます。

第4位:孤独が辛い

マンションの管理人は、受付や点検、清掃や報告連絡などの業務を行います。
受付業務では、入居者の要望やクレームなどに対応するため、ある程度人とコミュニケーションを取る機会はあります。
ただそれ以外の仕事に関しては、基本的にすべて1人で行います。
複数の管理人が日替わりで出勤することはありますが、複数の管理人が仕事を分担して行うというケースは、一部の大規模なマンションでしか見られません。
つまりマンションの管理人は、孤独感に耐えられる方しか務められないということです。
孤独感に耐えられない方がストレスを感じてしまい、結局退職してしまうというケースも少なくありません。

第3位:面白さややりがいを感じない

マンションの管理人にはさまざまな仕事があり、すべての仕事を終業時間までに終わらせる必要があるため、決して楽ではありません。
ただ1つ1つの仕事は、1度コツを掴んでしまえば、それほど難しいものではありません。
したがって仕事に慣れれば慣れるほど、ゆっくりする時間を設けやすくなります。
ただマンションの管理人の中には、仕事に面白さややりがいを強く求める方もいます。
もちろんマンションの管理人にも面白さややりがいはありますが、それほど難しくない業務が多いため、面白さややりがいを感じることができず、それをストレスに感じているという方もいます。

第2位:コミュニケーションがうまく取れない

マンションの管理人の仕事は基本的に1人で行われますが、先ほども触れたように、ある程度人とコミュニケーションを取る機会はあります。
入居者はもちろん、管理会社やマンションに出入りする業者などともコミュニケーションを取ることになるため、マンションの管理人には必ずコミュニケーションスキルがないといけません。
ただこれほどコミュニケーションを取る機会があるとは知らず、“1人で黙々とできる仕事”だと認識していた方は、このようなコミュニケーションがストレスになってしまいます。
マンションの管理人は、“入居者に快適な暮らしを提供する”という重要な役割を担っています。
したがって、自身がコミュニケーションスキルを高めることで、初めて入居者に良い環境を提供できるということを理解しなければいけません。

第1位:クレーム対応が辛い

“クレーム対応が辛い”というストレスは、もっともマンションの管理人が抱えることの多いストレスだと言っても過言ではありません。
例えば、建物や設備の不具合に対するクレームであれば、まだ“仕事だから”と割り切って対応できる方が多いようです。
ただ入居者の中には、非常識で理不尽なクレームを入れる方もいます。
場合によっては“賃料が高い”など、マンションの管理人には対応できないようなクレームを入れられることもあります。
このような非常識で理不尽なクレームに対しても、“仕事だから”と割り切ることができなければ、なかなかマンションの管理人として働き続けるのは難しいでしょう。

まとめ

マンションの管理人がストレスに思うことをランキング形式で解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
これから管理人になることを検討している方は、上記のようなことが原因で、ストレスを感じる可能性があることを留意しておきましょう。
あらかじめどんなことがストレスになるのかを知っておくだけでも、実際マンションの管理人になったときの負担は多少軽減されます。

368

マンション管理におけるクレーム対応が解決しにくくなっている理由は?

この記事をシェアするB!

マンション管理=クレーム対応というぐらい、オーナーは様々なクレームに日々対応しなくてはいけません。
実はマンション管理におけるクレーム対応は、近年徐々に解決しにくくなっていると言われています。
その理由と解決策について解説しましょう。

マンション管理におけるクレーム対応は解決しにくくなっている?

マンションには様々な世代、職業、国籍、性別の方が入居しているため、クレーム対応の種類も千差万別です。
もちろんマンション管理の仕事はクレーム対応だけではないので、全ての時間をクレーム対応に割く訳にもいきません。
しかしそんな中、マンション管理におけるクレーム対応は近年解決しにくくなっていると言われています。
その大きな理由に、「企業の不祥事の増加」が挙げられます。
これはマンション管理業界に限ったことではなく、近年企業の不祥事がニュースで取り上げられる機会が増えています。
そしてそのどれもが、改ざんや個人情報の流出など、顧客の信頼を下げてしまう内容のものばかりです。
マンション管理におけるクレーム対応が解決しにくいのは、「企業は信用出来ない」、「実績がある企業だろうが関係ない」と考える顧客が多くなってしまっているからです。
もし入居者と賃貸経営をしているオーナーに信頼関係があるとすれば、しっかりとクレームに対して謝罪し、説明をすることで納得してもらえる可能性は高いです。
しかし、企業全体の信頼が薄くなってしまった昨今、入居者は最初から賃貸経営をするオーナーを疑いの目で見てしまいがちになっているのです。

賃貸経営をするオーナーはどうやってクレームに対応すればいい?

信頼関係を築けていない中でクレームに対応するというのは簡単なことではありません。
クレームに対応しつつも、少しずつ信頼関係を築き上げていく以外に道はないのです。
マンション管理においてクレームが発生する場面というのは、入居者が期待しているサービス提供や対応が出来ていない時です。
従ってただクレームに対応するだけでなく、サービス提供や対応のレベルを上げないことには、信頼関係は築けないのです。
入居者あってのマンション管理なので、オーナーは出来る限りクレームが来ないようなサービスの提供を普段から心がけておく必要があるのです。

まとめ

もちろんマンション管理をするにあたって、クレーム対応をしなくてもいい環境を作ることが1番の理想です。
ただ先ほども言いましたが、マンションには様々な世代や職業の方が入居しています。
全ての方の要望に応え、クレームゼロの環境を作り上げるというのはほぼ不可能です。
クレームをゼロにするのではなく、「このオーナーさんは信用出来る」とどれだけ多くの入居者に思ってもらえるかを考えるようにしましょう。

347

千葉県浦安市で賃貸経営必見!賃貸住宅管理業とは?

この記事をシェアするB!

千葉県浦安市で賃貸経営を考えている方はまず、「賃貸住宅管理業」についての知識をしっかり身に着けておきましょう。
千葉県浦安市で賃貸経営をする前に、賃貸住宅管理業の使命や抱えている課題を加味した上で、依頼するかどうかを選択することが大事です。

千葉県浦安市で賃貸経営をしたい方が知っておくべき「賃貸住宅管理業」とは?

賃貸住宅管理業は入居者に住みやすさを提供し、賃貸経営をするオーナーには安心を提供するサービスです。
近年、賃貸住宅の設備・性能は目覚ましい進化を遂げ、分譲マンションとの質の違いもほとんどなくなってきました。
ということは、賃貸住宅であっても高いレベルのサービスを入居者に提供し続けなくてはいけないということです。
そのような時代背景にあって、賃貸住宅管理業の役割はとても重要です。
賃貸経営をするオーナーは、建物の老朽化や人口の減少が原因で、以前よりも自力で賃貸経営をするのが難しくなっています。
自身の負担を減らすため、そして安定した収入を得るために、賃貸住宅管理業に業務を委託する方が非常に増えています。

千葉県浦安市で賃貸経営をしたい方が知っておくべき賃貸住宅管理業の課題

賃貸住宅管理業が担う事業は、一言では言い表せないほど多岐に渡ります。
入居者の募集はもちろん、設備のチェックや契約の管理など、賃貸経営において重要な事業のほとんどを賃貸住宅管理業は担っています。
そんな中、1つの課題として挙げられるのが「管理業務のマニュアル化」です。
公益財団法人「日本賃貸住宅管理協会」では、賃貸住宅管理業が行うべき業務として以下の3つを定義しています。

・家賃や敷金の回収業務
・賃貸借契約の更新業務
・賃貸借契約の終了業務

平成23年に国土交通省から施行された「賃貸住宅管理業者登録制度」でも、上記と同様の業務が「賃貸住宅管理業が行う業務」として定められています。
しかし実際は土地柄などに左右され、各地域によって管理業務の質には大きな差が生じています。
前述の制度によって少しずつマニュアル化はされてきているものの、多岐に渡る賃貸住宅管理業の業務を全てカバー出来ているとまでは言えません。
千葉県浦安市で賃貸経営を考えている方は、賃貸住宅管理業の課題まで包括的に理解した上で今後のプランを考える必要があるでしょう。

まとめ

千葉県浦安市での賃貸経営を考えている方で、賃貸住宅管理業のことを深く考えていた方は少ないのではないでしょうか?
どうしても最初は、浦安の物件の価格や人口などにどうしても目が行きがちになります。
もちろん自分が賃貸経営をする地域の情報も大事ですが、根本的な知識を得ることを最優先に賃貸経営を考えましょう。

344

浦安市が実施している防災対策~電気に関すること~

この記事をシェアするB!

皆さんは防災対策と聞いて具体的にどのようなことを思い浮かべますか?
災害といっても水害や地震、火山噴火など様々な災害があり、それぞれに適した防災の仕方があります。
今回は、浦安市が実際に行っている防災対策の中でも特に電気に関するものに焦点を絞ってご紹介していきます。

浦安市地域防災計画(震災編)

市民が電気を得られない状況に陥る災害はというと、まず震災が脳裏をよぎります。
ここでは、浦安市の震災に対する防災の中でも、特に電気に関する防災をみていきましょう。

地震発生時の浦安市の対策については、浦安市地域防災計画(震災編)に記載されています。その計画には、

“東京電力(株)は、地震発生時には需要家サービス及び治安維持上、原則として送電を維持するが、浸水、建物倒壊により運転することがかえって危険であり、事故を誘発するおそれがある場合、又は運転不能が予想される場合は、送電を停止し、関係機関に連絡するとともに、必要な措置を講じ待機する。各施設の復旧は、災害状況や各施設の被害復旧のしやすさ等から供給上復旧効果の 大きいものより行う。なかでも市役所、警察、消防、東日本電信電話(株)等の防災 関係機関、新聞、放送機関、鉄道等の重要施設に対しては、優先して送電する対策をとる。感電事故や漏電による出火を防止するためテレビ、ラジオ、新聞、広報車等を用いて安全対策についてPRする。”

と記載されています。

このように、震災時には、市民の日々の生活に欠かせない電力を提供している東京電力(株)が、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の教訓を生かし、適切に対応できるように努めてくれています。

災害発生時の情報発信

地震に限らず災害が発生した場合には、防災行政用無線を使って正確な情報を素早く市民に伝えます。
防災行政用無線は浦安市内107か所にその放送塔を設置しています。
これは電気が遮断され、テレビなどの普段市民が使用しているライフラインが途絶えた時に備えられた、とても有効な対策です。

また、この防災行政用無線の音声をキャッチしにくい地域に住む市民の方々に向けて、その放送を受信できる防災ラジオを有償配布するという取り組みも行っております(1台1000円)。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、浦安市の防災対策の中でも、特に電気に関する対策についてお話ししました。
浦安市は電力会社と連携をとって、災害時に迅速な判断・行動がとれるように日々、最善の対策を練っています。

341

部屋探しの際に気になる“向き”についてのおはなし

この記事をシェアするB!

皆さんは、部屋探しの時、どのようなことに気を付けるでしょうか?
部屋探しの際考えるのは立地や家賃、間取りなど様々な要素がありますが、今回取り上げるのは部屋の方角、つまり“向き”についてです。
部屋探しにおいて方角と聞くと、なんとなく“南向き”というのが頭に浮かびますよね。
でも、部屋を探していく上で、本当に南向きがベストな選択なのでしょうか。

南向き、日当たりはベスト

部屋を探していると、不動産会社やインターネット上で必ずと言っていいほど、「南向き、日当たり良好!」といった言葉を見かけます。
事実、南向きの部屋の採光率は、その他の方角の部屋に比べて優れています。

しかし、日照時間は西向きや東向きの部屋でも、南向きの部屋とあまり変わらないのです。
よって、一概に南向きの部屋にこだわるのではなく、自分の生活リズム・生活スタイルに合った光の取り入れ方を考えてみましょう。

朝、“日の光でシャキッと起きたい!”という、朝型生活の人におすすめの部屋が東向きです。
極寒の真冬でも、その他の方角を向いた部屋に比べて暖かく、すっきり起きられます。

また、日中は不在のことが多く、夕方に帰宅する人には、西向きの部屋をおすすめします。
夕方窓からさし込む西日は、明るすぎず、部屋を適度に暖めてくれます。

北向きのお部屋はというと、日当たりが皆無なわけではありません。
ある程度の光は北向きの窓からもさし込みます。
一日中安定した明るさを提供してくれます。
あまり光にこだわらない人なら、北向きの部屋で十分の光を得られるでしょう。

南向きの部屋じゃないと通気性は悪い?

部屋探しを続けていくと、日当たりだけではなく通気性の観点からも南向きを選びたくなります。
南以外の方角向きの部屋だとどうしても湿気が気になり、特に梅雨の時期なんかはジメジメしそう…と考えてしまいますよね。

でも、実際は南向きでなくても十分な通気性を得られる物件があります。
それは、木造の物件です。
木造の建物は鉄骨造の建物に比べて通気性が抜群です。
部屋探しの際は南向きにこだわりすぎず、木造の物件も候補に入れてみるとよいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、部屋探しで多くの人が気になる部屋の“向き”について、日当たりや通気性の側面からご紹介しました。
確かに南向きの部屋だと採光率はベストで、とても明るい空間を手に入れることができます。

ですがその部屋で過ごす自分自身の生活スタイルを考えてみると、意外と他の方角に向いた部屋が合っていることがあるかもしれません。
また、通気性を気にするのであれば、部屋の方角だけでなく、木造建築に目を向けてみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました